スポンサーリンク

キムタク効果で人気復活、シャンブレーシャツの大人コーディネート

トップス

ドラマ「グランメゾン東京」の効果

先日ヴィンテージコレクターのkousei氏が、ドラマ「グランメゾン東京」でキムタクが半年間着用したリーバイス501XXを購入した記事を書きました。そんな我らオヤジのカリスマであるキムタクは、我々世代だけでなくヤング(表現が古っw)世代にも影響を与えています!

そんな中、kousei氏よりキムタクがドラマで着用したRRLの黒シャンブレーシャツやオンブレーチェックシャツがプレミアム価格になっているとの情報を教えていただきました。しかも若い世代が購入しているようで、キムタクの着こなしが世間に与える影響力の大きさを改めて感じました😳

確かにキムタクは我々オヤジから見てもカッコいいですが、今どきの若者から見ると彼独特のアメカジスタイルが新鮮に映るのかもしれません。と言うことで今回は、筆者も大好物なシャンブレーシャツをキムタク先輩の着こなしをリスペクトしつつコーデしてみます。

 

 

 

 

 

お手頃価格のヴィンテージシャツ

まず初めにどんなシャンブレーシャツを選ぶへべきかについてですが、正直ヴィンテージじゃなくてもレプリカブランドやユニクロの物でも見た目は大して変わりません笑。一応筆者はヴィンテージ古着愛好家を名乗っているのでオリジナルの古着に手を出しています😅

またシャンブレーシャツ初心者の方はキムタクと同じRRLを選べば間違いないと思いますが、タマ数が少ないのと値段がシャツにしては高額なので万人にオススメできません。。そこでオススメしたいのは比較的低価格で購入できる70s以降のヴィンテージシャンブレーです。

この70s以降のシャンブレーシャツはブランドにもよりますが7,000〜10,000円とお手頃価格で購入できます。さらにコットン100%製の着込まれた個体を選べば、ガバッと羽織るだけで熟れた雰囲気が醸し出され洒落て見える便利アイテムだったりします。

ただしヴィンテージのシャンブレーシャツは基本的にウエストシェイプのないダボっとしたシルエットなので、このゆったりシルエットをどう着こなすかが問題です。。

 

 

 

 

 

大人コーディネートならタックイン

こちらは60sブルーベルのシャンブレーシャツですが、写真でご覧の通り着丈がかなり長めに作られてます。こんな長い着丈のシャツをパンツの外に出して着たら、ダサさの極みでしょう🤯

ドラマのキムタクは着丈短めで小さめサイズのRRLを選んでますので、タックアウトして着ても違和感がありませんが。

そもそもアラフォーの我々がそのままキムタクの着こなしをマネしても「普通の休日のオッサン」にしか見えませんから😂

ちなみに私、ジャケット代わりに羽織る以外はシャツをパンツに入れて着ています。

 

 

 

 

 

インナーにヘンリーネックTは鉄板

ドラマのキムタクと同じコーディネートになりますが、やはりインナーにヘンリーネックTは入れたいところです。写真下は6年ちょっと前の私のアメブロ記事から引用してますが、当時クラシコイタリア系ファッションといえば「胸元パッカーン」スタイルが席巻してました。

今こんな色気のあるスタイルをしている人は稀かと思いますが、やはり胸元が開きすぎるとイヤらしいし、ボタン一つだけしか外さないと堅苦しいし…。そこで、インナーにヘンリーネックTを挟むことで、ボタン2つ開けてもインナーTシャツがチラ見えすることでイヤらしさを防止することができます!

更にヘンリーネックの重ね着が男臭さを増強させ、ラギッド(無骨・飾り気のないという意味)なアメカジスタイルを構築してくれます。また当たり前ですが、パッカーンスタイルに比べて胸元が暖かいですから笑。

 

 

 

 

 

実際のスタイリングはこちら

私のシャンブレーシャツは身幅のゆったりしたヴィンテージ物なので、タックインすると風船のように膨らんでしまい、見た目がクソダサいです😭

これでは1980年代に本当にいたオッサンの格好と同じになっちゃいます…

やはりタックインするにはシャツ単体では厳しいので、ベストを重ねることで身幅のブカつきを隠すことに。

 

 

 

 

 

合わせるベストですが、クラシコ系ブランドのウールジレだとドレス感が強過ぎて、ラギッドなヘンリーネックT+シャンブレーシャツに合いません🙅🏻‍♂️

そこでスポーティな印象を与えるダウンジレや、アメカジ正統ブランドのオルテガ・チマヨベストを合わせることで、ラギッド感をキープしたまま大人のアメカジコーディネートを構成。

個人的にはシャンブレーシャツとオルテガの親和性がとても高いと感じている上、保温性もダウンジレに負けてないので、この組み合わせがメインになりそうです。

 

 

 

 

 

最後に、最近のシャンブレーシャツ鉄板コーディネートがこちら📸

ショールカラーニットのインナーはシャツが最も似合うと考えてますが、シャツの胸元をパッカーンにするのは色気が出すぎるなぁ、と💦

そこで、このヘンリーネック+シャンブレーシャツ+ベストの3点セットをインナーにすることで、綺麗めな雰囲気とラギッドな雰囲気を上手く調和できると考えてます。

やはり、このヘンリーネックTのチラ見えが見た目に与えるインパクトは相当大きいと思います!

あくまで私個人の着こなしですが、誰かの参考になれば幸いです🤗

 

 

 

(rm-3707) RRL シャンブレーシャツ [ダブルアールエル]
カテゴリー
トップス
スポンサーリンク
masagoniaをフォローする
クラシコブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました