スポンサーリンク

年末恒例行事、名古屋のヴィンテージ古着屋入荷日に潜入し大物古着をゲット

古着屋巡り

ヴィンテージ古着の質・量ともに全国クラス

昔からご愛読いただいている読者さんはご存知かと思いますが、筆者は約6年にわたり愛知県で単身赴任生活を送っておりました。その間は家族と離れてただ一人寂しく過ごしていた訳ではなく、しっかりと名古屋の古着屋で常連客になるほどヴィンテージ古着を買い漁る日々を過ごしておりました笑。

そして家族のいる埼玉県に戻ってきてからは東京の古着屋巡りをしていますが、残念ながら名古屋の古着屋に比べてヴィンテージ古着の質・量・価格のバランスで見劣りすると感じてしまいます。特にコンディションに関しては名古屋の古着屋の方が圧倒的に良い個体が多い上、価格も抑えられています。

そんな名古屋愛の強い筆者は後ろ髪を引かれる思いで埼玉に戻ってきたわけですが、年に2回だけ名古屋の古着屋巡りをすることを恒例行事として決めました。画像は今年8月に名古屋で購入したUS ARMYのヴィンテージ古着3点になりますが、どれもミントコンディションで大満足のお買い物ができました!

 

 

 

 

 

また名古屋の古着屋巡りをする際の楽しみはヴィンテージ古着との出会いだけでなく、馴染みの古着屋オーナー・スタッフさんや古着仲間との久しぶりの再会も醍醐味だったりします。と言いながらも8月に名古屋、10月に大阪で一緒に古着屋巡りをしているので全然久しぶりじゃないんですけどね笑。

前回の名古屋古着屋巡りは夏だったのもありライト系トップスが中心でしたが、今回は12月と冬本番に差し掛かる時期ですのでヘビーアウターとの出会いに期待したいところです。しかし10月の大阪古着屋巡りで10万円以上も散財したせいで財政が非常に逼迫しており、小物しか買えないのが現状。。

そんなお小遣い制貧乏リーマンの筆者ですが、何故か毎回大物アイテムと奇跡的に出会ってしまうのは神様の悪ふざけなのでしょうか笑。と言うことで今回は名古屋のヴィンテージ古着屋入荷日に潜入して冬物アウターの大物をゲットした内容と共に、古着仲間の散財についても書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

今回の参戦メンバーとそれぞれのコーデ紹介

今回の名古屋古着屋巡りに参加したメンバーは計5名でしたが、トップバッターでご紹介するのは大阪のヴィンテージスポロレマニアのにょ〜さんのコーデから。彼の影響で私を含めた古着仲間3名が3本で合計700万円以上のヴィンテージスポロレを購入していますからね(筆者のイカサブが一番安い)。

そんなにょ〜さんが着ているのが70sバウアーのキルティングダウンジャケットにホワイトパンツとヴィンテージビーントートを合わせた大人の古着コーデになります。本人曰く世界的ファッショニスタのアレッサンドロ・スクァルツィ氏を意識したそうですが笑、ミラノ巻きしたストールがセクシーですね!

続いては2年以上の付き合いになる愛知県の古着仲間カトー氏のご紹介になりますが、流石は元セレクトショップスタッフだけあってドレス感のある古着MIXコーデが素敵です。ちなみに80sアクアスキュータムのラグランコートのインナーに70sリーバイス70505、70sベイカーパンツにオールデンのVチップを合わせています。

 

 

 

 

 

そして筆者のコーデですが、kousei氏から譲り受けたリーバイス506XX一枚袖・針シンチバックと501XX革パッチの上下47モデルという正装で名古屋入りしました笑。ジージャンのインナーは前回の記事でご紹介したユニクロのソフトタッチタートルネックTを着ましたが、見た目以上に暖かいです!

そこに2年前に購入した90sヴィンテージバブアーのバーレーを羽織りましたが、ラギッド感が強くなりすぎないよう足元にUA別注パラブーツのビットデッキシューズを合わせてバランスを取りました。このパラブーツは再販する度に完売してしまいますが、本当に使いやすい一足だと感じています。

最後にご紹介するのは、この日もニックネームの通り大暴れ(爆買い)した「西の爆買王」のコーデになります。50sブラウンズビーチのビーチクロスベストにユニクロのスタンドカラーシャツを合わせたコーデが非常に洒落て見えますが、この組み合わせは私には思いつかなかったので即パクります笑。

 

 

 

 

 

 

 

unwaveで購入したDOBBS(ドブス)のハット

まず最初に訪問したのは大須の名店unwave(アンウェーブ)になりますが、いつ来てもバキバキなコンディションのヴィンテージミリタリーウエアが数多く置いてあります。私も今年8月に訪問した時には、数年探していたミントコンディションのUS ARMY M-43カーゴパンツを購入しております。

こちらunwaveは特にヴィンテージミリタリーウエアに強い古着屋ですが、それと同じくらいアメリカのヴィンテージワークウエアにも力を入れています。特にワークシャツが圧巻で50〜60sのデッドストックシャツも多く置いてあり、ワーク系が好きの方にとっては大変魅力的な古着屋になるかと思います。

ここで3年以上のお付き合いとなる古着仲間でブロガーのオルネカルネさんが動きます。アメリカ軍のコヨーテカラーフリースジャケットを試着していますが、我々のようなゴリゴリのヴィンテージ古着愛好家にとって近年のミリタリーウエアはとても新鮮に感じてしまいます。詳しくは氏のブログをご覧ください!

 

 

 

 

 

「今回の古着屋巡りは財政難なので大物は買えないしなぁ…」なんて思いながら店内を見回してみると、2つのヴィンテージハットが置いてあるじゃないですか。バイク購入を計画をしている筆者ですが、実はヘルメットを脱いだ後にペチャンコになってしまう髪型を隠すための帽子を探していました🎩

しかしベースボールキャップやニットキャップが絶望的に似合わない顔立ちなので笑、どんな帽子を被るかメチャクチャ悩んでいたのです。そこで思い切ってハットにしてジョニーデップでも気取ってみようかと思った矢先に出会ったのが50s DOBBS (ドブス)のフェドラハットになります。

このヴィンテージのフェドラハットはブリム(帽子のツバ部分)の長さもサイズも個体によって全然違うので、自分の頭や顔に合った個体を見つけるのに苦労します。そんな中unwaveで理想の個体に巡り合ってしまい私に似合っているのか分かりませんが笑、思い切って購入しました。バイクを購入したら必ず被ります!

 

 

 

 

 

CROUT栄で購入したNOSサーマルTシャツ

続いて訪問したのはセンスの良いレギュラー古着がメインだけど、たまにゴリゴリのヴィンテージ古着を入れてくるCROUT栄にお邪魔してきました。オルネカルネさんに教えてもらってからCROUT栄に通うようになりましたが、商品展開が早いので訪問する度に必ず一つは購入してしまうほど魅力的なお店です。

約4ヶ月ぶりに訪れたCROUT栄ですが、ここで西の爆買王がラルフローレンのコーデュロイパンツと40〜50sヘリンボーンツイル仕様のUS ARMYベイカーパンツと爆買いを開始するじゃないですか!ちなみにラルフローレンのパンツはカトー氏が発見し、爆買王に試着させて買わせてました笑🤣

このCROUT栄も先程訪問したunwaveと同様にコンディションの良い個体を買い付けてきているので、我々オヤジが着ても小汚く見えないのが嬉しいところです。ちなみにこの日着ているバブアーのバーレーはCROUT栄で購入したアイテムになりますが、ビックリするくらい臭くないので超気に入っています!

 

 

 

 

 

財政逼迫中ではあるものの、せっかく名古屋まで遠征したのだから爪痕だけは残したい…。そう思いながら店内を物色すると、80sニューオールドストック(=NOS・デッドストックと同じ意味)のサーマルTシャツを発見!しかもビニール袋が開けられていない完全に新品状態の個体が何着も置いてありました。

サーマルTシャツは若者向けのレギュラー古着を扱う古着屋でも簡単に見つけられますが、袋入りのデッドストック品を見つけるのは至難の業だったりします。やはりサーマルTシャツは出自が下着なので古着だと多少抵抗感がありますが、袋入りの新品なら気持ちよく着始めることができます。

今回は私だけでなくオルネカルネさんとにょ〜さんも一緒にサーマルTシャツをゲットしましたが、にょ〜さんは更にUS ARMYのブラス(真鍮)ジッパーを搭載したヘルメットバッグを追加購入していました。このジッパーがブラス製かプラスチック製かで雰囲気が変わってくるので、重要なディテールになります。

この2件の名店を訪問するだけで3時間は経過してしまいましたが笑、それだけ見応えのある古着屋だと断言できます。そして査収したアイテムをカバンにしまい最後に向かったのは、名古屋を代表するヴィンテージ古着屋Archaic(アーカイック)になります。そこでまさか散財することになるとは…💸

 

 

 

 

 

Archaicで購入した2ワラントバブアーは…

名古屋の古着屋巡り最後に訪問したのは、私が愛してやまないヴィンテージ古着屋Archaic(アーカイック)になります。アーカイックはヴィンテージデニムに強いだけでなくオーナーのお人柄も良いので、気持ち良くなって思わず散財してしまうのです笑。また私の人生で最もお金を使った古着屋でもあります💸

またアーカイックの入荷日には夜中から並びが発生するほど大人気で、お昼過ぎまで行列が途絶えることはありません。。今回のアメリカからの買付け入荷品の中で「これだ!」と思ったアイテムは幸いにも?無かったので、この日も行列が無くなってフリーに入れる夕方前に訪問しました。

すると古着仲間全員がアーカイックで購入するという、いつも通りの結果になりました。まずカトー氏は70sリーバイス70505e「ケアタグ」で501だと66前期と同時期のタテ落ちするモデルをゲット。さらにオルネカルネさんは70s真っ紺のLee101(もしくは200なのか不明)を激安価格で入手していました。

 

 

 

 

 

続いては読者の皆さんお待ちかねの、「西の爆買王」の爆笑爆買いショーになります笑。もうね、同行している我々の方が見ていて楽しくなるくらい次々と気持ち良く買い物していきますから。ちなみに今回の古着屋巡りでは軽く25万円以上使っていますから、多分彼の頭のネジは数本外れていると思われます🤣

アーカイックだけで4点も購入しているので紹介するのが面倒なんですが笑、画像1枚目を左上から順番に説明すると…

①90sチャンピオンのリバースウィーブパーカー(レアなコーネル大学プリント)

②真っ紺の70sリーバイス70505bigE

③40〜50s US ARMYヘリンボーンツイル仕様のベイカーパンツ(本日2本目笑)

④TEMPCO社のバウアーダウンベスト風リバーシブルベスト

になります。そんな西の爆買王は大きな紙袋を重そうに抱えて、新大阪行きの新幹線に乗って帰っていきました。そして肝心の私の買い物ですが、本当に買うつもりは無かったのに古着仲間全員から背中を押されていたら欲しくなってしまったもの。それは…

 

 

 

 

 

 

2ワラント・YKK棒ジップ・ブラウンチェンジと三拍子が揃った80sヴィンテージバブアーのソルウェイジッパーになります。もちろんアーカイックのInstagramはフォローしているのでこのソルウェイジッパーが入荷することは知っていましたが、とにかく軍資金がないので最初から諦めていました。。

しかし入荷日の夕方に訪問したにもかかわらずまだソルウェイジッパーが壁に掛かっていたので、思わず試着させてもらったのが運の尽きでした…笑。またヴィンテージのソルウェイジッパーは袖丈が短めの設定なので、サイズ42と大きめサイズで袖丈がちょうど良かったのも購入を後押ししました👋

と言うか、とにかく古着仲間が執拗に背中を押してきたことが購入の決め手でしたが、一人で営業されているアーカイックオーナーに貢献したい気持ちもあったので即決させていただきました。この2ワラントノソルウェイジッパーについては次回の記事でディテールをチェックしていきますのでお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

毎年恒例!大須の古着屋入荷日に潜入まとめ

と言うことで今回は毎年恒例となっている名古屋(大須)のヴィンテージ古着屋入荷日に潜入してきた内容を書いてきましたが、結局なんだかんだ言って筆者も10万円以上使ってきてしまうんだから西の爆買王と同じ人種なんでしよかね笑。来年は春にハーレーを購入する予定なので、バイクで来ようかと計画中です

また今回の古着屋巡りでは今年仲良くなった大阪の古着仲間にょ〜さんが親子で名古屋入りされましたが、愛知県民のカトー氏がおもてなしをしてくれたおかげで楽しい名古屋旅行になったかと思います。また小さな子供を連れてお騒がせしてしまったCROUT栄さんにはこの場をお借りしてお詫び申し上げます🙇🏻‍♂️

また来年も夏と冬にそれぞれ名古屋の古着屋巡りができることを夢見ながら、今年の古着購入をこれにて終了とします(もう本当にお金がない笑)。次はこれまた毎年恒例となっている東京の古着仲間と正月の古着屋初売りに参戦して、2023年一発目の古着をゲットしたいと思います。以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました