スポンサーリンク

あの有名な古着屋が群馬に?ジャンティーク内田商店へ突撃訪問

古着屋巡り

ただで帰らないのが古着マニアの性

11月のある週末、家族サービスで群馬にある華蔵寺公園遊園地へ行ってきました。この遊園地は70円で乗れるアトラクションが複数あり、コスパの高い遊園地として有名だったりします!

夕方になり「そろそろ帰るか」となったその時、せっかく群馬県伊勢崎市まで来たんだから古着屋でもないかなぁ〜と軽くググったところ、何故かジャンティークの文字が出てくるではないですか?

確かジャンティークは中目黒の古着屋だったはず…。そこで更にインターネットで調べてみると、どうやらオーナー内田氏が作った2号店ということが判明。家族には悪いけど、遊園地から40分かけてジャンティーク内田商店へ移動です(笑)

 

 

 

 

 

 

掘り出し物がありそうな外観

大きな国道沿いにある店舗に到着したのは16時頃でしたが、駐車場は満車状態と大人気!また倉庫(写真上)と店舗(写真下)が中で繋がった作りになっており、どちらからでも入れます。

このジャンティーク内田商店だけお洒落すぎて浮いているかと想像してましたが、この周辺にあるスタバやその他店舗も意外と(失礼w)洒落ており、高崎市のレベルの高さを感じます

遊園地で疲れ切った家族は車に残して、私一人ルンルン気分で店内に突入してきます。ただし許された時間は20分のみ…。果たして何かと出会えるのか?

 

JANTIQUES内田商店 (@jantiques_uchidasyouten) • Instagram photos and videos
6,787 Followers, 2 Following, 120 Posts - See Instagram photos and videos from JANTIQUES内田商店 (@jantiques_uchidasyouten)

 

 

 

 

 

店内は古着好きの若者でいっぱい!

先ずは倉庫の方からチェック。あまりにも広大かつ相当な物量に圧倒されちゃいました。倉庫ではヴィンテージ家具なんかも置いてあり、それらがセンス良く配置されてます。

衣類に関してはゴリゴリのヴィンテージウエアが置いてある訳ではなく、90sレギュラー商品が多く並んでます。しかし店内に溢れかえる若者にとっては90sもヴィンテージ古着みたいなもんですから😅

更に倉庫を奥へ進んでいくと、地上高4mはゆうにある棚が出現!この棚の商品は台に乗っかって全て見ることが出来るってんだからビックリです。実際ハシゴに登って見てる若者がいましたからね〜。

 

 

 

 

倉庫から古着屋の店舗へ移動すると、いかにもお宝が発見できそうな雰囲気ですが、こちらでも基本は90sレギュラー商品が中心。ゴリゴリのヴィンテージ好きなオッサンはあまり期待しない方がいいです(笑)

店内の雰囲気はどことなく原宿の遊歩道にあるサンタモニカに似てるなぁと思いましたが、やはりそこはバイヤーを務めていた内田氏の構想が働いているのでしょうね。

また衣類は大人向けだけでなく子供用コーナーも設けてあり、家族で古着を楽しめるコンセプトになっています。またヴィンテージのキーホルダーなど沢山陳列されていましたが、とにかく20分しか時間がないので今回はスルーですわ〜😭

 

 

 

 

ジャストサイズで即決した501赤耳

レギュラー古着が中心とはいえ、せっかく高崎市まで来たので軽く掘ってみることに。501レギュラーに関しては既に1ウォッシュの個体を捕獲しているので、このコーナーはサラッと見るだけに。

それにしても色の濃さに関係なく501レギュラーも1万円くらいするようになっちゃいましたね。馴染みの古着屋オーナー達も口を揃えて「USA製501すら出てこないよ」と嘆いていたもんね😅

そう考えると、昨年大宮にある伝説の古着屋「DUFF」にて7,800円で購入した501レギュラーはお買い得だったのかもしれません。安かったので気兼ねなくカットオフデニムにして楽しんじゃいましたが(笑)

レギュラーデニムコーナーが見終わり、おもむろにレジカウンター奥に目をやると数本だけデニムが置いてあるので見に行ってみると…

 

 

 

 

スカイブルーのように薄い501が置いてあるじゃないですか。値札タグをよく見てみると、どうやら80sの501赤耳モデルのようです。

私が所有するスカイブルーのデニムはカットオフした501レギュラーとボロボロをリペアした501bigEの2本。最近は雰囲気系デニムを穿く気分ではないので、もっぱらカットオフデニムばかり穿いてます👖

また完全に残ってる紙パッチの表記サイズはW31と私にピッタリなのもあって、ちょっと試着だけのつもりで穿かせてもらうと…

 

 

 

 

あぁ、やっぱり穿くんじゃなかった〜(笑)

これ完全に欲しくなるパターンじゃん…。この自然にフェードした雰囲気や赤耳特有のねじれは501レギュラーでは絶対に味わえないですから。更にジャストサイズなのも嬉しいじゃないの!

また66モデル以降の501はテーパードストレートのシルエットが本当に素晴らしく、この日穿いていったパラブーツBARTHとの好相性だったのは言うまでもありません。

お値段は22,000円(TAX込)と特にお買い得ではなかったのですが、わざわざジャストサイズで好みの色落ちをした赤耳を探す手間を考えてたら、気付いた時にはレジでお会計をしてました(笑)

 

 

 

 

ジャンティーク内田商店のまとめ

と言うことで家族を車で待たせている為、20分の短期決戦でリーバイス501赤耳を思わずゲットしてきました。もちろん嫁さんからは白い目で見られたのは言うまでもありません…😂

ジャンティーク内田商店はレギュラー古着を中心にヴィンテージ小物から家具まで幅広く取り扱っており、カップルで来ても家族で来ても楽しめる古着屋でした。

ただし車は必須の立地なので草津温泉や伊香保温泉、サファリパークなど群馬県に車で遊びに行った帰りに寄ることをオススメします。オーナーの内田氏もたまに顔を出されるみたいですよ!

次回かその次の記事でリーバイス501レギュラーと赤耳の違いについて比較していきたいと思います。私も両者を所有して改めて気付いた点もありますのでお楽しみに〜。

 

 

 

 

カテゴリー
古着屋巡り
スポンサーリンク
masagoniaをフォローする
クラシコブログ

コメント

  1. Explorer より:

    こんばんは。アイテム購入記、めっさ面白いですわー さらに家族を車で待たせているあたり、強烈なシンパシーを感じてしまいました。着こなしもイイですねー チープなアイテムも革靴で締めればグッと大人の着こなしになりますね!私は楽なのでついついスニーカーを履きがち、参考にさせていただきます✨✨

    • masagonia masagonia より:

      exploreさん、おはようございます。
      面白いってコメント、とても嬉しいです(^^)
      そしてブログを書くモチベーションが上がります!
      私も何足かスニーカーを買いましたが、結局履くのは革靴になっちゃいますね〜。
      何故ならオッサンはスニーカーより革靴の方が似合いますから(笑)

タイトルとURLをコピーしました