ほぼアメカジなオヤジブログ

この度、2019年に長年書き続けてきたアメブロから引越してきました。 引き続き、良い物をメンテナンスしながら長く使い続けていく事がメインテーマ。 ファッションとしては「色気のあるイタリア人のアメカジスタイル」をイメージして、大人(おっさん)が着ても子供っぽくならないスタイルを追求していきます。

カテゴリ:

IMG_1130

以前コメントで「色物のコンバースオールスターを合わせるのが難しいのでコーデを載せてほしい」と依頼を受けました。

単体で見ると可愛らしい色物オールスターですが、実際に合わせるとなるとイメージが湧きづらいのも確か😅

試しにinstagramで「ct70」のキーワードで検索してみると…
















instagramより
FullSizeRender

若者の男女ばかり&ホワイト・ブラックのモノトーンカラー比率高し💦

確かにオッサンが色物オールスターを履くのに参考になるような投稿がほとんど見つからないです。

と言うことで、完全な個人的見解によるオッサンが履く色物オールスターのコーデをUPしてみました。

















IMG_1306
FullSizeRender

まずは色落ちしたヴィンテージデニムとのコーデから👖

足元だけ見ると全然おかしくないですね。

とは言え、アメカジ濃度が非常に高く、この時点でコテコテ感が強いのは否めない💦

で、全身コーデになると…

















FullSizeRender
FullSizeRender

う〜ん、予想通りコテコテのアメカジになってしまいます🇺🇸

色落ちデニム&色物オールスターの組み合わせは、アメカジ濃度を上げる相乗効果がありますね。

いや、別にコテコテのアメカジがカッコ悪いって訳ではなく、オッサンがサラッと色物オールスターを履くにはチト難しいかな、と😅

ちなみにリジッド(濃紺)デニムと色物オールスターを合わせると、更にアメカジ濃度が高まります。

オッサンが履くには難しい色物オールスターですが、続いてウールパンツを合わせてみると…

















FullSizeRender
IMG_1317

おぉ、アメカジ濃度がかなり薄まった!

特にローカットだと素肌が見えて熟れ感も出ますね👌

ライトグレーのウールパンツはジャケパンスタイルでも汎用性が高く重宝しますが、カジュアルダウンで色物オールスターとの親和性も高いです!

では全身コーデではどうか…

















FullSizeRender
FullSizeRender

これならオッサンでも履きこなせそうです!

色物オールスター以外は落ち着いた色のみを選択することで、色物がポイント使いになり違和感なく合わせられます。

特に羽織りものを着る程度の軽めコーデとの相性が良いので、色物オールスターは春や秋に活躍してくれそうです🌸🍁

難易度は白・黒・グレーのモノトーンカラーのスニーカーやローファー等の革靴に比べると数段高いですが、一足持っておくとファッションが楽しくなりますよ🎵

特にグリーンはオススメです。

以上、色物コンバースオールスターのオッサン的コーデでした〜。








 


先日オールデンマニアの友人にお呼ばれしたので、お宅訪問させていただきました。

やはり都内の高級マンションはエントランスからセレブ感が漂ってますね💰

その友人とは東京ジェンツのトモさんです。

実はお呼ばれされるのは新築祝い以来の2度目だったりします🏙
















IMG_1161
FullSizeRender

トモさんの奥様の美味しい手料理に舌鼓を打った後は、恒例のカッコマン(by  Boon笑)所有アイテムのチェック!

で、表題のオールデン。

まさかのオールデンだけで8足もお持ちとは😳

それ以外にもエドワードグリーンやパラブーツ等の本格靴が靴箱にビッチリ…

と言うか、靴箱はほとんどトモさんの靴だったりします(笑)

マジで「何十足あんの?」ってなレベルで、やはりオシャレは足元からなんですね👣
















FullSizeRender

トモさんがオールデン軍団の中でも特に気に入っているのが左のローファー。

通常のローファーと違い、モカ縫いのステッチが右のNST(Norwegian Split Toe Blucherの略語)と同じ仕様のレアモデルとのこと!

オールデン3足しか持ってない上、大した拘りがない私にはついていけないレベルです😅

それにしてもオールデンのNo.8(バーガンディ)はエイジングが進むと、何とも言えない色気が備わりますね〜😍

















FullSizeRender

ここ最近はスニーカー一辺倒だった私も、お宅訪問と言うこともあり、たまたまオールデンのタッセルローファーを履いてました。

折角なので、トモさん号と記念に一枚📸

この666はアバディーンラストに乗せたモデルなので、一般的なラストであるバリーラストに比べトゥが細く、見た目もオールデンにしてはシャープ。

キレイ目〜アメトラ(私の場合はアメカジ笑)まで広範囲にわたって使える銘品です!















FullSizeRender

最後にトモさんイチオシの靴を聞いてみると…

クロケット&ジョーンズ・Pembrokeのグレインレザー仕様とのこと。

ってオールデンじゃないんかい!ってツッコミは受け付けません(笑)

このモデルは日本未発売で、BODILEYS(ボディレイズ)という海外サイトから購入されたようです🇬🇧

気になる方はご覧になってみては?

















IMG_1288

最後に一緒にお邪魔してた筋肉マンこと東京ジェンツのすけしんさんと3人で記念に一枚📸

今回はすけしんさんの出番は全くなし(笑)

やはり共通の趣味がある仲間と過ごす時間は楽しいですね!

またトモさんに刺激を受けたので、オールデンの追加を本気で検討してます🤔

最後にトモさん家の皆様、お邪魔しました🙇🏻‍♂️









IMG_1123

最近スニーカーはコンバース オールスターとバンズ スリッポンしか履かなくなった私👟

と言うか、現在その2種類のスニーカーしか持ってないです(笑)

ナイキやニューバランス等のセメント製法と違い、オールスターやスリッポンの最大の特徴はヴァルカナイズド製法

だもんで、経年劣化で加水分解→ソール剥離の心配が不要なのが所有し続ける最大の理由だったりします!

で、今回購入したのは1980年代製コンバースのオールスター・ハイカットの赤。


















FullSizeRender

購入先は常連でもあるヤフオク。

ヴィンテージのアメカジアイテムはメルカリよりヤフオクの方が圧倒的に多く出品されてますね。

私以外に入札が無かったので、今回はスタート価格の12,000円で購入出来ました💰

この1980年代製コンバースのオールスターですが、コンディションにもよりますが古着屋の相場で1万円代後半〜2万円前後といったところ。

現物をチェック出来ないデメリットはありますが、相場以下で買えるのがヤフオクの魅力です✨
















FullSizeRender
IMG_1125
FullSizeRender

先ず、なんと言っても最大の魅力はサイドにある補強布のステッチです(写真上)。

1990年代に消滅してしまうディテールなので、このステッチが入ってるだけで80年代以前のオールスターだと分かります。

またヒールパッチですが、残念ながらMADE IN USAの印字はヒールゴムの削れと共に消滅してますね(写真中)💦

インソールは青枠青字の囲みロゴ(写真下)で、まだMADE IN USAの印字も読めるレベル。

このコンディションで12,000円ならお買い得です👌


















IMG_1127
IMG_1128

実は1980年代製コンバースのオールスターは2足目で、1足目の白モデルと一緒に撮影📸

我々アラフォー世代の青春時代真っ只中だった90年代当時、80年代モデルをヴィンテージとは呼ばなかったし認められなかったのですが…

時は経って2020年も目前ともなると、何だかんだ40年近く前のモデルになり、経年変化と共に立派なヴィンテージの雰囲気を携えております✨

このヤレた雰囲気は現行品では出せないでしょうし、ハミ出した接着剤や適当なステッチワークは昔のUSA製にしかないディテール。

大概の方が見たら「ただのボロ靴」ですが、我々ヴィンテージ好きにとっては「たまらない雰囲気」に見えるワケです(笑)


















IMG_1130
FullSizeRender

続いて先日購入した1970年代製チャックテイラーのUSA企画復刻モデルであるCT70と📸

CT70は艶のあるトゥーキャップが見た目の特徴ですが、1980年代製のオリジナルと比べると雰囲気は全然別物。。

当たり前なんですが綺麗なんですよ、CT70は!

そしてステッチワークも正確なので、プロダクトとして完成しちゃってるんですよね、良くも悪くも💦

サイドステッチ一つ見ても、80年代のUSA製の適当さがよ〜く分かります(笑)

この適当さこそが最高に魅力的であり、我々ヴィンテージ好きを魅了し続けるんでしょうね。


















IMG_1134
IMG_1137

右:前オーナーが装着したポリ混ヒモ
左:CT70標準装着の綿100%生成ヒモ

最後にヒモの重要性について。

実際に履いた写真(上)でも分かる通り、適当なポリ混ヒモを装着してしまうと、せっかくのヴィンテージ雰囲気が台無しに💦

今回は余っていたCT70のヒモを代替え品として装着しましたが、やはり細部までこだわりたいですね。

CT70も1980年代製オールスターも相場はたいして変わらないので、ヴィンテージ好きとしてはオリジナル品をオススメしたいところです。

しかし、世の中「人が履いた靴は気持ち悪くて履けない」方が多くいるのは分かりますので、そう言う方はCT70が精神衛生上も気持ち良く履けてヴィンテージのディテールを楽しめる一品として好適かと思います👌

色々な選択肢が増えて、アメカジ好きとしては良い時代になりましたね〜。










FullSizeRender

先日、名古屋CLOSERにて購入したアメリカ企画のコンバース CT(チャックテイラー)70のアマゾングリーン。

大きめな作りなので、通常よりハーフサイズ上げただけで「デカ履き」に見えるフィット感も魅力だったりします!

しかし残念な点もありまして…

それは、標準装備のヒモが長すぎずこと💦

絞って履くと、画像のように自分の足で踏めちゃうほど長いんです。

そこで代替えのヒモを探すことに。


















FullSizeRender
FullSizeRender

行きつけのヴィンテージ古着屋Feeetで発見したのが「PRAS」のシューレース。

CT70の雰囲気に合うようコットン100%で作られているのはもちろんのこと、生産は福岡県久留米市でされている日本製なので、クオリティ面も安心!

Feeetでは長さ110cmと120cmを用意しており、スタッフさんと相談の上120cmをチョイス。

ちなみにお値段は650円(+TAX)とクオリティなりの価格です。


















FullSizeRender

CT70標準装備のヒモと比べてみましたが、20cmも差がありました。

実際に測ってみたら、標準装備ヒモは140cmでPRASのヒモが120cmでした。

またPRASヒモの質感は、生成色で如何にもコットン100%の雰囲気を醸し出しており、ポリ混のヒモとは一線を画してます!

よってCT70だけでなく、ヴィンテージコンバースにもマッチするのは間違いなさそうです。


















FullSizeRender
FullSizeRender

実際に装着した画像がこちら。

全長20cmの違いが一目で分かりますね!

やはりメンズのローカット(7ホール)に140cmは長すぎで、120cm位が丁度いいです。

これでヒモを踏んづけてコケる心配もなく履くことができます(笑)


















FullSizeRender

ヒモの雰囲気が分かるよう接写📸

個人的には納得のクオリティで、今後もリピート予定です!

特にヒモが汚いままのヴィンテージコンバースを古着屋で購入した際の代替え品として、PRASのヒモは使えそうです。

そう言えば、まだ紹介してないヴィンテージコンバースがあったなぁ…

その話はまた別の機会で(笑)












IMG_0301

先日のオフ会以降、急激に物欲が高まってしまった私😅

以前より入荷したら教えてほしいと依頼していたブランドリサイクルショップ「CLOSER」の店長より、忘れた頃に連絡が(笑)

という事で、久しぶりにCLOSERにお邪魔してきました!



















IMG_0298

これが入荷したCT70 アマゾングリーン。

もっと深緑色を想像していましたが、そこそこ明度の高いグリーンですね☘

サイズに関しては、以前購入した同シリーズの67 SLIPと同じ9ハーフ。

オリジナルのオールスターは10がややデカ履きでジャストサイズなんですが、CT70シリーズはハーフサイズ作りが大きいので、9ハーフでジャスト!

















FullSizeRender

実際に自宅で絞り履きしたのがこちら📸

ハイカットに比べると、甲の部分に関してはかなり絞り込めます!

標準装備のヒモは普通の太さなので、細めのヒモに交換すれば更に熟れ感が出せるかも…

もちろん交換するヒモはコットン100%で!

















FullSizeRender
IMG_0319

こちらの商品は韓国で発売されているモノを購入してお店に持ち込まれた様子。

日本でも正規販売してくれれば、こんな手間を掛けずに購入できるのに…

でも、日本でコンバースの販売権を持つ伊藤忠商事が絶対に許さないでしょうね😅

話は戻りCT70の特徴へ。

外見の特徴と言えば、やはりテカテカしたつま先のラバーキャップとサイドステッチでしょうか。

特にサイドステッチは平坦なサイドにアクセントを与えてくれてます!
















FullSizeRender

FullSizeRender

上:購入したCT70
下:2018年モデル以降のCT70

またCT70もマイナーチェンジをしているそうで、2018年以降は着脱可能なインソールに変更されてます。

どうやらクッション性も向上しているそうで、
機能面や衛生面(インソールだけ洗える点)が向上してますが、肝心のオリジナルの再現性は旧モデルに分があるかな、と。

まぁ、履いちゃえば見えないので、どっちでも良いんですけどね(笑)
















IMG_0300
FullSizeRender

最後はCLOSER店長と記念撮影📸

店長はサイズ10ですが、9ハーフの私の方がデカ履きに見えます。

これはローカットの方がヒモを絞り込みやすいのが理由でしょうね。

東海地方にお住まいで、カジュアルアイテムで探し物をされてる方は、是非一度CLOSERに聞いてみるのもアリかと思います。

人柄の良い店長ですし、聞くだけはタダですから(笑)













クラシコ系のイタリアファッションが好きになってから「ブラック=ダサい」と言う固定概念がビッチリ脳裏にこびりついてしまった私。。

よって手持ちのブラックアイテムはオンスタイルの革靴とそれに合わせるソックスのみ。

そんな極度にブラックアイテムを避けて生き続けること13年経過する私に、突如ブラックブームが到来💦

その理由は明確で、最近の若者のモノトーンカラーのブームがその一つ。

ブラックカラーが新鮮で、ポイントで使うとコーディネートを締めてくれるような気がします。

ただし、全体的にブラックを使い過ぎると季節感もへったくれも無くなってしまうので、あくまでポイント使いが肝かも…

そんな私のブラックアイテム第一弾がこちら。


















IMG_0246

ど定番なチャコのサンダル、Zシリーズです。

ご存知の通り、チャコは1988年にコロラド州でスタートしたアメリカのブランドで、業界で唯一の3D調節可能なストラップが特徴!

また生力学的にデザインされたフットベッドが足の裏に心地良くフィットするので、長時間履いても疲れづらいとの事👣

ちなみに私が選んだのは、Zシリーズの中でも軽量なZ/VOLVなるモデル。

















チャコ Z-1
FullSizeRender

昨年サンダル購入を検討してた時に試着したのが創業当時からある超ど定番モデルZ-1だったんですが、これが意外にずっしりと重い💦

それもあって昨年はテバを購入した訳ですが、今年はインターネット情報を駆使して軽量モデルがある事を発見→購入に至った訳であります。

Z-1との見た目の違いはソールサイドくらいで、Z VOLVは3本の波線が入りますがZ-1はフラットです。

きっとマニアはオリジンであるZ-1以外を認めないでしょうが、私は快適性を重視するので軽量な派生モデルで大満足(笑)

















チャコHPより
FullSizeRender

FullSizeRender

兎にも角にも、チャコの3Dストラップの出来が本当に秀逸!

指一本で緩めることが出来る仕様やストラップのデザインもさることながら、特に気に入ってるのがストラップが指に一切干渉しない点。

残念ながらテバは小指の外側に干渉するので、素足で履く場合は長時間履いてると痛くなるんです💦

その点、チャコは甲と踵をストラップで固定するので、指が完全に解放されて気持ちいい履き心地を味わえます🤤

更にチャコはマジックテープを使ってない為、ストラップがしなやかなで肌触りも滑らかなのも嬉しいポイントです!
















FullSizeRender

左:チャコ Z VOLV
右:テバ HURRICANE XLT2

最後に本題の「色」問題について。

単体で見るとネイビーもの方がコーディネートの面で使い勝手が良さそうなんですが、合わせてみると意外とパンチがなく足元が締まらないような。。

おそらくストラップの面積が小さいので、強い色でないと存在感を示せないのが原因かと🤔

実際に履いてみると…
















FullSizeRender
FullSizeRender

もちろんネイビーも悪くないんですが、今年の気分は俄然ブラックです!

まぁ、普通の人が見たら無難にブラックを選んで履いてると思われるんでしょうが(笑)

13年間ブラックを封印していた私にとっては超新鮮だった訳であります。


















FullSizeRender

最後に本日の足元👣

昨年からお気に入りのUAオリジナルのドローストリングパンツシリーズより、今年はシアサッカーをチョイス👖

グレー×ホワイトのモノトーンカラーのパンツなので、ブラックのチャコがしっくりとマッチします!

しかも梅雨時期でも雨で濡れるのを気にせず履けるのもスポーツサンダルの嬉しいポイント。

以上、ブラックブーム到来!その①チャコのサンダルでした〜。











このページのトップヘ