スポンサーリンク

埼玉県志木市の古着屋 nina de coito

古着屋巡り

自宅待機解除による古着屋探検再開

いよいよ県外移動の制限も解除され、経済活動も再開し始めましたね。私も古着屋を開拓する活動を再開したいと思い、早速訪問してみました。

今回は私の家がある埼玉県の中でも志木市にある古着屋nina de coito(以下nina)に行ってきたのでレポートしたいと思います。

最近は古着のアイテム数を抑えて拘りの商品を厳選してお洒落に陳列する古着屋が出てきましたが、このninaも同様に商品数は抑えてテーマ毎にハンガーラックに陳列してるのでとても見やすいです。

もしかしたら、大量生産・大量消費のプチプラと呼ばれるユニクロやザラの商売方法が一部で否定されるように、古着界でも大量に商品を置くスタイルは否定されつつあるのでしょうか。

 

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

 

 

 

 

狙いはフランス軍ホスピタルベスト

ninaが揃えるラインナップは、ユーロやアメリカのミリタリーアイテムとラルフローレンやパタゴニアのアメカジアイテムを厳選して買い付けています。

今回私が気になっていたアイテムがフランス軍のホスピタルベスト。正直instagramで見かけるまで全く知らなかったアイテムです。昔はファッション雑誌に掲載されてるアイテムが欲しくなったもんですが、今ではinstagramがその代わりをつとめてますね。

このホスピタルベスト、元々は生成り色ですが後染めすることで色々なカラーバリエーションを作っています。また生地は薄手のウールで作られている為、洗濯の縮みによる個体差があるので注意が必要です。

 

 

 

 

実際に試着してみましたが、オッサンの私には残念ながらTシャツの上に重ね着するコーディネートしか思い浮かびません😂

恐らくこのホスピタルベスト、コーディネートとしてはトップスとして着るよりジャケットのインナーとして着た方が様になるように感じました。

またオーバーサイズ(左)で着た方が今っぽいと思いますが、私が選ぶならジャストサイズ(右)にすると思います。ちなみにお値段は3,900円(+TAX)とお手頃なので、気軽にチャレンジ出来るのも嬉しいところ。

残念ながら今の時期にウール生地のホスピタルベストを着るには少々暑すぎるので、今回はスルーすることに。他に何か未知との遭遇はないかな〜と店内を見回っていると、とあるブツが目に止まりました。それは…

 

 

 

 

ハンガリー軍スリーピングシャツ

全くノーチェックだったハンガリー軍のスリーピングシャツになります。「前にもロシア軍のスリーピングシャツ買ってるじゃん」と思ったそこの貴方、正解です(笑)

しかし極寒の地、ロシア軍のスリーピングシャツは冬用なのもあり裏起毛で暖かいので、今の時期には暑くて着られません。このハンガリー軍のスリーピングシャツは春夏用としてリネン(麻)100%で作られており、まさにこれからの時期にうってつけの一着!

またブラックに後染めされた個体を選びましたが、最近購入したラルフローレンの半袖シャツも同じブラックリネン(とシルク混合だけどw)。去年から「ブラックカラー」をコーディネートに取り入れてますが、特にリネン生地と黒色の相性がとても良いと感じてます。

 

 

 

 

今回私が購入したのはハンガリー軍のサイズ48(左)ですが、ninaではグリーンカラーのロシア軍夏用スリーピングシャツ(右)も置いていたので試着させていただきました。

ロシア軍の個体は私にはサイズがやや大きいですが、こうして画像を並べて見比べてみるとVネックの角度が違ったりと国によって作りに差があるのが分かります。

またリネン生地の肌触りが気持ち良いので素肌の上に着たいと思いましたが、見た目がオペ前のドクターのようになってしまうのでTシャツの上に重ね着するのが無難かなと(笑)

ちなみにお値段は4,900円(+TAX)とこちらもお手頃価格なので、ビンボーリーマンの私でも何の躊躇もなく買えました。個性も出せる上に手頃に買えるのもユーロミリタリーが若者を中心に受け入れられる理由の一つでしょう。

 

実物 新品 ハンガリー軍 リネン Vネック スリーピングシャツ 後染め / Vネック 後染め加工 ミリタリー メンズ【キャッシュレス5%還元対象品】【Zo】【Sx】

 

 

 

 

 

リネンスリーピングシャツの心地良さ

実は購入してからヘビーローテーションで着ているハンガリー軍のスリーピングシャツですが、その理由はシンプルなデザインとリネン生地の肌触りが気に入っているから。

相変わらず撮影が下手くそなので上手く生地感を伝えられませんが、細い繊維で織られた生地はやや透け感があり、リネン特有のザラついた肌触りも細い繊維を使うことで抑えられてます。

確かにスリーピングシャツ=パジャマの肌触りがゴワゴワしてたら快眠を得ることは不可能ですからね(笑)。その点ではロシア軍のスリーピングシャツも同様で、肌触りの点では他のウエアと比べて群を抜いてます

このハンガリー軍のスリーピングシャツは相場が4〜5,000円、ロシア軍で6〜7,000円と手を出しやすい価格帯なので、まだ着たことがない方には是非一度試してもらいたいアイテムです🤗

 

 

 

 

ハイセンスなninaの古着チョイス

話がスリーピングシャツに思いっきり偏ってしまったので、ここで軌道修正します(笑)。ninaの店内はアンティークの什器や家具などが置かれており、そこに点数を抑えた古着の商品が綺麗に並べられています。

どんな商品を展開しているかはninaのinstagramを見てもらえば分かると思いますが、パタゴニア・ラルフローレンもド派手な若者仕様ではなく我々オッサンでも着られる抑え目なデザインの個体を仕入れています。

また最近私も取り入れているユーロミリタリーアイテムも商品全体の三分の一くらいを占めており、これからの季節に活躍するショートパンツはUS ARMYのトレーニングショーツやイギリス軍のグルカショーツなど国を問わず幅広くラインナップしてます。

 

 

 

 


nina de coitoのinstagramより

またヴィンテージデニムに関してはUSA製の「現行」リーバイス501くらいしか置いてないので、ゴリゴリのヴィンテージ古着を求めて行くと肩透かしを喰らう可能性が高いです😅

どちらかと言うと感度の高い80〜90sのアメリカブランドの古着やユーロミリタリーに興味のある方にはたまらない商品ラインナップだと思います。

アメリカのヴィンテージアイテムで全身を固めると見た目が結構ダサいことになってしまうので(笑)、個人的には感度の高い古着アイテムとヴィンテージアイテムをMIXした古着スタイルの方が我々オッサンには似合うと思います。

また買いやすい値段のアイテムばかりですので、今の時期であれば半袖シャツやショーツなんかを探しに遊びに行ってみると、私のように新たな出会いがあるかもしれません。

 

 

 

 

古着屋nina de coitoのまとめ

と言うことで初めて訪問した古着屋nina de coitoについてご紹介しました。名古屋にもninaのようにアイテム数を抑えて綺麗にディスプレイする古着屋が在りますが、気になる商品が見つけやすいし洒落ているので大変気に入ってます!

また同じ商品でも、数多くの商品の中で雑に置かれた物と綺麗にディスプレイされた物では購入したい気持ちに大きな差が出ますからね😅

ゴリゴリのヴィンテージ古着ではなくハイセンスな90s辺りの古着をお探しの方であれば、ninaは訪問する価値のある古着屋だと思います。埼玉県志木市に行く機会があったら是非立ち寄ってみてください。

 

 

カテゴリー
古着屋巡り
スポンサーリンク
masagoniaをフォローする
クラシコブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました