IMG_6445

普段デニムばかり穿いている私ですが、たまにウールのスラックスを穿きたい気分になることも。

しかしクラシコスタイルのような、シャツ+ジャケットを合わせるカチッとしたスタイルではなく、ラフな感じでウールパンツをカジュアルダウンさせたい…

そんな時に使えるのがGiabs ARCHIVIO(以下ジャブス)のドローストリングパンツ。

このパンツ、本当に使えます!


















FullSizeRender

カジュアルダウンにも合う決定的なディテールが、このドローストリングと1プリーツ。

特に、この腰紐(ドローストリング)がある事で、かなりカジュアルな印象を与えます! 

また1プリーツはビームスが別注したディテールなので、ノーマル品だとノープリーツになってしまいます💦

更にウエストに仕込まれているサイドギャザーのおかげで、多少デブっても大丈夫(笑)


















FullSizeRender

アウター:インバーアラン A6
インナー:リーバイス507XX オリジナル
パンツ:ジャブス
靴:1980年代オリジナル コンバース

アウターはイギリス、デニムジャケットとスニーカーはアメリカ、パンツはイタリアと多国籍コーディネート(笑)

前回の記事で予告してた通り、イタリア物のパンツもMIXスタイルで消化します。

ジャブスなら多国籍的なカジュアルコーディネートにも対応してくれます!

また、現代的なキャロットシルエットのおかげで、女性ウケが良いのも高ポイント(笑)

ウチの嫁さんだけでなく、どうやら世の女性方はこの手の若者が穿きそうな今風シルエットがお好きな様子です😂

















FullSizeRender

やはり休日のウールパンツは、コンバース オールスター等のスニーカーでカジュアルダウンしたい気分。

しかしスニーカー合わせをしても、クリースが入ることで大人の節度を保ってくれるのがポイント!

ちなみにスニーカーはややデカ履きするのがバランス的に見てもカッコいいですね👟



















FullSizeRender

と言うことで、休日のウールパンツのオススメとしてご紹介したジャブスの1プリーツ入りドローストリングパンツ。

時代は画一された「みんな似たような」スタイルから、個性を重んじたスタイルに移行しているように感じます。

よって流行やトレンドより、「自分が良い」と思ったスタイルを追求した方がカッコいい時代に。

その中で、時に異性の視線が気になった際に、このジャブスのパンツは手軽に「イケてる感」が出せて、お題の通り使えるパンツだと思います!