FullSizeRender

数年前に友人からパターンオーダースーツの良さを教えてもらって以降、一切既製品のスーツを買わなくなってしまう程ハマっている私。

既製品ですと、ジャケットは袖丈や身幅を少し出し詰めできる程度かと思いますが、パターンオーダーとは言えオーダースーツになるので、着丈や肩幅までイジれるのは魅力的です。

今まで6着オーダースーツを作りましたが、いつも馴染みのテーラーにお任せだったので、今回は心機一転新たなテーラーを探してみました。

で、今回選んだのがFORREST HILLSが展開するオーダースーツのブランド「COPPIA」。


















FullSizeRender

HPを見て「人生のステージを上げるパーソナルオーダー」という謳い文句に、ちょっと期待感も高まります(笑)

COPPIAとは「夫婦」という意味のイタリア語らしく、パーソナルオーダーも同時なら2人までと制限しているので、同じ時間帯に他のお客さんとカブることもなく、焦らずじっくりとオーダーする事ができそう!

通常の場合、商品の引き取りや飛び込み客等で、特に土日はバタバタしてしまいますが、そういう心配がないのは高ポイントですね👌

今回は一張羅スーツを作りたい、というアメカジ好きの友人と2人で訪問してきました。


















IMG_0112

最寄り駅まで代表の岡田氏がドイツ車でお迎えに来てくれました🚘

色々な場所でパーソナルオーダー会をされているようですが、今回はご自宅兼アトリエにてオーダーを実施。

友人が一張羅スーツを作るとキバっているので、私もつられていつもより高級生地を選ぶことに…😅


















IMG_0114
IMG_0115

まず生地を選ぶ前にアルコールで乾杯🥂

海外のお菓子をつまんで飲みながら生地を選ぶとは…とても贅沢な時間です!

もちろんパーソナルオーダーに含まれたサービスなので、これらに別料金は掛かりません。

確かに「人生のステージ」が上がったようなセレブな気持ちになってしまいます😎


















IMG_0136

で、今回選んだバンチはこちらの3ブランド。

左からドーメル、フォックス、デルフィノと一般的に高級生地メーカーと呼ばれるブランド達です。

いつもならカノニコや同価格帯のブランド(6〜7万円クラス)から必死に選びますが、アトリエの雰囲気とアルコールの力で「人生のステージ」が一つ上がったと錯覚した私(笑)。

躊躇なく、この高級生地メーカーの中からチョイス!

















IMG_0465

IMG_0464

IMG_0466

今回イメージしてたのが、春夏スーツらしいミディアムグレーのストライプか浅い色目のネイビー無地。

他にもロロピアーナ等のイタリア製の生地バンチもありましたが、オーナー岡田氏より英国生地を推奨されたのもあって、ドーメルかフォックスに絞り込み。

光沢感が特徴的なドーメル・アマデウスにするか、ザラッとした生地感が特徴なフォックスにするか…

については、後編で発表します🙏


















FullSizeRender
FullSizeRender

で、生地が決まったら採寸へ。

写真上が友人で、下が私。

どちらもワイシャツすら着てこない、というナメたアメカジスタイルで訪問しましたが、各サイズのサンプルシャツを用意してくれているので、Tシャツで行っても大丈夫です👌

結局、なんだかんだ2〜3時間かけてオーダーが完了。

もちろん、その間に誰かお客さんが来ることもなく、完全貸し切り状態でリラックスした時間を過ごすことが出来ました!


















IMG_0163

最後にオーナーの岡田氏📸

とてもフランクな方で、気軽に相談しやすいのも氏の魅力です!

後で考えが変わってオーダー内容を変更したい場合でも、気軽に電話等で相談に乗ってもらえます。

ちなみにオーダースーツの完成までは約1カ月と、おそらく平均的な待機期間かと。

COPPIAのパーソナルオーダー、とても贅沢で有意義な時間を過ごせましたが、完成したスーツは後編で紹介します(って、まだ仕上がってないけどw)。




COPPIA(コッピア)

Instagram