スポンサーリンク

気になるドメブラデニムその① ONE PIECE OF ROCK(ワンピース オブ ロック)

ドメスティックブランド

気になるドメブラデニム

「ドメブラデニム記事を読みたい」と言うコメントを複数いただいたので、昔アメブロで書いた記事を再掲載…

の予定でしたが、今気になるデニムブランドが当時と変わってしまったので、一から書き直しです笑

第一弾はONE PIECE OF ROCK(ワンピース オブ ロック)から。

ちなみにドメブラとは、ドメスティックブランドの略称で、俗に言う国内ブランドって意味です。

 

原宿のブライスランズオリジナル

※BRYCELANDSのInstagramより

ONE PIECE OF ROCKを知ったキッカケになったのが、原宿にあるセレクトショップBRYCELANDS(ブライスランズ)のオリジナルデニム。

ブライスランズは皆さんご存知の通り、イタリアのテーラーとアメリカのヴィンテージを融合させた独自の世界観を持つセレクトショップ。

オーナーのイーサン氏は元々EVISジーンズで働かれてたそうで、デニムに対する知識や拘りもハンパじゃない💦

 

 

※BRYCELANDSのinstagramより

そんなイーサン氏がオリジナルデニムの作製を依頼しているのがCONNERS SEWING FACTORY(コナーズソーイングファクトリー)、略してCSF。

無骨でパイプドステムなシルエットは1946〜47年モデルのリーバイス501XXを踏襲したドカンストレート👖

また当時のXXの雰囲気を再現したザラつき感のある素晴らしい色落ちに、instagramで見つけた瞬間一目惚れ😻

そうなると、製作元であるCSFのデニムも気になるってものです。

※ 現在ブライスランズ製のデニムはCSF製ではありません。日本国内の製作で、シルエットを一新し新たに作った13.5ozデニムを使用していて、ねじれの凄いオリジナルニュークラシックモデルデニム製品となります。

 

 

コナーズソーイングファクトリー

※CSFのHPより

滋賀県に工場を構えるコーナーズソーイングファクトリーですが、とにかく拘りがハンパではない!

併設してるアメカジショップ「FORTY NINERS」のオーナー小中儀明氏が1910〜40年代のヴィンテージミシン8種類を使い分け、お一人で全ての作業を行い製作されてます。

デニム生地はヴィンテージの501XXを糸から解析して造られた、デニムの名産地「岡山」で織られたオリジナル生地を使用。

 

 

ONE PIECE OF ROCKのデニム

※FORTY NINERSのinstagramより

で、ONE PIECE OF ROCKのデニムでマスターピースなのが、画像のS409XXXというモデル。

またS409XXXの中で大戦モデルや通称47モデル等に細分化されており、1940年代のリーバイスを当時のヴィンテージミシンで縫製し再現されてます!

既にデニムマニアの間ではクチコミで超絶人気となっている上、1ヶ月の生産数も150本と少ない為、現在店頭ですぐに買うことは不可能なんです💦

ちなみにその人気ぶりは、あのヴィンテージコレクター・草薙剛氏も愛車「シボレーC10」で滋賀まで駆けつけるほど😳

 

 

FORTY NINERSのinstagramより

当初はブライスランズ仕様のCSF製デニムが欲しかったのですが、調べれば調べるほど「滋賀のFORTY NINERSまで行ってS409XXXを買いたい」という欲求が湧いてきちゃいます💨

ちなみに購入までのスキームは、まず滋賀にあるFORTYNINERSの店舗で予約→半年待ち→引き取りの流れ。

また一本ずつ小中氏直筆サインとロットナンバーがスタンプされてますので、まさに自分だけの一本が手に入ります!

※Sシリーズではない407XXと409XXは通販可能デニム製品となります。

 

 

CSFデニムの素晴らしい色落ち

FORTY NINERSのinstagramより

それにしても素晴らしい色落ち✨

大戦モデルは13.5オンス、47モデル・54モデルは16オンスとモデルによって生地を変えており、よりリアルに再現する拘りを感じます。

ちなみに、私は最近RRLのヘビーオンスとフルカウントのライトオンスを穿き込んだ経験から、個人的な好みはライトオンスだったりします👌

今履いてるフルカウント1101の履き込みが完了する前に、一度滋賀まで行って注文するか迷いどころです💦

以上、気になるドメブラデニムその① ONE PIECE OF ROCK(ワンピース オブ ロック)でした〜。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました