スポンサーリンク

ブラックブームに合わせて履きたい、大人のOFF用・黒革靴4選

黒にダークブラウンは合わないので…

昨年辺りから増え続けているブラックアイテム。今まで15年近くアズーロ エ マローネ(ネイビーとブラウン)を主体にコーディネートを組んできた私にとって非常に新鮮なカラーだったりします。

しかしこのブラックカラー、とにかくダークブラウンとの相性が悪く、どう組み合わせても垢抜けない(写真上の私ねw)。やはりブラックに合わせるならホワイト・グレー・ブラックを合わせるのが常套手段なのかもしれません。

そこで今回はブラックアイテムに合わせるべく、休日に履きたいブラックカラーの革靴を何点か見つけたのでご紹介します。やはりカジュアル感がある程度欲しいので「OFF専用機」に主眼を置いて探してみました。

 

 

 

 

オールデン カーフ タッセルローファー

一発目にご紹介するのはクラシコ系ファッション好きには鉄板のOFF用革靴、オールデンのタッセルローファーです。画像はコードバンですが、私なら積極的にカーフ素材を選びたい!

理由としてはコードバン特有の艶がドレス感を纏っている為、カジュアルアイテムとの親和性が低く感じます。またバーガンディであればまだしもブラックになると余計艶やかに見えるでカジュアル合わせは難しいかも…。

更にコードバンだと、カジュアルなOFF用靴なのに雨が降るのを気にしなきゃいけないという本末転倒ぶり(笑)。その点カーフであれば雨なんか気にせずガシガシ履けちゃいます。

 

 

 

 


出典:instagram

今まで全くブラックカラーの革靴に目を向けてきませんでしたが、写真上のようにチノパンとの相性も良いし足元が引き締まります。ここにブラックのアウターやトップスを持ってきたらバランス良く着こなせそうです。

ちなみに画像のタッセルローファーはクロケット&ジョーンズ謹製ですが、私はあくまでタッセルのオリジンであるオールデンに拘って探したいと思います(買うとしたらねw)。

ただしネット通販を探してみると、ほとんどがコードバン仕様のタッセルローファーばかりですので、もしかしたら店頭で探して購入した方が早いかもしれません。また中古が気にならない方はヤフオク・メルカリで探すのもアリでしょう。

 

 

 

 

 

 

UA別注パラブーツ ビットローファー

続いてはUA別注パラブーツのビットローファー。今年に入ってユケテンの同タイプを購入して以来、密かにめっちゃハマってます!

ビットローファーの良い所は、ほど良いカジュアル感とドレス感が同居しているので、OFFで履いた時に大人の品位をキープしてくれる点でしょうか。

私はOFF用革靴を6足(その内オールデンが4足)所有してますが、最近はもっぱらユケテンのビットローファーばかり履いてるほど気に入ってます。

そこで今回はビットローファーのブラックバージョンはどうかな、と検討し見つけたのがUA別注パラブーツだった訳です。

写真のブラックスエードは質感がマットでドレス感が強い為、敢えてビブラムソールのようなゴツいソールを合わせてカジュアル感を演出してます。さすがUAの別注だけはあります!

 

 

 

 

しかし私のアメカジスタイルにブラックスエードのビットローファーはドレッシー過ぎるので、こちらのガラスレザー(表革)仕様の方が気になります。

ソールは私が所有するパラブーツBARTHと同じフランス海軍に正式採用されたMARINEソールなので、耐久性は折り紙付きなのも嬉しいところ。

こちらのモデルはビットがゴールドなんですが、実はシルバーより好みだったりします。何故かと言うと、意外にもシルバービットの方が自己主張が強いからなんです。

その点ゴールドは素足(風ね)履きすれば肌の色に近いので馴染みやすい上、「敢えてゴールドを選んでる」感が出るのも個人的には好きなポイントだったりします🤗

 

UNITED ARROWS | <Paraboot(パラブーツ)>【別注】 ビットデッキシューズ†
--UNITED ARROWS | <Paraboot(パラブーツ)>【別注】 ビットデッキシューズ†-- UNITED ARROWS別注のデッキシューズデッキシューズの滑りにくいソールと軽快な履き心地はそのままに、ガラスレザーの光沢感とゴールドの金具でドレッシーな印象に仕上げました。2020FWには新色のブラウンが...

 

 

 

 

 

クラークス ワラビーローカット


出典:yahooショッピング

昨年辺りから久しぶりに注目されているのがクラークスのワラビーやデザートブーツ。我々アラフォーオヤジ達も青春時代に履いてきた一足だけに、懐かしさと共に久しぶりに履いてみたい衝動に駆られてます。

我々が学生の頃はクラークスのローカットと言えばナタリーかデザートトレックの2種類位しかなかったですが、現在はワラビーのローカットと言う痒いところに手が届くモデルもラインナップされてます!

やはり我々オヤジが履くならブーツタイプよりくるぶしが見えるローカットの方が色々なパンツに合わせやすいかなと。更にアッパーに関しては、先程のビットローファーとは逆にスエードの方が抜け感が出るので使いやすそうです。

 

 

 

 


出典:instagram

ブラックスエードのワラビーで参考になるコーディネートがこちら。ボリューム感のあるカーゴパンツをぽってりしたデザインのワラビーが足元でしっかりと支えてくれています

またセージグリーンとマットなブラックとの相性も良く、カジュアルコーデでありながらどことなくモードな香りが出せるのもブラックスエードの特徴なのかなと。

私は残念ながらフランス軍M47を手放してしまったので現在手持ちの極太パンツは50sアメリカ軍チノしかありませんが、太めのパンツを短めに合わせたらサマになるんじゃないかな〜と勝手に妄想してます(笑)

 

 

 

 

 

 

もはや鉄板!パラブーツのシャンボード


出典:BUYMA

マジで取り上げるのを躊躇う位にド定番なんですが、黒靴にターゲットを絞って探していくとどうしても気になる存在に…。それがパラブーツのシャンボードです🇫🇷

なんなんでしょうね、この独特な存在感は。デザインは普遍的なブラッチャー(外羽根)5ホールのUチップモカシンなのに、ノルウィージャンウェルト製法によるゴツいステッチと独特な光沢を持つリスレザーのおかげで唯一無二の存在に。

普通のコーディネートに取り入れると、ややもすれば「普通のオッサンの休日スタイル」に陥りそうなデザインの靴ですが、逆にこのラギット感を纏ったシャンボードはユーロカジュアルからアメカジまてま幅広く合わせられる汎用性の高さが魅力なんだと思います!

 

 

 

 


出典:instagram

私がシャンボードを避けてきた(?)理由は、自分のスタイルに合わなそうなのとリゾルト林さん信者の方が多く履いてるのを見て嫌になったからです😅

逆に言うとリゾルトのような細身のテーパードデニムにも似合うと言う証明にもなりますが、とにかく天邪鬼な私の食指が動くことは今までありませんでした。

しかし写真下のようにオリーブグリーンのカーゴパンツとも好相性ですし、おそらくグレーのウールパンツともマッチすることを鑑みると、ここまで汎用性の高い黒靴をみすみす見逃すこともないのでは?と思うようになりました。

 

 

 

 

 

 

大人のブラック革靴4選のまとめ

と言うことで今回はブラックアイテムに合わせたい黒革靴4選についてお届けしました。どの靴も甲乙つけ難い魅力的なモデルなので、買うまでに迷うのは必至でしょう。と言いながら、実はちょっぴりフランス靴に傾いてたりして(笑)

また前回の記事はブラックアウター(BDUジャケットBLACK357)を購入した内容でしたが、今シーズンは確実にブラックカラーブームが我々オッサン層にも浸透しそうな予感がします🧔🏻

まぁファッションのブームは繰り返しの連続ですから、その時のトレンドに敢えて乗っかって楽しむのもアリかと思います。逆に我が道を突き進むのもアリですが、時代遅れな見た目にならないよう注意も必要ですしね。

カテゴリー
スポンサーリンク
masagoniaをフォローする
クラシコブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました