スポンサーリンク

愛し続けるアウター、M65 フィールドジャケット

アウター

今回は1年前に書いた記事の再編集モノを✒️

ちなみにライブドアで書いた記事は全部こちらに引っ越ししないので、読みたい方は以下のリンクからどうぞ。

ほぼアメカジなオヤジブログ
この度、2019年に長年書き続けてきたアメブロから引越してきました。 引き続き、良い物をメンテナンスしながら長く使い続けていく事がメインテーマ。 ファッションとしては「色気のあるイタリア人のアメカジスタイル」をイメージして、大人(おっさん)が着ても子供っぽくならないスタイルを追求していきます。

 

 

エイジングできるアウター

普段仕事の日は営業車で移動している為、冬でもほぼアウター要らずの私。

そんな古着好きの私がON/OFF兼用で愛用するアウターの条件は、基本エイジング(味出し)が楽しめるのが大前提。

そうなると、オイルドコットンのエイジングが楽しめるバブアーかミリタリー物になってきます。

その中で私がとても気に入っているのが、1970年代製のUS ARMYオリジナル M-65フィールドジャケット。

個人的には、M-65ほどオトコ臭くラギッドでありながら、キレイ目なスタイルにも合うアウターはないかと。

 

 

 

イタリアオヤジ、リーノさんが火付け役

そもそも2000年代中頃までは、今のようにSNSが流行ってなかったので、雑誌やショップスタッフさんの情報がメインの時代。

そんな当時、クラシコイタリア系ファッションもしくはイタリア現地の洒落者の着こなしを知るには、雑誌レオンを読むのが一番参考になりました。

写真上がその頃のレオンで、アル・バザールのオーナー、リーノ氏が特集された号のもの📸

今現在、氏のスタイルはダブルのスーツに「7」の刺繍が入ったタイの組み合わせばかりで、本当にイケてるのか不明ですが(笑)、当時のリーノ氏の着こなしは垂涎ものでした!

かく言う私もこの一枚の写真に多大な影響を受け、今でもM-65を愛し続けてしまってます😍

 

 

 

イタリアブランドのM65

ただし、当時はUS ARMYオリジナルの本チャン物M-65ではなく、イタリアブランドのM-65が良しとされてました。

その中でもアルベルト アスペジ(現アスペジ )のM-65が現地イタリアでもスタンダードとされていたようですが、当時アスペジを取り扱っていたのはバーニーズNYかビームスFくらい…

しかもイタリアブランドでありながらMADE IN CHINAで、しかも8万円を超えるプライスに躊躇😅

しかし、イタリア現地の風を感じたく大枚をはたいたのを思い出します💸

その分、毎年冬にはスーツやジャケパンの上に着て大活躍したので元は取れたのかな、と。

 

 

 

特にネイビーカラーが使いやすく、スーツにも違和感なく合わせられ、大変重宝しました。

たまに「現場の作業着みたい」と揶揄されたこともありましたけどね(笑)

最近は古着アメカジスタイルに戻った為、US ARMYオリジナルのM-65ばかり着てますが、当時頑張って探した強い想いがある為、あまり着なくなった今も手放してません!

 

 

 

M65コーディネート

ニット:DREW&CO
シャツ:70sブルーベル(ラングラー)
パンツ:ビームス別注ジャブス
靴:UA別注オールデン
ストール:ARIANNA(アリアンナ)
グローブ:restelli(レステリ)

全身をキレイ目アイテムでまとめても、軍モノのM-65が入るだけで男臭さとラギッド感が違和感なく足されます!

しかも特別人気があるアイテムではないので、ヴィンテージと呼ばれる70sシルバージップの2ndモデルでも1万円台で買えます👌

ただしサイジングに関してはアメリカ人向けの大きめな作りなので、178cm/70kgの私でSサイズがジャスト。

小柄な方にはXSをオススメします。

 

 

 

ちなみにスーツに合わせると、踊る大捜査線の青島っぽくなってしまうので注意が必要(笑)

やはりスーツにはアスペジのナイロン製M-65の方が違和感なく合わせられますね。

本チャンものと比べることで、イタリアブランドが作るM65がONスタイルで着ることを意識しているのが良く分かります!

 

 

 

今や全く流行ってもないし、街中でも目にしないM-65 フィールドジャケット。

逆に流行りに関係なく着続けることで、自身のアイコンとして定着していくような気がします。

そう、イタリアのファッショニスタ、マルコ ザンバルド氏のように、私もM65を愛し続けます!

 

 

カテゴリー
アウター
スポンサーリンク
masagoniaをフォローする
クラシコブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました