新 クラシコブログ

この度、2019年に長年書き続けてきたアメブロから引越してきました。 引き続き、良い物をメンテナンスしながら長く使い続けていく事がメインテーマ。 ファッションとしては「色気のあるイタリア人のアメカジスタイル」をイメージして、大人(おっさん)が着ても子供っぽくならないスタイルを追求していきます。

2019年03月

IMG_7051

何か春モノでもないかな〜、とフラッと訪れた三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島。

しばらく来てないなぁ〜、と思って自分の過去ブログを見てみたら、なんと1年5ヵ月ぶりの再訪でした😅

一昨年辺りから古着屋ばかり行ってましたからね。。

セレクトショップは相変わらずアウトレット専用機ばかりで食傷気味ですが、バブアーを覗いてみると…




















IMG_7049

デニム生地のビデイルジャケット?

オイルド生地以外のバブアーに興味がなかったので全くアンテナを張ってませんでしたが、現在ではナイロンやらウールやら色々な生地で作られてるんですね。

しかもセレクトショップ別注ではなく、バブアー専門店で取り扱っているなんて…

時代は変わりましたね😅

写真のデニム生地ビデイルジャケットは一瞬惹かれたんですが、ちょっと色が薄すぎてコーディネートが難しそう…

よく見ると、その奥に濃いデニム生地のビデイルジャケットがあるじゃないですか!




















FullSizeRender

しかもサンプル品らしく、全て一点物かつサイズ38のみ。

それって私のジャストサイズなので願ったりかなったりだったりします😆

この濃いデニムの色ならカバーオール感覚で着られるのでカジュアルにも合わせやすそうだし、ジャケパンの上に羽織っても違和感がなさそう!

まぁ、ジャケパンスタイルをする機会は無いんですが(笑)。




















IMG_7052

このデニム生地のビデイルジャケットは既に商品化されており、バブアー専門店やセレクトショップの店頭に並んでいるとの事。

こちらのサンプル品は商品化されたモノより袖丈と着丈が3cm長いので、ビューフォートジャケットとほぼ同じ着丈。

よって、通常のビデイルジャケットだと中に着たジャケットがチラ見えしてしまうが、このサンプル品だと全然見えません!

むしろありがたいぞ、サンプル品よ(笑)





















FullSizeRender
IMG_7073

上:市販化されたビデイルジャケット
下:サンプルのビデイルジャケット

上の画像はベイクルーズストアより拝借。

その日はたまたまジャケットを着ていたので、上に羽織ってもはみ出さない事が確認できました。

また色落ちしたジーパンと合わせてデニムonデニムのコーディネートだと変かな?と思いましたが、意外に違和感なく合わせられました。

しかもこの日はシャツもデニムだったので、まさにデニム三昧なコーディネートになっちゃいました(笑)





















FullSizeRender
IMG_7074

上:オイルド生地
下:デニム生地

実はドラマで元シブがき隊のモッくんがネイビーのビューフォートジャケットを着てて憧れてましたが、実際に着るとなると難易度が高いんですわ…

何故なら一歩間違えれるとドカジャン風に見えてしまうから😅

その点デニム生地は、オイルドジャケット特有のツヤ感も無い上、デニム特有のカジュアルな生地感からコーディネートしやすいのもオススメポイント!

ペラペラで防寒性・防風性は皆無ですし、濃いデニムカラーなので季節感もありません(笑)

逆に秋にも羽織モノとして使えますので、手軽に着られるライト生地のアウターを探していた方にはオススメです。





IMG_7028

だいぶ春めいてきた今日この頃🌸

日中はアウター要らずで過ごせる日が増えてきましたね。

そうなると着たくなるのがクルーネックのコットンニット

いつもネイビー・グレーばかりで食傷気味だったので、久し振りにクローゼットから淡いピンクのニットを取り出してみました。

こちらのニットはTOMORROWLAND tricot製になります。



















FullSizeRender

トゥモローランドと言えば、15年くらい前では「5大セレクトショップ」と呼ばれ今より勢いがありました。

ちなみに5大セレクトショップとは、ビームス・シップス・UA・エディフィス・トゥモローランドを指してます。

トゥモローランドはニットメーカーが出自という、変わった歴史を持つセレクトショップだったりします。

確かに他のセレクトショップのオリジナルニットに比べて色合いも良く、色のバリエーションも豊富な印象があります!

ニットの襟タグにも、元ニットメーカーのプライドが垣間見えます…と言うか主張しちゃってます(笑)



















FullSizeRender

ピンクのニットなんてどう着るの?

と思われるかもしれませんが、合わせるアイテムはいつもと同じです(笑)

個人的にはデニムや軍パンのようなカジュアルなパンツよりウールパンツのようなカッチリしたパンツの方が合わせやすいかな、と。

ただし、ニット単品で着るとピンクの分量が多すぎて林家ペーパー子夫妻の雰囲気が漂ってしまうので、やはりインナーとして使いたい。。

ちなみに178cm/70kg(ダイエット諦めました😂)の私でサイズSがジャスト。

最近はゆったり着るのがトレンドなので、作りも大きめのフィッティングになってきてるんでしょうか…



















FullSizeRender

デニムジャケットに合わせた図。

これくらいのピンクの分量なら、そんなに気恥ずかしくなる事もなく着られます。

これがネイビーやグレーでももちろん似合うし、色数を抑えたシンプルなコーディネートになるんでしょう。 
 
しかし、季節感と言う面から見ると全然面白くない。。

こんな春が近づいてきた今だからこそ春らしい色物を取り入れたいところです🌸



















FullSizeRender

こちらはミリタリージャケットに合わせた図。

グリーンとピンクの相性はどうかな?と思ってましたが、どちらも淡い色目なので個性がぶつかる事もなく、程よく調和してくれてるかな、と。

ちなみにこちらのミリタリージャケットは1940年代製のUS ARMY M-43 ユーティリティシャツ。

リサイクルショップで1,800円と言う古着好きからみたら小馬鹿にされてるような価格だったので、私が救い出してやりました(笑)



















IMG_7042

コットンニットはカットソー感覚で気軽に着られるので、これからの季節〜夏前まで大変重宝します!

しかもTシャツの上に着て肌に直接触れてもチクチクしないので、着心地もとても良いです。

また着心地に関しては、ジョンスメドレーやクルチアーニ等のニット専業ブランドのモノと、ユニクロや無印良品のようなロープライスモノとそんなに変わりません(笑)

ですので、お安くお手軽に春色のコットンニットを取り入れて、春の気分を味わうことをオススメします。




このページのトップヘ