スポンサーリンク

出来れば教えたくない古着屋…STEP AHEAD(ステップアヘッド)でヴィンテージデニムを購入

古着屋巡り

2020年1発目の記事は、先日のオフ会で初めて訪問したヴィンテージ古着屋、STEP AHEAD(ステップアヘッド)をご紹介します。

こちらの古着屋は古い雑居ビルの2階に店舗を構えておりますが、雑多な雰囲気からは想像がつかないほど多くのヴィンテージアイテムを置いています。しかも相場よりも安い良心的な価格で販売してくれているのでまさに「穴場的」な古着屋です!

そこまでアクセス数の多くない当ブログですが、とても良い古着屋だったので読者の方にも共有したいと思い記事にしました。本当はヴィンテージを奪い合うライバルが増えるので教えたくないんですけどね笑。

 

 

 

 

 

原宿の閑静な場所にひっそりと

まず始めに、この隠れた名店を教えてくれた方は「東の爆買王」ことkousei氏になります。彼は私がクラシコイタリア系ファッションに傾倒していた頃からの友人ですが、今は彼もヴィンテージ古着に戻ってきたので今では完全にただの古着仲間です笑。

我々ヴィンテージ古着愛好家が「原宿のヴィンテージ古着屋」と言割れて思い出すのは、マービンズ・バナナボート・フェイクα・ベルベルジン辺りの老舗古着屋になるかと思います。

今回ご紹介するSTEP AHEADは2008年創業で今年15年目の古着屋ですので、上記の古着屋に引けを取らない歴史のある老舗古着屋になります。それでは早速、STEP AHEADで気になったヴィンテージアイテムをご紹介します。

 

 

 

 

 

ヴィンテージの宝庫…には見えない外観

まずSTEP AHEADの店舗は雑居ビルの2階で営業しており、入り口のビニール製カーテンをくぐって入店します。失礼を承知でお伝えすると、ヴィンテージアイテムが豊富とは外観からは全く想像ができません笑。

そもそも原宿の裏路地にある年季の入ったアパートの2階に行くこと自体に勇気が要りますからね。もしここが古着屋だと知らない人であれば、お店に入るのも若干の勇気が必要な雰囲気です。

まさに隠れ家みたいな古着屋ですが、kousei氏はオーナーとも親交があるほどの常連客なので「こんにちわ〜」と気持ち良く入店していきました。そして初訪問の私はドキドキしながら入店です😅

 

 

 

 

 

ヴィンテージデニムが豊富

入店すると、決して広くはない店内にビッシリとヴィンテージアイテムが山積みされています。またレジ奥にはコンディションの良い個体があり、通路側にはややダメージのある個体がハンガーラックに掛けてあります。

しかもヴィンテージデニムパンツの半数近くがリーバイス501XXで憧れ47モデルも普通に置いているからビックリです。2022年現在では古着屋で全く見かけなくなった47モデルを、壁に吊るさずハンガーに掛ける感覚はベルベルジンと同じノリです!

そして画像下に収まっているLeeのデニムパンツですが、ヘアオンハイドのレザーパッチが左に付いて逆アーキュエイトステッチが入っているのが分かります。この個体が超レアなLeeだと気付いたそこの貴方、完全にヴィンテージデニムオタクです笑😂

 

 

 

 

 

私も学生時代にファッション雑誌BOONとかで見たことはありますが、博物館クラスにレアな逆アーキュエイトステッチのLeeカウボーイを見るのも触るのも初めてでした。

ディテールは先述した左側に付いたヘアオンハイドのレザーパッチと逆アーキュエイトステッチだけでなく、バックルバック・ドーナツボタン・股リベットと30〜40sのディテールを満載しております!

しかもこの個体は多少の汚れやダメージはあるものの普通に日本人が穿けるサイズなので、冗談抜きで見つからない一本になります。気になるお値段は2020年時点で100万円(+TAX)と、今考えると非常に安い価格設定でした。

 

 

 

 

 

トップスのヴィンテージアイテムも豊富

このSTEP AHEADではヴィンテージのデニムパンツも豊富ですが、それ以外にもデニムジャケット・カバーオール・ミリタリートップスも数多くストックされており、なかなか見応えがありました!

しかもデニムパンツ同様に業界の相場よりも安い良心的な価格設定なので、思わず手を出したくなります…と言うか、ついうっかり手を出してしまいました笑。

 

 

 

 

 

購入したブツは最後に紹介するとして、まずは気になったヴィンテージのカバーオールをご紹介します。これまた40sのLeeですが、こちらは斜めeのハウスタグが付いたLee 91-Jがなんと60,000円(+TAX)という激安価格に、びっくりして腰を抜かしました😂

筆者もLeeのカバーオールを集めており既に4着所有していますが、未だに斜めeのハウスタグにお会いできてません。。この個体はサイズ42と日本人にはやや大きめのサイズだったのでお値打ち価格で販売されていましたが、これが36〜38だったら15〜20万円は逝くでしょう💸

それくらいレアな斜めeの91-Jですが、2022年現在では古着屋でほとんど見掛けなくなりました。。

 

 

 

 

 

東の爆買王kousei氏が動く

この原宿の名店STEP AHEADを紹介してくれたkousei氏ですが、どうやら以前から気になる個体があったらしく入店するや否や試着に勤しんでいるではないですか!彼が気になっているのは2本の501XXで、47モデル(画像上)と濃い目のギャラ入りモデル(画像下)という贅沢な悩みです笑。

kouseiさんは私と体型がほぼ一緒(腹周りは私の方が太いw)ですが、我々アラフォー世代がジャストサイズで穿けるヴィンテージピースは年々出会えなくなってきてます💦

そんな中、ウエスト・レングス共にジャストで穿ける個体に巡り合えると思わず興奮しちゃいますよね!そして私がそっと彼の背中を押してあげ25万円のデニムをご購入されました。この流れは「西の爆買王」ことナカジーさんの時と同じですね笑。

 

 

 

 

 

彼の勢いを借りて私が購入したブツ

先日のヴィンテージバブアー初購入では袖丈が合わずツンツルテンだっただけでなく例のオイニー問題で大失敗に終わった私ですが、2019年最後の買い物は成功で終わらせたい!

そんな言い訳を自分に言い聞かせつつ、同行したメンバー達から「サイズがドンピシャ」や「めちゃくちゃ似合ってる!」などのお世辞を言われて背中を押されまくって買ったのが50sのPAY DAYカバーオールになります。

確かに古着屋で見かけるカバーオールはデカいサイズがほとんどですが、この個体はサイズ36程度の日本人サイズで状態も悪くありません。更に背中を押されたのが、STEP AHEADならではのお買い得な価格設定。この条件で25,800円なら、買わない理由はない…。

 

 

 

 

 

STEP AHEAD オススメします!

と言うことで年明け一発目からロングな記事となった、教えたくない古着屋STEP AHEAD。ブログの撮影許可をいただきありがとうございました🙏

実は記事に出してない私が狙っているブツがまだあるので、お店をブログで紹介するかマジで迷いました笑。

それほど良いアイテムが目白押しで、しかも良心的な価格設定をしている良店STEP AHEAD、ヴィンテージ好きの方に是非ともオススメの良店です。以上です!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました