スポンサーリンク

名古屋のヴィンテージ古着屋Archaic(アーカイック)で購入したUSMC P-44HBTジャケット

トップス

人生で最もお金を使った大好きな古着屋

あれは遡ること2年前。ブログで初めて古着屋巡りツアーを開催した際に、初めてお会いしたオルネカルネさんに連れていってもらったヴィンテージ古着屋がArchaic(アーカイック)

当時私は一人で古着屋巡りをしてましたが、名古屋(大須エリア)のヴィンテージ古着を扱っている古着屋は超有名店のGREATとGREAT POWERとfeeetくらいしか知りませんでした。。

ちなみにアーカイックではコンディション重視のヴィンテージアイテムをアメリカから直接買い付けしており、入荷日は長蛇の列ができるほど古着愛好家に人気のお店だったんです!

 

 

 

 

 

初めてアーカイックに訪問した際、ヴィンテージデニムからヴィンテージミリタリーまで幅広くラインナップされているだけでなく、そのコンディションの良さに感動しました!

そして初訪問で70sリーバイスのスウェードジャケット(画像上)と80sLLビーンのトートバッグをダブル購入して以降1年半通い続け、気が付いたら私の人生で最もお金を使ったお気に入りの古着屋になってました😂

ず〜っとブログへの掲載を拒まれてましたが、さらば青春の光森田のYouTubeで取り上げられたのもあって、ようやくオーナーからお店の名前を出すお許しをいただきました。

と言うことで今回は私の大好きなヴィンテージ古着屋アーカイックで購入したデッドストックのUSMC P-44HBTジャケットについて書いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

ずっと探していたデッドストック品

ヴィンテージデニムが大好物な筆者ですが、実は同じくらい好きなのがアメリカ軍のヴィンテージミリタリー。最近ユーロミリタリーが熱いみたいですが、我々第一次古着ブームを通った人間にとってミリタリー=アメリカなんです🇺🇸

その中でも特に好きなのがヘリンボーンツイル(略してHBT)を使ったミリタリーウエア。このHBTは第二次世界大戦の頃、すなわち1940年代までしか作られていないので、残存する個体が非常に少なくレアなアイテム。

もちろんユーズド品ですらレアなので見つける度に試着してましたが、このP-44だけはどうしてもバキバキの個体を手に入れたい…。やはりHBTは色の濃い状態の方がカッコいいと個人的に思ってます。

 

 

 

 

 

そんな中フラッとアーカイックに遊びに行くと、レジ前のガラスケースにデッドストックのHBT達が入ってるじゃないですか!まさにバキバキとはこの状態のことを指すのでしょう。

その中に私が探していたUSMC P-44もあったので、オーナーに言って出してもらいました。左胸辺りに少し汚れが見られますが、「デットストックなので一度洗えば気にならないレベルまで綺麗になると思いますよ」とはオーナーの弁。

とうとう夢にまで見たデッドストックのP-44と出会えましたが、問題はこの個体のサイズが40でいつもより1サイズ上だという点。とりあえずダメ元で試着してみると…

 

 

 

 

 

めっちゃジャストフィットやないか〜い!

実は読者の方にお譲りしたP-44ダックハンターカモジャケットはサイズ38でしたが、少しタイトに感じてました。なのでP-44は1サイズ上を選んだ方がちょうど良いフィット感が得られます。

長年探していた念願のデッドストックかつサイズもジャストフィット…もう買わない理由は見当たりません。。この後ダッシュで銀行のATMへ走ったことは言うまでもありません笑🏃‍♂️

 

 

 

 

 

P-44HBTジャケットのディテール

せっかくなのでP-44HBTジャケットのディテールをチェックしていきます。まず襟元にはコントラクトナンバーとサイズ表記のステンシルが入っています。古着だと洗い込んで消えてしまった個体がほとんどですからね。。

またヴィンテージミリタリーの特徴であるヘリンボーンツイルの生地はもちろん魅力的ですが、左胸にパッチポケットと左右に縦型のスラッシュポケットが付くP-44特有のデザインもファンが多く非常に魅力的です😍

更にボタンはラッカーで黒塗りされたドーナツボタンに「U.S.MARINE CORPS」の刻印が入ってます。ここまでピカピカのボタンで新品のようなコンディションだと、普通の人から見たら間違いなくレプリカにしか見えませんから笑。

 

 

 

 

 

続いて内側を見ていくと、1940年代製の特徴であるフロントフラップ(通称ガスフラップ)が付いています。これは第二次世界大戦でノルマンディ上陸作戦の際にドイツ軍のガス兵器に対応する為に付けられたディテールであると考えられてます🇩🇪

このフロントフラップ、正直に言うと邪魔なので古着だと切り取られている個体が多いです。今回私が購入した個体はデッドストック品なので、当然ながらガッチリ付いてます。

また同じP-44HBTジャケットでもダックハンターカモフラージュの場合、リバーシブルなのでフロントフラップは付いてません。そもそもダックハンター柄はドイツ軍のカモフラと似ており誤射が多かったので、すぐ廃止されてますけどね。。

 

 

 

 

 

 

 

デッドストック品1stウォッシュの儀

デッドストック品を購入したユーザーだけが味わえる「ファーストウォッシュの儀」を読者の皆さんと楽しみたいと思います。このP-44はモデル名の通り1944年に製造されてますので、作られてから77年も経過しています。

デッドストックとは言え約80年も経過してるので、残念ながら良い匂いがする訳もありません。。そこで洗濯ブロガーの異名を持つ私は40℃のお湯にワイドハイターEX粉パワーを投入し除菌することから開始。

すると数分後、吐き気がするほどのダシがでてるじゃないですか〜🤮ちなみに私が愛用しているワイドハンターEX粉パワーは生地の色落ちはせずに汚れや匂いを除菌してくれるので、ビビることなくヴィンテージアイテムをクリーニングできます!

 

 

 

 

 

仕上げは柔軟剤と最近ハマっているレノアのアロマジュエルで香り付けをして完成!このビーズは40℃のお湯であれば5分程度で溶けてくれます。

こんな男臭いミリタリーウエアから良い匂いがするギャップがたまりません笑。しかし臭いままだと家族からブーイングが来るので、手持ちのヴィンテージウエアの臭いが気になる方にアロマジュエルはオススメです。

その中でも筆者が特に気に入ってる香りは、オードリュクスパルファムシリーズのイノセントビジュになります。上品で強すぎずさりげない香りが万人受けすると思いますので、気になる方は是非お試しください。

 

 

 

 

 

 

 

オヤジのミリタリージャケットコーデ


インナー:90sチャンピオンリバースウィーブパーカー
パンツ:70sリーバイス501BigE
靴:ビームスプラス別注オールデン99161コードバンローファー
バッグ:80s LLビーンBOTE&TOTE(Large)

アメカジオヤジの筆者がP-44HBTジャケットを着るなら、まずは思いっきりカジュアルな方向に振ったコーデを楽しみたいかなと。このオリーブグリーンのジャケットはデニムとの相性がバツグンに良いですからね!

10〜11月くらいの気温であれば、インナーにスウェットパーカーを入れれば保温性も充分にキープできます。ちなみに画像のパーカーは上がGUで下が90sチャンピオンですが、ぱっと見はどちらもほとんど変わりません笑😂

あと足元ですが、ここにスニーカーを持ってくると「休日のスポーティなオジサン」に成り下がってしまうので、ここはやはり革靴を合わせて大人の品格をキープしたいところ。

それにしてもオールデンのコードバンとアメカジの親和性はめちゃくちゃ高いなぁ、と画像を見て改めて感じております。コードバンはかなりお高いですが、無理して買っておいて良かったと思わせる一足です🇺🇸

 

 

 

 

 


インナー:50sリーバイス507XX
パンツ:SATO TAILOR(スーツ組下)
靴:90s US NAVYサービスシューズ
バッグ:エディフィス別注YOUNG&OLSEN「レザートートE」

我々40代オヤジの場合、どカジュアルなコーデより綺麗めMIXコーデの方が組みやすいかと思います。その場合はグレーのウールパンツを持ってくると一気にドレス感が増すので積極的に取り入れてます。

またP-44のオリーブグリーンがそこまで濃い色ではないので、合わせるパンツはダークグレーの方がメリハリが効いて洒落て見えそうです。ちなみに画像のパンツはミディアムグレーなので全体的にボケて見えますね。。

あと最近ハマっているブラックアイテムをコーデの中に数点取り入れると落ち着いた雰囲気に纏まるので大変重宝してます。特にヤング&オルセンのレザートートはヘビロテで使いまくるほど使えるバッグなので、気になる方は是非エディフィスでチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

アーカイックで購入したP-44HBTまとめ

と言うことで私の大好きなヴィンテージ古着屋アーカイックで購入したデッドストックのUSMC P-44HBTジャケットについて書いてきました。

今年の7月に関東に戻って色々な古着屋に行ってみましたが、名古屋(大須&栄)の古着屋はレベルが高かったなぁ〜と改めて感じております。

特に私が通っていたArchaicunwaveCROUT栄の御三家はどれも古着系の人気YouTubeに取り上げられるほどハイレベルな古着屋なので、名古屋へ行く機会があれば是非立ち寄ってみてください!

 

 

 

 

 

このP-44HBTジャケットはそこまでグリーンが強くないので、ダークカラーのパンツと相性が良いと感じました。逆にジャングルファティーグジャケットは濃いグリーンなので淡い色のパンツと相性が良いです。

またP-44のヘリンボーンツイル生地は厚手なので秋に着るのにピッタリかと思います。残念ながらジャングルファティーグは亜熱帯仕様のため薄手なので、今の季節に着ると少し寒いかもしれません。。

最後に、古着が苦手な方はミリタリーレプリカ老舗ブランドのバズリクソンズからオリジナルを忠実に再現したレプリカが発売されてますので、そちらを用いた大人のミリタリーMIXコーデを楽しむのもアリかと思います👌

 

カテゴリー
トップス
スポンサーリンク
masagoniaをフォローする
クラシコブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました