IMG_0501

という事で京都遠征の後編。

ちなみに前編はこちら。



今回の遠征で一番気に入ったお店が、このgRASS。

ヴィンテージデニムの品揃えや物量はHOMIESの方が圧倒的に多いのですが、gRASSの良さはセンスの良い品揃えと店長の接客!

では早速2階にある店内へ突入〜。


















FullSizeRender

IMG_0496

先ず最初に、お店の外(窓)から見えていたLLビーンのボート&トートバッグ達。

実は私、LLビーンのヴィンテージに関する情報に疎いので、年代やディテール等が全く識別できません💦

そこに店長がそっと近づいてきてくれて、ヴィンテージのLLビーンについてディテール等を教えてくれました。

あぁ、これは昔の古着屋の感覚です!

昔と言っても約20年前は、今のようにインターネットが普及していなかったので、ヴィンテージの情報は雑誌(特にBOONが詳しく載せてた)か古着屋で直接入手するしかなかったんです。


















IMG_0499

例えば、1980年代モノだとサイドステッチがハンドルと同色のステッチだったり、そもそもハンドルが短かったりetc…

やはりモノは情報が付加される事で価値が上がるなぁ、と改めて感じさせられました!

ここまで言うと、今回購入したのがLLビーンのバッグだと思われそうですが、実際は違います(笑)

















IMG_0500

天井を見上げると、デッドストックのコンバース・オールスターが★。

しかも黒ラベルの一つ星、1970年代のチャックテイラーです。

現在高値安定中のヴィンテージオールスターですが、見せてほしいと店長に言えば取ってくれて手に取る事が可能です!

サイズが合えば欲しかったのですが、残念ながら14ハーフ(32.5cm!)からなので諦めるしかないです💦


















IMG_0497

こちらも価格高騰中、染み込みプリントのチャンピオンTシャツ。

染み込みプリントはエイジングが進むと、ヴィンテージデニムのような「味」が出てくるのが魅力的な逸品!

店長曰く、今は1970年代でも80年代でもそんなに価格差がないみたいで、むしろプリントの段数が多ければ多いほど高いとの事。

こちらの個体は1980年代製でコンディションも良いカレッジ(大学)モノなので、すぐに売れちゃいそうです💸


















IMG_0495

で、ここまで引っ張ってきましたが(笑)、購入したブツはこちら。

1990年代製のUS ARMY トレーニング用ショートパンツです。

こちらのアイテム、恥ずかしながら初めて見ました😅

現在ブラックブーム真っ只中の私に、このブラックのショートパンツはどストライク👍

気になる価格も2,800円(+TAX)と手を出しやすい設定なのも相まって即決した訳です。


















FullSizeRender

店長にこのUS ARMYショートパンツについて伺うと、直ぐに雑誌を取り出しディテールを説明してくれました。

別バージョンの存在や隠しポケットの場所等、自分のお店で取り扱う商品について大変勉強されてます!

実は京都遠征で他の古着屋にも同じパンツが置いてあったのですが、「情報」という価値を付加してくれたgRASSで購入したくなるのも納得です😊















FullSizeRender

最後はお約束の着画で📸

178cm/70kgでMサイズがジャスト。

股上がとても深く股下が短いので、穿く位置でレングスを調整するタイプのショートパンツです。

また「ARMY」の文字がシンプルなパンツのアクセントに!

しかも文字がリフレクター(光に反射)仕様なので、夜に光ります(笑)





で、最後に総括…

今回の古着屋遠征 in 京都、対応が非常に残念なお店から始まり不安なスタートを切りましたが、ご紹介した3つのお店や素敵な接客を受ける事で良い旅として終えられました。

やはり実店舗での買い物の醍醐味は接客にあるなぁ、と改めて実感しました。

次は横浜か大阪あたりに遠征したいです🚙