スポンサーリンク

色落ちが早い!ウエアハウスのバナーデニム、DD-1101(1967 MODEL)4ヶ月目

パンツ

想像以上の色落ちスピード


右:着用4ヶ月のウエアハウス
左:着用13ヶ月のフルカウント

コロナ禍が始まる3月末に購入した、私のウエアハウスDD-1101(1967モデル)ですが、恐ろしいスピードで色落ちが進行しております…。

確かに自宅待機でコロナ自粛中の間、ほとんどの時間をコイツと過ごしてきましたが、まさかたった4ヶ月という短期間でここまで色落ちするとは、正直驚きを隠せません💦

写真上は洗濯前のDD-1101の姿ですが、私見では1年3ヶ月穿き込んだフルカウント1101の色具合にかなり近づいてきてます。それでは、ここまでハイスピードで色落ちした洗濯方法や乾燥方法についてお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

洗濯ペースと洗濯方法について

よくレプリカデニム好きの間ではデニムを下ろしてから半年間は洗わないのが定番になってますが、40代半ばの私には衛生的にとても我慢できなくて…(笑)

そもそも戦前に炭鉱で働いていたアメリカ人はデニムを洗えない環境にいたので理解できますが、60sに入ったアメリカ人は普通に洗濯機で洗っていたのではないか?

しかもテキトーかつ大らかなアメリカ人のこと、表向きのまま他の衣類と一緒に洗濯機にぶっ込んでいたとリゾルトの林氏が推察されています。

なので私も、週に一回は他の衣類と一緒に表向きのまま、普通の洋服洗剤&柔軟剤を使って洗濯してました。これは前に穿いていたフルカウントの時も同じように扱ってました。

 

 

 

 

乾燥機のお金がもったいなくて…

リアルアメリカンなライフスタイルから生み出される色落ちを追求するのであれば、必須となるのがコインランドリーのガス式乾燥機を使った乾燥法になるかと思います。それこそがリゾルト方式と呼ばれるメンテナンス方法になります。

しかし毎回300〜400円を使うのが惜しくて、結局自然乾燥の天日干しになってしまいます。私は週一回のペースで洗っているので、毎回コインランドリーを使っていたら乾燥機代がバカになりません💸

さらに言うと、私はデニムに関しては乾燥機後のフワッとした仕上がりより自然乾燥のバリっとした仕上がりの方が好みなのもあって、よりコインランドリーに行かなくなっているのもあります。

あと「何故週一ペースで洗うのか?」の理由ですが、ただ単純に汚いから(笑)。だって7日も穿き続けた衣類って汗とか皮脂汚れで菌まみれになってるから。しかもコロナ禍の中、最低限のお出掛け(スーパー等)にお出掛けしかしてなくても、気分的に洗いたくなります。

 

 

 

 

4ヶ月穿き込んだ私のDD-1101

これが洗濯後の4ヶ月しか穿いてないウエアハウスDD1101の色落ちになります。たった4ヶ月でこの色落ちですよ?早すぎないですか、良い意味で。

4ヶ月で週一ペースで洗ったと言うことは、月4週と考えて4×4=16回ですが、最初の1ヶ月は1回しか洗ってないので−3回で13回洗ったことになります。

ここで気付いたのは、シルエットが太めなので腰周りのヒゲの入りが弱いこと…。更に太もも辺りやヒップの色落ちは良いのですが、表向きのまま洗っているので普段擦れない箇所も含めて全体的に色落ちが進行してます。

またヒゲがあまり入らないだけでなく、更に難易度の高いハチノスなんかはほとんど入ってません。ここからはメリハリのある色落ちを狙って洗濯ペースの間隔を長くするか非常に迷います…。だって汚いのが嫌なんだもん😂

 

 

 

 

新品時のDD1101と比較してみる

購入後1ヶ月経った時に記事を書きましたが、その時はロールアップしないと断言していたクセに結局ちょいロールアップしてることはスルーしてください🙇🏻‍♂️

私がロールアップせずにそのまま穿くと、結局ただのダサいオッサンにしか見えなかったから…。ってか、そんな事はどうでもよくて、早速色落ち具合を見ていきましょう。

もはや別物と言っても過言ではなく、リジッド時代の雰囲気はどこにも見当たりません。まだ4ヶ月しか穿いてませんが、既に1年近く穿いた色落ちに成長してます。

また見た目のシルエットは生地に硬さがなくなったので、ヒップ周りがストンと落ちるようになりました。しかし1967MODELのややボンタンみたいなシルエットは基本的に変わりません。

 

 

 

 

色落ちの早いバナーデニムのまとめ

まさか、たった4ヶ月でここまで成長するとは想像してなかったので少々戸惑ってますが、このままのペースで洗い続けてリゾルト系の色落ちを目指すか、それとも洗わずに粘って穿き続けてメリハリのある色落ちを目指すか、迷いどころではあります💦

しかしバナーデニムは生地のポテンシャルが高いので、どちらの方法を選択しても良い色落ちになりそうな予感がします。次は購入から半年後のDD1101をレビューをする予定ですが、更に成長したバナーデニムの姿を楽しみにしていてください!

最後にこの4ヶ月で13回洗濯してハイスピードで成長したバナーデニムは、早く変化を味わいたいせっかちな方にオススメのデニムです。逆にリジッドの状態をなるべくキープしたい方がバナーデニムを選んだ場合は、なるべく洗濯しないか裏返して手洗いした方が良いかと思います。

 

カテゴリー
パンツ
スポンサーリンク
masagoniaをフォローする
クラシコブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました