スポンサーリンク

爆買王と逝く夏の古着屋ツアー【前半】

古着屋巡り

爆買王、急遽名古屋入りする

ある日突然、「西の爆買王」ことナカジー氏より時計について相談のLINEが入りました。どうやら特別定額給付金を景気回復に回したい様子だったので、日本経済回復の為にナカジー氏の背中を思いっきり押してみました🖐

すると「じゃあ名古屋に行きます!」といきなり来ることになりました。でもせっかく来てくれるのなら、古着仲間のオルネカルネさんも呼んで3人で古着屋ツアーも兼ねて時計を見に行くことに。

我々3人は確か5歳ずつ歳が離れていますが(ちなみに私が最年長)、共通の趣味である「ヴィンテージ古着」で繋がっているので会話が途切れることはありません。

この歳になると古くからの仲間も良いですが、同じ趣味を持った仲間だと自然に会話が弾むので一緒にいて居心地が良いなと感じています。まぁ、おじいさんの釣り仲間みたいな感じかな(笑)

 

昭和最終世代
愛用品を紹介します

 

 

 

 

 

馴染みの古着が50%OFFセールを敢行

まずは爆買王が2回の買い物で約○○万円落としている私の馴染みの古着屋へ。オーナー曰く「ブログで紹介しないでとは言っていない」らしいですが、敢えて店名は明かしません(笑)

とは言え当ブログを見て来たお客さんもいるそうで、読者さんの嗅覚の鋭さには参ります。写真上は50%OFFセールをして数日後に訪問した様子ですが、先月置いてあったアイテムが根こそぎ持ってかれるじゃないですか!

オーナー曰くほとんどは常連さんが買っていったらしいですが、それだけ多くのお客さんが付いてるのはオーナーのお人柄があっての話。それでは我ら三人衆も残飯にありつきますぞ。

 

 

 

 

80sのUSA製Tシャツに注目!

写真の通り棚は既にガラガラ…。その中で真剣に残飯を漁る2人の様子をコソッと撮影しました(笑)。

こちらの古着屋はコンディション重視で買い付けているので、残飯と言えど素晴らしい個体ばかり。なので私もなんだかんだ3点も購入しちゃいました。

 

 

 

 

そして各々試着します、試着しまくりです。上から私が80sヘインズのポケットT、ナカジー氏のチャンピオンYALEプリントT、オルネカルネさんのラッセル無地Tと三者三様。

これ、ビックリ価格の2,000円前後ですからね! そこでオルネカルネさんが放った言葉が「駄菓子を買う感覚」という的を得たワード。オーナーも「二度と50%OFFセールはやらない」と断言してたので、良い機会に訪問できてラッキーでした。

結局3人ともこのTシャツが気に入ったので速攻でお買い上げ。ここで買い物は終わらず更に掘っていくと、久しぶりに珍しいアイテムと遭遇。それは…

 

 

 

 

 

 

60s ヘルスニット コットンパーカー

1990年代に古着屋で良く見かけたコットン100%のフルジップパーカーですが、最近はあまり見かけなくなりました。しかもこの個体は60〜70sのフルーツオブザルーム製で襟タグは完全に残っている上に裏地はサーマルとヴィンテージスウェット好きには堪らない仕様。

残念ながらセットインスリーブや裾のリブは4本針ではなく巻き縫い仕様だし、ポケットもセパレートではないのでヴィンテージの味わいが少ないですが、今の時代コットン100%ってだけでも十分に価値があると思います。

実は20年以上昔の学生時代、デニムよりスウェットにハマっていたのでディテールに拘ってましたが、今ではコットン100%の生地とコンディションを重視するようになりました。

そもそもスウェットが似合わない私ですが、その上でいい大人がボロいスウェット着たら目も当てられないですからね…。実はこのパーカー、フェードした赤色が気に入って買ってみたものの、どんなスタイルで着るのかは不明だったりします(笑)

 

 

 

 

どこのブランドのスウェットか忘れましたが、「駄菓子買い」でネイビースウェットも購入したオルネカルネさんとスウェットコンビの2ショット。そのうち彼のブログで紹介されるでしょう。

クルーネックの方がニット感覚で使えるので、インナー使いや単品使いなど幅広く活躍できそうです。しかし私は現在、何故かパーカーに魅了されており、着るのか分からないけど買っちゃってます😅

おそらく20年以上振りにパーカーを試着したらとても新鮮だったので一時的にハマってるだけかもしれませんが…。しかし相場が安定しているアメリカのヴィンテージ古着は飽きたら買い値に近い金額で売れるのが嬉しいポイント。安心してチャレンジできます!

 

 

 

 

デッドストックの80sフルーツTシャツ

それじゃ、そろそろお会計を…と思ってレジ近くの棚を覗いてみると、大量に無地Tシャツが並べてあるじゃないですか。

実は昨年からチャンピオンT1011の白Tシャツばかり着てたら飽きてしまい、ちょうど白以外の無地Tシャツが気になってました。

と言うことで上段のカーキカラーの無地Tシャツを試着すると、そこに乗っかってきたのが西の爆買王。結局2人で一緒に試着することに(笑)

 

 

 

 

もはや謎のペアルック(笑)。2人ともサイズSを着ていますが、ナカジー氏はかなりタイトだったらしく、デッドストックの縮みを考慮してこの後サイズMに変更してご購入。

私はと言うと、Tシャツだけはジャストサイズしか着たくない(似合わない)ので、いつも通り身体のラインが出るフィッティングのサイズをチョイス。デッドストックなので縮みが多少心配ですが、身幅は大して縮まないかなと。

またオーナーは私の好みを理解しているので、どのサイズが良いかアドバイスをくれるのも行きつけのショップの良いところ。ちなみにこの日穿いてるデニムはヒゲ落ちのリーバイス501ブラック後染め。このパンツについては改めて記事にします。

 

 

 

 

 

 

ランチは名古屋メシの代表格「味仙」


https://www.family.co.jp/company/news_releases/2014

よく考えてみてら、ナカジー氏は名古屋に3回も来てるのに一度も名古屋名物を堪能してもらってなかったことが判明、そして反省…🙇🏻‍♂️

そこで今回はランチに名古屋メシの代名詞的存在、味仙の台湾ラーメンを食べてもらいました。この日もほぼ満席とコロナがあっても人気の高いお店です!

グルメブロガーではないので味については一切紹介しませんが(笑)、とにかく美味しかったと喜んでもらえたみたいなので良かったです。

 

 

 

 

爆買王と逝く古着屋ツアー前編まとめ

と言うわけで前編はたった一店舗の古着屋での買い物紹介だけに留まりましたが、それでも3人で7点購入してますから驚きです(笑)

逆に言えばそれだけお買い得だったってことです。ちなみに私の買い物(写真左)は3点で11,000円と破格だったことだけはお伝えしておきます。まぁ二度とこんな激安で買える機会はないでしょうね😅

次回の後編では爆買王の真の狙いである時計と、激レアなミリタリーアイテムとの遭遇についてお届けします。後編でも爆買王につられて私まで散財してしまうことになるなんて…。

カテゴリー
古着屋巡り
スポンサーリンク
masagoniaをフォローする
クラシコブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました