スポンサーリンク

ブラックブーム到来 リーバイス501-0658ブラックデニム(ユーズド)

パンツ

モノトーンブームに乗っかってみる

色々な雑誌を読んでみると、どうやら今年の秋冬はモノトーン旋風が来るそうな?

今年に入ってブラックブームが到来した私も、しっかりトレンドに乗れそうです(笑)

今回ゲットしたブラックアイテムは、1980年代製リーバイス501-0658ことブラックジーンズ👖

購入したのは、3年以上前から訪問している愛知県豊橋市にある老舗の古着屋DOWN TOWN。
https://blogs.yahoo.co.jp/downtown_565503

相変わらず相場より安い価格で提供してくれています!

 

 

 

80年代のリーバイスは私達アラフォー世代にとっては「ヴィンテージ」ではなく「レギュラー」扱いなので、安く買えてあたりまえ!

昔(20年前ね)なら3,800円〜で買えましたが、MADE IN USA製ってだけで付加価値になる現在は7,800円〜と相場が上がってます↗️

その点、DOWNTOWNなら5,000円前後から選べるので、まさに20年前に近いプライス設定!

その他の商品も全体的にお買い得なお店なので、気になる方は是非遊びに行ってみてください🤗

 

 

 

レギュラーのリーバイス501は何と言ってもシルエットが最大の魅力!

太すぎず細すぎずの中庸かつ、見る人によっては野暮ったく見えるシルエットは、逆に言えば穿く人を選ばないんでしょうね。

501がここまで普及した理由がよく分かります😌

ちなみに178cm/70kgの体型で、パッチサイズW31L30が腰回りジャスト&丈短めの今時のサイズ感です。

 

 

 

ブラックデニム×靴の組み合わせ

ブラックデニムに合わせる足元は、ブルーデニム同様に革靴でもスニーカーでも相性バツグン!

色落ちしたブラックデニムは、もはやブラックではなくグレーと呼んでもおかしくない色目。

だもんで、グレーのスラックス同様にコーディネートの幅が広いです。

ちょい昔話ですが、1997年頃に起こったアウトドア系ファッションブームの時は、パタゴニアのアウターやダナーのブーツに501ブラックデニムに合わせるのが定番だったなぁ〜(遠い目)。

さて実際に穿いたコーデは…

 

 

 

実際に履いた図(全身コーデ)

ブラックデニムにオフホワイトジャケット(1960年代製Lee100J)を合わせてややモノトーンなコーディネート。

小物にイルミーチョの巾着とオールデンのスリッポンを合わせてキレイ目な大人(オッサン)の雰囲気に。

オフホワイトのウエスターナー、実はあまり出番がなかったのですが、ブラックデニムと好相性な事が判明したので、これこらスタメン起用してやれます👌

 

 

 

また前回記事に出てきた色物オールスターとの親和性も高く、ブルーデニムの時よりアメカジ濃度が抑えられたコーディネートに。

ちょい綺麗目〜ゴリゴリのカジュアルまで幅広く対応してくれるユーズドのブラックデニム、かなり使えそうな予感がします!

更に値段も手頃なので、ブルーデニムに食傷気味な方にオススメです。

以上、ブラックブーム到来その③ リーバイス501-0658ブラックデニム(ユーズド)でした〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました