スポンサーリンク

若者に人気のUS ARMYジャングルファティーグジャケット、カモフラ柄を追加購入

アウター

軽く羽織れる薄手のミリタリージャケット

3月も中旬になると暖かい日が増えてきたので、そろそろ冬物のアウターやスーツは着納めの時期になりました。そうなると暖かい春に着ても暑くならないような、カットソーの上から軽く羽織れるライトウェイトアウターが気になってくるかと思います。

我々の大好きなアメカジ古着の世界で軽く羽織れるアウターと言われて思い浮かべるのは、やはり今若者にも大人気のUS ARMYジャングルファティーグジャケットになります。もちろん私も大好物なので、かれこれ3着ほど購入してきました。

このジャングルファティーグは過去記事でも書いた通り年代によって1stモデル〜4thモデルまで細分化されており、特に1stモデルは枯渇しているのもあって相場は5〜8万円とめちゃくちゃ高騰しております💸

 

 

 

 

 

私が所有するジャングルファティーグは2ndモデルと3rdモデルになりますが、個人的には肩のエポレットの無い3rdモデルの方がラギッドになり過ぎないので使いやすいと感じています。しかも2ndモデルよりタマ数も多く安いので、手が出やすいです!

また2ndモデルと3rdモデルを着回している私ですが、興味のない人から見たらエポレットがあろうが無かろうが同じ緑のミリタリージャケットにしか見えません笑。確かにどちらのモデルを着ていてもコーデは変わり映えしませんからね。。

そこでノーマルのジャングルファティーグと差別化を図る為に探していたのがカモフラージュ柄のジャングルファティーグジャケットになります。今回はその中でもレアなノンリップストップの3rdモデルをゲットしましたので、ディテールチェックとコーデをご紹介します。

 

 

 

 

 

ヴィンテージも強い!名古屋のCROUT栄

あれは遡ること昨年の4月、私がまだ名古屋で単身赴任していた頃に通っていた古着屋のCROUT栄での話。この古着屋はコンディションの良いレギュラー古着がメインなんですが、時折ゴリゴリのヴィンテージ古着も仕入れてくる魅力的なお店なんです。

またらCROUT栄はinstagramで入荷情報を発信していますが、ある日狙っていたカモフラ柄ジャングルファティーグのpostを発見!探したことがある方なら分かるかと思いますが、実はカモフラ柄はなかなか出てこないアイテムだったりします。

しかも今回の個体は更にレアなノンリップストップの3rdモデルなので、まさに筆者が探していたモデルです。しかし残念ながらタグが欠損していたのでサイズが分かりません。ここは直接お店で試着するしかないでしょ、ってことでお邪魔してきました。

 

 

 

 

 

実際に試着した画像がこちらになります。私はジャングルファティーグのSMALL/REGULARを3着購入してきたので、試着した瞬間にこの個体がマイサイズの同サイズであることを確信しました!

また気になるコンディションは複数の汚れや裾や袖口に解れがあるものの、良くも悪くもカモフラ柄なので汚れやダメージがそこまで目立ちません笑。またお値段も2万円台中盤とこなれた価格設定だったのもあり、迷うことなく家に連れて帰りました。

これでジャングルファティーグジャケットは4回目の購入となりましたが、私としては「柄が違えば別物」と認識しているので問題なし笑。なんならクローゼットの中はオリーブグリーンの似たようなアウターだらけの変態アメカジオヤジですからね😅

 

 

 

 

 

 

 

ジャングルファティーグ3rdと同じディテール

それでは購入したカモフラ柄のジャングルファティーグジャケット3rdモデルのディテールを見ていきます。まずはこのカモフラ柄ですが、正式名称はERDLパターン(アメリカ陸軍の技術研究開発試験所の頭文字)で通称グリーンリーフと呼ばれています。

このグリーンリーフ柄はジャングルファティーグの3rdモデルと4thモデルに採用されており、ベトナム戦争でアメリカ陸軍が着用していました。そしてジャングルファティーグの後継モデルであるBDUに切り替わる際にウッドランド柄に変更されております。

またパーツを見ていくと2ndモデルまで付いていた肩のエポレットやサイドアジャスターは省略されており、見た目はスッキリとした印象です。更にボタンは3rdモデルではツヤ有りとツヤ無しが混在しますが、この個体はツヤ有りのボタンが付いていました(画像下)。

 

 

 

 

 

そして3rdモデル最大の特徴が、このノンリップストップ生地になります。実は3rdモデルと4thモデルのディテールはほとんど同じですが、4thモデルから格子状のナイロンを織り込んだリップストップ生地が採用されるようになりました。

ご存知の通りジャングルファティーグは亜熱帯地域で戦う為に作られているので、涼しくて乾きやすいコットン100%のポプリン生地が使われています。これは1stモデル〜4thモデルまで共通しており、コットンならではのエイジングが楽しめます。

しかしヴィンテージミリタリー愛好家の中では4thモデルはレギュラー古着扱いで、これはグリーンリーフでも同じです。しかしノンリップのグリーンリーフは1967年の1年間しか作られなかったレアモデルなので、普通の古着屋で見つかることはほぼ不可能でしょう。

 

 

 

 

 

カモフラ柄を活かしたアメカジオヤジコーデ

このクセの強いグリーンリーフのカモフラジャケットですが、アメカジオヤジの筆者であれば極シンプルに着こなしたいです。ただでさえカモフラ柄のインパクトが強いので、他のアイテムは全て無地で揃えた方がバランスが取れると思います。

とは言え通常のジャングルファティーグ無地バージョンの方が圧倒的に着こなしやすいのは言うまでもありません。画像上を見比べれば分かる通り、カモフラの方がラギッド感が強いのでコテコテのアメカジに見えてしまいます。。

なので合わせるパンツもデニムよりウールスラックスのようなドレス感のあるアイテムにした方が、カモフラのラギッド感が中和されると感じました。またバッグもキャンバストートよりレザートートの方が相性が良さそうです。

 

 

 

 

 

実際にウールスラックスとレザートートバッグを合わせてコーデを組んでみましたが、予想通りカモフラジャケットのラギッド感が薄まりました。ちなみにコーデで使用しているバッグは、クラシコイタリアファッション時代に流行ったCiseiです(懐かしい!)。

約9年前に購入し数年間ヘビロテで使用していましたが、アメカジ古着に戻ってからほぼ出番がありませんでした。しかし改めて見てみると、シンプルなトートのデザインと上質なシボ革が大人のアメカジコーデを上品に纏めてくれることが判明しました。

また今回はコスプレばりにタイドアップしていますが笑、カモフラジャケットに合わせるなら柄の入ったタイより無地のタイの方がスッキリ見えると感じました。ドレススタイルでも同様に柄×柄のコーデは難易度がめちゃくちゃ上がりますからね😅

 

 

 

 

 

 

 

グリーンリーフ柄のファティーグJKTまとめ

と言うことで今回は若者に人気のUS ARMYジャングルファティーグジャケット、3rdモデルのリーフカモについて書いてきました。改めて着てみるとラギッド感がとても強く、着こなしの難易度が高いアイテムだと感じました。

私は既にセージグリーンを2着所有している為、新鮮さが欲しくてリーフカモを購入しましたが、もしジャングルファティーグを初めて購入するならセージグリーンから手を出すことをオススメします!やはりサラッと羽織るだけで洒落て見えるのはセージグリーンの魅力ですからね。

事実カモフラを購入して1年経ちましたが、しょっちゅう着ているセージグリーンに比べてカモフラの着用回数は数える程度です笑。それだけカモフラ柄のミリタリージャケットは着るのに気合がいる難易度の高いアイテムなので、残念ながら万人にオススメできません、以上です😂

 

 

カテゴリー
アウター
スポンサーリンク
masagoniaをフォローする
クラシコブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました