スポンサーリンク

夏の定番アイテム、ラコステL1212フランス製と日本製の比較と大人が似合うサイズ感について

トップス

古着ブームで高騰するフランス製ラコステ

いよいよ暑い夏シーズンに突入しますが、我々ファッション好きとしては重ね着が楽しめないのでつまらない季節でもあります。そんな夏の定番アイテムとして有名なのが、ポロシャツの元祖ブランドであるフランスのラコステL1212になります。

私も学生時代からラコステL1212を古着や新品で購入してきましたが、何十年経っても飽きないアイテムだと感じています。こんな風に感じるアイテムはリーバイス501やオールデンのペニーローファーなど数えるくらいしかないですし、エバーグリーンな銘品と呼べるでしょう。

またここ数年は若者を中心とした古着ブームの影響で、ラルフローレンやラコステといった定番ブランドのレギュラー古着の価格が高騰しています。その中でも特に高騰しているのがフランス製のラコステL1212ことフレンチラコステで、強気な古着屋だと1万円を超えるプライスタグを付けています。

 

 

 

 

 

ただし高額な価格設定にしているのは都内の一部の古着屋だけなので、郊外の古着屋やリサイクルショップで探せばお手頃価格で見つけることができます。参考までに画像上は近所のセカンドストリートですが、フランス製でも5,000円台と良心的な価格設定になっています。

我々古着愛好家としては「どうせラコステを買うならフランス製が良いな」と考えてしまいますが、フランス製と同等の作りなのに古着価格が安い日本製はどうなのか?と気になるようになりました。実は過去に日本製L1212を所有していましたが、ピチピチサイズだったので既に旅立っています。。

と言うことで今回はフランス製と比べる為に敢えて購入した日本製L1212との違いについて書いていきます。また普通の着たらオジサンっぽい見た目になってしまうラコステのポロシャツを、どうコーデしたらオシャレに着こなせるかを検証していきます。

 

 

 

 

 

探せば4,000円台で見つかるフレラコL1212

先ずはフレンチラコステL1212から見ていきますが、先述の通り都内の古着屋では1万円前後と高騰が激しくなっています。一昔前であればフランス製だろうが日本製だろうが区別もされていなかったですし、値段も同じ設定にしているお店がほとんどでした。

しかし地方の古着屋やリサイクルショップを探せば5,000円台で見つかりますし、更に安く買いたい場合はヤフオクやメルカリで探せば4,000円台で購入可能です!参考までに画像の3枚は全て今年メルカリで購入したフレラコですが、全て4,000円ジャストでした。

ただしサイズ5以上のビックサイズは若者に人気が高いので価格も7〜8,000円と高額になりますが、我々オヤジが少しゆったりしたフィット感のサイズ3や4であれば比較的安値で見つかります。私もサイズ6を一枚所有していますが、色々なコーデに適しているのはサイズ4だと感じています。

 

 

 

 

 

今回購入したフランス製ラコステL1212ですが、たまたま3枚とも年代が違っていたのでタグのデザインや大きさもバラバラでした。そこで折角3パターンもあるのでフレラコタグの変遷について見ていきますが、まず記載されている「CHEMISE(シュミーズ)」とはフランス語でシャツを意味します。

画像では上から古い順に並べていますが、一番上のタグは1970年代後半〜80年代中頃まで使われていたデザインになります。そして真ん中のタグは1980年代後半に使われていたデザインで、横長だったタグが少し正方形に近づいていきます。

そして一番下のタグが1990年代以降から現在まで使われている現行のデザインで、MADE IN FRANCE表記が別のタグに記載されるようになりました。なのでこのタグだけは正確な年代を特定するのが難しいのですが、フレラコを購入する人は生産国に拘っていても年代は特に拘らないから問題ないんですけどね笑。

 

 

 

 

 

日本製L1212の特徴とフランス製との違い

今回のお題でもある「フランス製と日本製のラコステの違い」について検証する為、ヤフオクで日本製のL1212を購入しました。ちなみに日本製ラコステの古着はあまり人気がないらしく、メルカリ・ヤフオクなら20年前の古着屋の相場と変わらない3,000円前後で購入可能です。

今回はヤフオクでサイズ3のグリーンを購入しましたが、こんなに安いのに入札は私の一件のみと言う結果に…笑。では日本製ラコステのディテールを見ていきますが、襟タグには当然ながらMADE IN FRANCEの記載は入りません。そしてサイズ表記も入らず、別のタグに記載されています。

また日本製を決定付けるディテールが、裾の内側に付いた日本語表記のタグになります。このタグの中に書かれている「D-TK」は大沢商会が作った日本製の正規品を意味しているのです。気になるシルエットや縫製のクオリティに関しては、パッと見ただけでは本国フランス製と変わりません。

 

 

 

 

 

その他のディテールを見ていってもほとんど同じですが、唯一胸のワニマークに違いが見られました。フランス製はワニの身体に波線が書かれているだけですが、日本製のワニの身体にはLacosteとアルファベットが書かれているじゃありませんか(画像1枚目)。

この違いは意識しなければほとんど分かりませんが、知ってる人が見たら一発で日本製だと分かってしまいます。とは言えラコステのポロシャツを着ている人の大半はこのディテールの違いを知らないと思いますので、なるべく安くラコステのポロシャツを買いたい方は日本製でも良いと思います。

何故なら確かにワニマークのディテールは違いますが、L1212の特徴である光沢感のある本貝ボタンやサイドのスリットを含めて全く同じだからです(画像2枚目)。とは言え我々古着愛好家としては、USA製リーバイスと同じようにフランス本国で作られたフレラコに憧れてしまいますけどね笑🇫🇷

 

 

 

 

 

大人が似合うラコステポロシャツのサイズ感

ここではラコステL1212のサイズ感と我々オヤジが最も似合うサイズについて検証していきますが、まず初めに言えることはフレラコのサイズ感は個体差がめちゃくちゃ大きいのでアテにならないと言うことです笑。私もフレラコを購入する時は、実寸でマイサイズかどうか判断しています。

フレラコのサイズ感がどのくらいアバウトかを証明する為に比較画像を用意しましたが、読者の皆さんはどちらの方が大きいサイズだと思いますか?正解は右がサイズ4で、左のサイズ3より1サイズ大きいのです。何も知らない人が見たら、おそらく両方とも同じサイズだと考えるでしょう。

ちなみに筆者の身長は178cmなのでサイズ3〜4がややゆとりのあるサイズ感ですが、もし170cm前後の標準体型の方の場合はサイズ2〜3が同様のサイズ感になるかと思います。このフィット感であればアウターとしてだけでなく、薄手アウターのインナーとしても活用できます!

 

 

 

 

 

続いてポロシャツを着るときに最も問題になるのが「裾を出して着るかパンツに入れて着るか」についてだと思います。実は筆者も5年前までのクラシコイタリア系ファッション時代には、サイズ2のピタピタなサイズを選んでタックアウトして着ていました。

しかし時は流れて2022何現在、少しゆとりのあるサイズ感のポロシャツをタックアウトして着ると死ぬほどダサいコーデになることは否めません笑(画像左)。まぁ正確に言うとダサいと言うよりかは、休日のお父さんのお出かけスタイリングに見えてしまいます。。

もし筆者が少しゆとりのあるポロシャツを着るなら、Tシャツ同様にパンツにタックインしたスタイリングでコーデするかと思います。またポロシャツのタックインコーデは今っぽく見えるだけでなく脚が長く見える効果も期待できるので、恥ずかしがらずに挑戦してもらいたいです!

 

 

 

 

 

アメカジオヤジのポロシャツコーデ2022

それではアメカジオヤジの筆者がラコステL1212をコーデするなら、超定番アイテムなので休日のお父さんスタイルにならないよう意識するかと思います。例えば暑いからとポロシャツのボタンを全開にしてしまうと、確かに首周りは涼しくなりますが見た目はだらしなく見えます。

ここは「オシャレは我慢!」と言わんばかりに、ネッカチーフを加えたりボタンを一番上まで留めることでドレス感が加わります。参考までに古着愛好家の筆者はネッカチーフを一枚も所有していないので、吸水性の高いコットン100%のヴィンテージバンダナを代用しています。

また合わせるパンツはついデニムパンツを合わせがちですが、休日のお父さんスタイルに見えてしまうので難易度が高いです。。ここは手堅くグレーのスラックスを合わせればドレス感が出ますし、たっぷりとブラウジングしてタックインすれば今っぽいスタイルが簡単に完成します!

 

 

 

 

 

続いては7〜8月の猛暑に合わせたいハーフパンツとのコーデになりますが、個人的には1〜2サイズ上のゆったりとしたサイズを選ぶことをオススメします。何故なら一般的なハーフパンツはボリューム感があるので、ジャストサイズのポロシャツを合わせると見た目のバランスが悪くなるからです。

またポロシャツに合わせるハーフパンツはアウトドアブランドのスポーティなタイプではなく、ドレス感のあるコットンチノ素材のタイプを選べば大人っぽいスタイリングが作れます。参考までに上の画像で穿いているハーフパンツは、50sのUS ARMYチノショーツになります。

さらに先ほどポロシャツをインナーに使ったコーデと同様に、暑くてもボタンは全て留めて着た方がドレッシーかつオシャレに見えるのでオススメです。とは言え日本の夏はメチャクチャ蒸し暑いので、ポロシャツコーデはポケットTシャツコーデに比べると圧倒的に少なくなりそうです笑🥵

 

 

 

 

 

夏の定番アイテム ラコステL1212まとめ

と言うことで今回は、ラコステL1212フランス製と日本製の比較とオヤジが似合うサイズ感について書いてきました。やはり我々オヤジ世代がビッグすぎるサイズを着てもだらしなく見えてしまうだけなので、1〜2サイズ上を選んでタックインすれば今っぽいコーデになると感じました。

また合わせるパンツはグレーのウールスラックスかチノショーツを選べば、全体的にドレス感のあるコーデに纏まるのでオススメです。もしデニムパンツを合わせたいのであれば、筆者なら暑さを我慢してでもタックイン&ネッカチーフを使って「休日のパパ」に見えないよう工夫するかと思います😅

最後にお題にもあるL1212のフランス製と日本製の違いですが、胸のワニマーク以外の見た目はほぼ完全に同じです。なので生産国に拘りがなく少しでも安く買いたい方は、日本製を選んでもポロシャツとして完成されたL1212を味わえるので問題ないと筆者は考えます。以上です!

 

カテゴリー
トップス
スポンサーリンク
masagoniaをフォローする
クラシコブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました