スポンサーリンク

気になるドメブラその②ウエアハウス ダックディガー DD-1001XX

パンツ

何故か読者からご要望の多い「気になるドメブラ」シリーズ。

これは、「次にどこの国産デニムブランドを穿きたいか?」と言う完全に私の個人的意見を述べるだけのコーナー(笑)

そこでご要望にお応えし、次に狙っているデニムブランドをご紹介。

まぁ、題名読めばすぐに答えが分かるんですけどね😅

ちなみに、「気になるドメブラその①」はこちら→https://masagonia.com/archives/気になるドメブラデニムその①-one-piece-of-rock(ワンピース.html

 

 

1年穿き込んだフルカウント1101

その前に、昨年11月に購入して丸1年穿き込んだフルカウント1101の結果から。

20年ぶりにフルカウントのデニムを育ててみましたが、非常に柔らかくて穿きやすい印象は昔と同じ!

ただし、柔らかさの代償として生地が伸びやすいので、数回穿いた後はベルトをしないと同じウエストの位置をキープ出来ません…

まぁ、ベルトすれば良いだけの話なんですけどね😅

 

 

1年間、土日だけの穿き込みではアーキュエイトステッチが解けるレベルに至らず。

レザーパッチもほぼ変化なし、赤タブも全く丸まりません。

あと、膝下が完全なストレートシルエットなので、コーディネートが意外に難しい😂

一歩間違えると、ただのダサいオッサンに見えますから(笑)

こちら、アーキュエイステッチ&赤タブ仕様の生産終了モデルと言うこともあるので、無理して穿き込まず引退してタンスで眠ってもらいます💤

 

ヴィンテージにしか見えない革パッチ


ウエアハウスのinstagramより

実は私、ウエアハウスに縁が無かったんです…

私の友人トモさんが購入したので「2ND HAND」シリーズがあること位は知ってましたが💦
http://tokyogents.main.jp/

そんな中、Instagramでヤバい写真を発見📸

それがDUCK DIGGER(以下DD)シリーズの1001XXだった訳です👖

とにかく目を引いたのが、ヴィンテージにしか見えない革パッチの再現性!

新品の状態でこの雰囲気ですから、更に穿き込んでいくと…

 

赤タブも丸まりヴィンテージを再現



ウエアハウスHPより

えっ、これヴィンテージですよね?」ってなレベルで再現されてます😳

DDシリーズの赤タブはレーヨン製なので、新品時に付いている閂止めを外せばヴィンテージのリーバイス同様に丸まります!

ビーフジャーキーに近い雰囲気の革パッチや丸まった赤タブ等、細部に至るまでヴィンテージを再現してくるウエアハウスの姿勢に、多くのファンがついているのも納得です😌

またDDシリーズに使用されている通称「バナーデニム」は13.5ozと比較的ライトオンスなので、フルカウント同様に穿きやすそう。

逆に伸びることを想定して、キツめのフィット感で選びたいです。

 

今回はシルエット重視でチョイスしたい


ウエアハウスHPより

このDDシリーズ、定番は1001の1947モデルなんですが、1951モデルの方が腰回りがタイトで膝下も軽くテーパードしているらしい。

確かに47モデルは我々ヴィンテージデニム好きにとって憧れの存在ですが、実際に穿くのであればシルエットが現代的にアップデートされたモデルの方が良いかな、と🤔

ただでさえ、真っ紺のデニムをオシャレに穿きこなすのって難しいですからね💦

まぁ、シルエットだけで選ぶとなると、やはりあのブランドは避けて通れないんでしょうが…

それはまたの機会に👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました