スポンサーリンク

大人のOFFスタイルにオススメ インバーアラン 6A ショールカラーガウン

アウター

結局手を出したガウンタイプ

実は所有してるんです、通常のインバーアラン 6Aショールカラーカーディガン😅

しかし、どうしてもロング丈のガウンタイプが忘れられなくて、ヤフオクとメルカリを漁る毎日…

そんな今年の秋口、やっとマイサイズのガウンタイプを発見→購入に至ったわけです!

色も手持ちの6Aと同じネイビーと、全く芸がないです(笑)

しかし、ベルトが付くことで大人ならではの「ゆとり」を表現できるし、長い着丈がアウター感を強めてくれるので使いやすいです!

それではディテールを紹介。

 

 

 

トゥモローランド別注6Aガウン

この個体は出品者によると2016年A/Wにトゥモローランドで購入したとの記載が。

ビームスプラス別注の場合もそうなんですが、どこにも別注先の記載がないので良く分かりません😂

また昔からインバーアランのお約束としてサイズ表記がないので、新品で購入した人のみが正確なサイズを知れます…

って、消費者保護法とかPL法とか何かとうるさい今のご時世に合ってないので、サイズ表記のタグくらいは付けてほしい😅

ちなみに茶タグ=正規代理店モノなので、イットディビジョンのタグが付いてきます。

そのタグでもいいので、サイズ書いてほしいです(笑)

 

 

 

おそらく別注ポイントは、この全て柄違いのウッドボタンなのかな、と🤔

購入当初「えっ、マジか!」と一瞬引きましたが、遠目では目立たないのでそのまま使うことに。

目立つようなら、純正ウッドボタンに総入れ替えも本気で検討しましたから😅

某西海岸系ブランドの別注品にも言えるんですが、あからさまなカスタマイズって個人的には結構イタい…

オリジナルへのリスペクトやオリジナルの良さを生かした別注は、やはりセンスがあるなぁ〜と感じます!

その点ではビームスが何歩も先をいってるし、「別注王」と呼んでも差し支えないと思います🤗

 

 

 

実際に着てみた図

私の鉄板スタイル、デニムジャケット×ウールパンツのコーデにON。

着丈が長いことで、インに着たデニムジャケットがはみ出す心配は皆無ですし、見た目のバランスも良し👌

またアップで撮影しても気付かないと思いますが、ベルト下のボタンのみを閉じることで、前が開いてしまうのを防いでいます!

ガウンの場合、ベルトだけだと前が開いてきちゃいますから、この点は6Aならではの利点です。

 

 

 

またインをシャツやベストに替えれば、大人のリラックスした休日スタイルが簡単に作れます!

レストランやデパート等、ジャケットまで必要ないけどキチンとした印象を与えたい場合なんかに、ショールカラーとシャツの組み合わせは使えます。

ちなみに着ている白シャツは、ワードローブに唯一生き残ったイタリアブランドのシャツで、ボルゾネッラ謹製🇮🇹

こちらは別注品ですが、もちろん別注王のビームスで購入

今後も長く日本で取り扱ってもらいたい、良いプロダクトを作るブランドです!

 

 

 

ノーマル丈の6Aと比較

右:ノーマル丈
左:ガウンタイプ

ノーマル丈は通常ボタンが5個ですが、この個体はビームスプラス別注なので一番上に小さなボタンが追加されてます。

ガウンタイプはノーマルタイプよりボタン配置の間隔が広く、更にボタンの数も一個多い6個に変更。

元々ケーブル編みとウッドボタンが武骨な印象を与えるインバーアランのニットですが、着丈の延長とベルトを追加するだけでここまで印象が変わるのも面白いです!

このガウンタイプ、残念ながらインラインではなく別注モデルなので、ヤフオク・メルカリで探すしか入手方法はないかもです😅

個人的には中古品=リユースはファッションのサステナビリティに繋がるので良いことだと思ってます!

気になる方は是非探してみては🤗

 

 

 

カテゴリー
アウター
スポンサーリンク
masagoniaをフォローする
クラシコブログ

コメント

  1. left より:

    おはようございます
    昨日、アメ横のサテンドール
    行って来ました❗️
    私の生まれ年のロレックス
    38万って言われたんですが
    what do you think?
    因みに個体の名前は忘れました

    • masagonia masagonia より:

      レフトさん、こんにちは!
      我々世代の生まれ年なら4桁で間違いなさそうですね(^-^)
      その価格帯だとオイパペか手巻きモデルですかね?
      ミラー文字盤だったら買いですね!!

タイトルとURLをコピーしました