スポンサーリンク

オキドキのパーフェクトなデニムリペアから戻ってきたリーバイス557

メンテナンス

古着屋のセールでゲットした557


今年の正月に原宿の老舗古着屋フラミンゴで購入した60sリーバイス557ことサードモデル。

古着屋なのに正月セールで全品30%という驚異的なイベントを発動させていたので、557なのに35,000円(+TAX)と激安価格で買えて年明けからウハウハだったわけであります😙

色は50%位しか残っていませんが、綺麗に色落ちしたブルー系の色落ちが春夏に着るのにピッタリです。

この個体を購入した最大の理由は紙パッチが完全に残っているから!これ、ほとんどの個体で外れてしまっているので、この色落ちで完全に残っているのは奇跡に近いです。

 

フラミンゴ原宿店 (@flamingo_harajuku) • Instagram photos and videos
22.3k Followers, 15 Following, 8,604 Posts - See Instagram photos and videos from フラミンゴ原宿店 (@flamingo_harajuku)

 

 

 

 

 

解れる運命にあるイエローステッチ


今回購入した個体は襟のパンク(破れ)以外に大きなダメージの無い美品でしたが、コットン製のイエローステッチだけは経年変化による解れに耐えられません。特に腰回りのチェーンステッチは壊滅的で、むしろ糸が残ってる部分の方が少ないほど😅

またフロントのV字プリーツ下部もイエローステッチが解れてしまいパッカリ開いてます。当初は「自分で手縫いして直そうかな」と思い実践してみましたが、やはりアマチュアな私の手仕事なので仕上がりが汚い…

そこで襟のパンク修理と共にイエローステッチの修理・補強を依頼する為、久しぶりに渋谷の古着屋オキドキへ持参してきました。

 

okidoki vintage repair (@okidoki_denim_repair) • Instagram photos and videos
1,223 Followers, 698 Following, 62 Posts - See Instagram photos and videos from okidoki vintage repair (@okidoki_denim_repair)

 

 

 

 

 

古着屋も依頼するデニム修理のプロ

約1年半ぶりにリペアを依頼しに訪問しましたが、残念ながら担当の「デニムリペアの神・おいちゃん」さんは不在の為、後日電話で相談しながら修理内容を決めていきました。

なので「いつ持参すれば良いか分からない」という方もオキドキが営業日ならいつでも安心して持ち込めます!

今回はリーバイス501 66モデルも一緒に持ち込み「破れ防止」の為に薄い芯地で補強してもらいましたが、絵的にインパクトが無いので今回は割愛します(笑)

ちなみにオキドキは他の古着屋からもデニムリペアを依頼されるほど業界での信頼も厚く、また我々古着愛好家にも人気が高い為、仕上がりまで1ヶ月近く掛かります。しかし早くて雑な仕上がりより時間が掛かっても綺麗な仕上がりの方が断然良いですけどね🤗

 

 

 

 

まさに神技!襟のパンク修理

写真上はリペア前の557になります。そこまで大きなパンクではないのでこのままでも着られますが、早めに修理することで精神衛生上も気持ち良く着られますので、迷うことなくリペアしてもらいます。

ちなみに写真下の70505BigEは近所のマジックマシンでリペア済みの個体です。白い横糸が見えたままで構わないので適当にタタキ縫いを依頼し、2,000円程度で修理してもらいました。

仕上がりは画像の通りですが着ていて破れる不安も無いしコスパも高かったので、襟を立てて着る方や安く仕上げたい方にはオススメのリペア方法です。

 

 

 

 

こちらがデニムリペア神ことおいちゃんさんがリペアしてくださった後の画像になります。はい、何も言うことはありません😂👍

このレベルで修理されるとリペア跡が気にならないどころか、誰かに見てもらいたくなるほどです(笑)実際に仲良しの古着屋オーナーにはオキドキのリペアを自慢してます😆

ちなみに前回襟のパンク修理をしてもらった506XXと507XXはリペアの範囲が広かったので各8,000円(+TAX)でしたが、今回の557は範囲が狭かったので6,000円(+TAX )でした。

この価格でこんなに素晴らしい仕事をしてもらえるなんて、わざわざ渋谷まで持参する価値があるってんもんです!

 

 

 

 

イエローステッチのオール補強

今回のリペアの目玉は、パーツを接合しているイエローステッチをオール補強すること!これは電話でおいちゃんさんからご提案いただいたリペア内容になります。

「これから着ていったらイエローステッチがどんどん解れていくんだろうな…」と心配していた私の気持ちを読んだかのような提案にビックリしつつも、流石デニムリペアの神様だなと改めて感心しました😌

写真上は既にリペア済みですが、デニムと同色の糸で補強されているのが分かりますか?敢えてイエローの綿糸を使わずに目立たない糸を使って補強する事で、元々のヴィンテージの雰囲気を壊さずにリペアされています!

 

 

 

 

今回最も気になっていたのがフロントのV字プリーツの解れでしたが、こちらもしっかりと「目立たない」ようにリペアされています。

またパーツの接合部は全て補強されていますので、脱着の際に袖が外れたりや肩のヨーク部が破れたりといった心配はなくなりました!これでステッチが解れる心配をせずに洗濯(手洗いですが)も出来ますし、何より精神衛生上の安心感が大きいです🤗

ちなみに接合部ステッチのオール補強の価格は、な・な・なんと、たったの5,000円!!簡単に接合部と言っても、デニムジャケットはかなり多くのパーツで構成されてるので正直大変な手間だと思いますので、我々ヴィンテージ古着愛好家には嬉しいサービスです。

 

 

 

 

最後は自分の好みにカスタマイズ

ここからは外からの見た目の話になりますが、電話での修理相談の際ステッチは抜けたままでも違和感がないとおいちゃんさんからご提案いただいてました。しかし引き取りの際、私の個人的な好みでイエローステッチを追加してもらいました。

使われる糸はもちろんコットン100%ですので、数回洗濯すれば元のイエローステッチと色合いが馴染んでくるとアドバイスをいただきました。

このように最後は修理依頼者の好みにアジャストしてくださる姿勢も我々古着愛好家から人気が高い理由の一つだったりします。もちろんおいちゃんさんが人気の最大の理由はデニムリペアの「凄テク」に尽きると思います✨

 

 

 

 

オキドキのパーフェクトリペアまとめ

今回も大満足の仕上がりだったオキドキのパーフェクトリペア。毎回おいちゃんさんの神技と心遣いに感激しつつ、また新たにダメージのあるヴィンテージデニムを手に入れたらお世話になろうと心に決めてます!

実はセールで値引きになった金額分だけリペア代に掛かってしまいました(笑)が、それでも何も補強してないイエローステッチのデニムジャケットを着るのとでは安心感が全然違うので、活きたコストの掛け方をしたと自画自賛してます🤗

イエローの綿糸を多く使っているヴィンテージデニムをお持ちで解れないか不安な方には、このイエローステッチのール補強リペアは是非オススメしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました