スポンサーリンク

実店舗でのショッピング復活!そして戦利品3点

古着屋巡り

まずはリニューアルしたラシックへ

かれこれ2ヵ月以上ぶりでしょうか、街へ繰り出すのは。やっとコロナ自粛が明けたので、「ニューノーマル」と呼ばれる新たな生活習慣で日常を取り戻すべく、私も実店舗でのショッピングを開始しました。

現在私は職場のある名古屋に居るので、まず訪問したのは名古屋を代表するショッピング街である「栄」です。久しぶりに来ましたが、相変わらず老若男女多くの人で賑わってます。

私のお目当てはリニューアルしたラシックという三越が経営する商業施設。今までPARCOに入っていたビームスがラシックに移転してきたので、現在ユナイテッドアローズ、ロンハーマン、トゥモローランドetc…と人気のセレクトショップが大集合してます!

 

 

 

 

UA別注ビルケンシュトック

以前「春夏に履きたいサンドスエードの靴、購入候補4選」という記事を書きましたが、ラシックではその内3つの靴をチェックできます。

まずはユナイテッドアローズ(以下UA)からお邪魔してきましたが、お目当てはもちろんUA別注ビルケンシュトックの「シエナ」。クロスしたストラップのデザインとトープと呼ばれるサンドカラーのスエードが相まって夏らしい一足です。

しかし、意図して大きな作りに別注したシルバーバックルが如何せん私にはデカすぎる(笑)。しかもピカピカに光るので良くも悪くもバックルが目立ちます。やはりインターネットの画像と実物では印象が大きく乖離することがあると改めて実感しました。

余談ですがこのシエナ、私のような古着好きのオッサンには似合いませんが、今風の若者であればカッコよく履きこなせる一足だと思います、補足まで🙏

 

 

 

 

ビームスで気になる2足をチェック

続いて向かったのはPARCOから移転してきたビームス。以前と同じようにカジュアルコーナーとドレスコーナーが分かれており、私が狙っているサンダルとエスパドリーユはもちろんドレスコーナーに置いてました。

ちょうど私がお邪魔した時はドレスコーナーにスタッフが居なかったので試着は出来なかったけど、その分ブツをじっくりとチェックしたので良しとします(笑)

ビームスのカタログ「MR.BEAMS」で要チェックしてましたが、やはり冊子と実物では印象が全然違いますね…。これはインターネットでチェックした時と同じ現象で、やはり買い物は実店舗に限ります!

 

 

 

 

私が狙っていたのはドン キーショスのエスパドリーユとペネロペのスエードサンダル。もちろんどちらもサンドカラー狙いです。それにしても上記の靴はハンドメイドで作られているのに非常に良心的な価格設定になってます。

またドン キーショスのスエードは非常に薄くて柔らかい肌触りの良い革を使っており、キメの細かい仕上げと相まって大人っぽい顔立ちをしてます。ペネロペのスエードは…普通かな?(笑)

どちらにしても両者はエスパドリーユ風スニーカーの代名詞ブランド「リヴィエラ」よりスエードを使っているだけあって高級感があります。また値段もリヴィエラと変わらないのでオススメです。

 

 

 

 

残念ながら試着は出来なかったので、足元に置いて当日履いていったビルケンシュトック「チューリッヒ」と比較してみました。

足の形のまんまなデザインのビルケンに比べるとペネロペは靴らしく先細りしたラストを使ってるのが分かります。また色目もチューリッヒの「ミンク」と呼ばれるブラウンに比べると明るいベージュなので、非常に夏っぽい雰囲気なのが魅力的です。

これからの季節に大活躍すること間違いなしの2足を実物チェックできて良かったけど、何故スタッフさんを探して試着しなかったのか…。今ブログを書きながら後悔してます(笑)

 

 

 

 

 

 

やっと行けた!大須の古着屋巡り

名古屋の方はご存知かと思いますが、PARCOやラシックがある栄と古着屋が多く集まる大須は歩いていける距離なので、時間があれば1日でセレクトショップ〜古着屋まで見て周ることができます。

相変わらず店舗名を出したがらない古着屋を中心にお邪魔してきたので店名は今回も伏せますが、やっぱり古着こそ実店舗で見て試着して買うのが一番だと心底感じました。

今回の記事の題名に「戦利品3点」と書きましたが、先に答えると全て古着です。しかも狙ってもなかったアイテムばかり(笑)。実店舗の古着屋での買い物は思いもよらない未知との遭遇があるのも魅力の一つ。こればかりはネットショッピングでは味わえません。

ではここからはそれぞれの古着屋で購入した戦利品3点をご紹介します。

 

 

 

 

80s フルーツオブザルームのポケT

戦利品3点の一発目は80s フルーツオブザルームのポケットTシャツ。私が一番気に入っている古着屋で購入しましたが、オーナーに薦められるまで完全にノーマークなアイテムでした。

ヴィンテージTシャツはチャンピオンの88/12(通称ワンツー)無地ボディしかチェックしておらず、ポケットTシャツは現行のチャンピオンしか着ない謎の「チャンピオン縛り」をする程、チャンピオンが好きな私(笑)

フルーツオブザルームと言えば、裏原ブームの頃プリントTシャツのベースに使われてたイメージしかなく、無地Tシャツとして着ようとは全く考えてなかったです。しかもポケTが存在することすら知りませんでした。

 

 

 

 


右:80sのサイズL
左:90sのサイズM

このフルーツのポケTは年代によってタグのイラストやリブの太さが違うようで、80sより90sの方が太いリブになってます(写真上)。

更にシルエットも違い、80sより90sの方がゆったりしてます。実はサイズMの90sよりサイズLの80sの方がタイトフィットでした。こればかりは試着してみないと分からないので、やはり実店舗での買い物はミスが少なくて済みます!

結局私好みのタイトフィットだった80sのLサイズを購入しました。またサイズ感だけでなく90sの太リブもあまり好みではなかったし、より古い方を選ぶという「古着好きあるある」に則りました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ヴィンテージバンダナ(アトミック柄)

続いての捕獲したのは、当ブログで人気のない記事トップ3に入るヴィンテージのバンダナです(笑)

コロナ自粛中もヤフオクで4枚購入してますが、古着屋のバンダナコーナーで掘り出す方が何倍も楽しいですし、まさに「掘り出し物」と呼べる格安な個体に出会えることもあります。

今回は古着屋Feeetのバンダナコーナーで掘ってたところ、スタッフさんが奥から大量にバンダナを持ってきてくれました。こう言う「お・も・て・な・し」に弱いんですよ、私😅

 

古着 通販 | ヴィンテージ 古着屋 Feeet 名古屋 大須 メンズ
古着屋Feeetの古着通販サイトです。主にアメリカから買い付けた古着を販売しております。ヴィンテージ、レギュラー問わず常に古着の持ち味、古着にしかない味わい等を考慮した商品を提供する様に心掛けています。

 

 

 

 

 

そのFeeetのバンダナコーナーの中に、私が探していたアトミック柄(ライトニング柄)のバンダナがなんと1,000円で置いてあるじゃないですか!

発見した瞬間にモチのロンで即決購入しました。このアトミック柄の相場は2,000円前後なので非常にお買い得でしたが、こういう出会いはネット通販では中々ありません。

ちなみにヴィンテージバンダナの柄について色々知りたければ、最近instagramで発見したn.woods0419さんのpostが大変勉強になるので、もしご興味のある方は是非ご覧ください!

 

Nobuyoshi HAYASHI (@n.woods0419) • Instagram photos and videos
1,213 Followers, 669 Following, 648 Posts - See Instagram photos and videos from Nobuyoshi HAYASHI (@n.woods0419)

 

 

 

 

 

ラルフローレンのオープンカラーシャツ

最後の戦利品はラルフローレンのオープンカラー半袖シャツ。しかも1990年代に展開した「ビッグポロ」と同じように胸にポケットが付いて裾にポニーのロゴが入るタイプです(写真下)。

オープンカラーの半袖シャツを探し始めたキッカケは、会社の後輩(30歳)が昨年の社員旅行で着ていたのを見て「今風でカッコいいな」と思ったから。良いと思ったアイテムは後輩からでもすぐにパクって取り入れますから(笑)

こちらの古着屋ではラルフローレンのオープンカラーシャツを5枚ほど陳列しており、私好みの色とサイズが揃った個体を購入しました。このオープンカラーシャツに関しては次回の記事で書く予定なので、詳細は今しばらくお待ちください🙇🏻‍♂️

実はこの古着屋では以前LLビーンのロング丈スプリングコートを購入してますが、いつもながらセンスの良い陳列と商品数を抑えて厳選されたアイテムに物欲がそそられてしまいます。

 

 

 

 

 

 

実店舗でのショッピング復活まとめ

と言うことで約2カ月以上ぶりに実店舗でのショッピングをしてきましたが、STAY HOME週間で巣篭もり消費することで改めてお店で買い物する楽しさを感じることが出来ました!

またセレクトショップも夏に向けて欲しくなる商品を多く展開してるので、「ネットで見たのとイメージが違う」なんてことにならないよう、店舗で実物をしっかりチェックした上で購入したいところです。

そして国から貰った特別定額給付金は貯金などせず、大好きなアパレル業界の景気を回すべく全額を洋服関連に使っていこうと考えてます。頑張れ、アパレル業界!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました