スポンサーリンク

スリムフィットのパンツは時代遅れなのか?自身のカッコから考えてみる

パンツ

ビッグシルエットブームの到来


https://benbe.net/blog/bigsilhouette-coordinate-2019

久しぶりにイタリアブランドの綺麗なシルエットのパンツが欲しいな、と思ってセレクトショップのオンラインページをチェックしたのがこの記事を書くキッカケ。

数年前の私ならビックリするほど、プリーツパンツやゆったりとしたシルエットのパンツばかり探していることに気付いてしまったのです😅

あれだけスリムフィット信者だった私が何故こんなことになってしまったのか…。それは皆さんご存知の通り、ドレスファッションのトレンド「クラシック回帰」という名でプリーツパンツが復権し、ゆとりのあるシルエットのパンツが浸透したから。

また同時期にカジュアルファッションで巻き起こったビッグシルエットブームの影響で、ON/OFF問わず太めのパンツが主流になってしまったから。自分では天邪鬼だと思ってましたが、こんな簡単にトレンドに流されるとは…トホホ(笑)

 

 

 

 

3〜4年前の自身のスタイリング

こちらは3年半前にアメブロで書いた記事。写真上はインコテックスREDとCプラスのノープリーツパンツで、写真下はインコテックスSLACKSの1プリーツパンツになります。合わせる靴がサントーニのリボンスリッポンだったりとクラシコ系ファッション全盛の時代を感じさせます💦

3年半前の当時は、まだプリーツパンツだけでなくゆったりフィットのパンツにも抵抗感が強かったのを思い出します。なので写真下のパンツはプリーツの意味があるの?ってくらい腰周りがタイトですから(笑)

この頃は裾幅18cmは当たり前で、太ももはピッタリとラインが出ている方がカッコよく見えましたし、タイトなテーラードジャケットとの相性はスリムフィットパンツの方が良かったのは事実です。

しかしスリムフィットパンツを書いた記事はこれが最後となり、以降パンツの肥大化が進んでいくのであります。理由はビッグシルエットブームと同時期に発生した大人ファッションのカジュアル化が理由だと考えられます。

 

 

 

 

カジュアル化とパンツの太さの関係

大人ファッションのカジュアル化が進むことで休日にテーラードジャケットを着なくなり、その替わりに今まで日の目を浴びてこなかったショート丈のブルゾンやミリタリージャケットなどのカジュアルウエアが注目されるようになりました。

ショート丈のジャケットは全身に占めるボリュームが少ない為、パンツでバランスを取らないとかなり痛いスタイリングになってしまいます。そこでボリュームのあるパンツを合わせれば全体のバランスも上下の繋がりも良くなります

またミリタリージャケットは当然ながら身幅もアームホールもテーラードジャケットより太くて野暮ったいので、脚のラインが出るようなスリムフィットのパンツだとバランスが合いません。最低でもリーバイス501くらいの太さが欲しいところです。

 

 

 

 

またテーラードジャケットの替わりに軽い生地のロングアウターを羽織るスタイルも浸透してきました。そのロングアウターも一昔前のタイトシルエットではなくボリュームのあるゆったりシルエットが主流です。

そんなボリュームのあるアウターにワイドなパンツを合わせるとただの「全身ダボダボおじさん」になってしまうので(笑)、ここはある程度細めのパンツを合わせたいところ。

とは言えここでもスリムフィットパンツの出番がないのは事実…。理由は合わせるトップスがタイトなドレスシャツではなく程よいフィットのカットソーが主流になってしまったので、脚のラインが出るパンツだとバランスが悪くなるからです。

やはり今のトレンドから考えて、細くてもリーバイス501くらいまでかなと考えています。逆に太いパンツもやり過ぎないレベルにしないと、おじさんストリートスタイルになってしまうので注意が必要かと思います😅

 

 

 

 

大人が穿きたい今っぽいパンツ


出典:BEAMS ONLINE

今トレンドのビッグシルエットを我々おじさんが若者のマネをして着ても、ただダラシなく見えてしまう危険性があります。そこでオススメしたい(私が欲しいだけですがw)のは、イタリアブランドの美脚シルエットのリラックスパンツ

一昨年から私もジャブスアルキヴィオのドローストリングパンツに手を出しましたが、アメカジブランドには無い美脚シルエットはさすが美意識の高い国イタリアだけはあります!

今回私が狙っているのはストライプ柄のリラックスしたシルエットのパンツで、写真上のCIRCOLO1901(チルコロ)。太過ぎない美脚シルエットなのが刺さりました。またストライプ柄には縦長に見える「脚長効果」が期待できるので、私の短足をカバーしてくれるのではないかと思っております(笑)。

またチルコロのパンツはドレス感を携えていますが、トップスは敢えて綺麗めアイテムを合わせずに古着のシャツや無地のポケットTシャツを合わせる予定。今の時代MIXスタイルの方が熟れて見えますので。

 

 

 

 

 

 

6ポケットカーゴパンツが復活か?


出典:買えるレオン

続いて気になるパンツは、腰周り〜太ももにかけてゆとりのあるフィッティングで、膝〜裾に向かって思いっきりテーパードした美脚シルエットのカーゴパンツ。こちらは服好きおじさんのマストブランド、ジャブスアルキヴィオのスペースフィット。

軍パンなのに1プリーツってどうなの?と思いましたが、イギリス軍のグルカショーツは2プリーツなのを知ってからは特に違和感はありません。ここんちのパンツはキャロットシルエットが売りですが、この軍パンも例に漏れず。

ノークッションでネイビージャケットに合わせたら、MIXスタイルで熟れて見えること間違いなし…。しかし同年代の読者の皆さん、この手のカーゴパンツを穿いた記憶はありませんか?

 

 

 

 

そうです、約8年前に大ブレイクしたイタリアのパンツブランドGTAのTWISTEDカーゴパンツです!。腰周りにプリーツは無いものの太もも周りはゆとりがありますし、美脚シルエットとしてはジャブスに負けてないと個人的に思ってます。

それにしても、我々アラフォーのファッション好きおじさんも歳を取りましたね〜(笑)。まさか現役時代にトレンドが一巡するとは思いませんでした。当時私はGTAの裾幅を更に細くカスタマイズしましたが、今であればデフォルトのまま穿いてもサマになると思います。

更に言えばGTAのTWISTEDは後染めのtinto in capo仕様なので、洗ったら洗った分だけ風合いが増します。もしGTAのTWISTEDをまだ所有されている方は、今のトレンドにマッチしてるので復活させるチャンスです!

 

 

 

 

 

 

スリムフィットは時代遅れのまとめ

と言うことでスリムフィットパンツについて、あくまで個人的な私見を述べてきましたが、やはり今っぽい雰囲気を出したい場合はゆとりのあるパンツを選んだ方が間違いないと思います。

また写真上のようなキャロットシルエットのパンツをくるぶし丈で穿けば更にトレンド感が出せます。私も改めて過去を振り返ってみると、たった3〜4年でここまで選ぶパンツのシルエットが変わっていた事に自分自身ビックリしてますから(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました