スポンサーリンク

掘り出し物だらけ!静岡市の老舗古着屋 PRAYER ARROW(プレイヤーアロウ)

古着屋巡り

あるブツが見たくて3年半ぶりに訪問

今や全国的に見ても「古着屋のメッカ」と呼ばれるまでになった名古屋の大須エリア。多くの古着系ユーチューバーが大須まで足を運んで動画をアップすることで、更に人気がヒートアップしてます🔥

そんな私も名古屋の古着屋で充分に満足してますが、たまには他県の古着屋も覗いてなります。そんなある日、instagramをチェックしていると気になるブツを発見!

そのアイテムを置いていたのが静岡市の老舗古着屋PRAYER ARROW(プレイヤーアロウ)です。前回に初訪問したのが約3年半前ですが、その時はヴィンテージバンダナを買わせていただきました。

 

 

 

 

当時私はバンダナコレクションにハマってましたが、プレイヤーアロウではヴィンテージバンダナが数十枚ストックされており、目を楽しませてくれたのを覚えてます。

その中で購入したのが画像の60s筆記体ロゴのヴィンテージバンダナ。コンディションが良いだけでなくお値段も良心的だったので、迷うことなく即決しました。

またオーナーのお人柄がとても良いのが印象的で、今回の再訪問で古着トークできると思うととても楽しみです。それではプレイヤーアロウ突撃訪問編スタートします。

 

 

 

 

40〜50s POWR HOUSEカバーオール


出典:PRAYER ARROW instagram

で、私が気になって仕方ないアイテムは40〜50s POWR HOUSE(パワーハウス)のカバーオール。前回の原宿古着屋巡りの際にベルベルジン原宿で同カバーオールを試着してから虜になりました!

ベルベルジンの個体はサイズも良く、色残りも充分かつお手頃価格でしたが、残念ながら胸ポケットのピスタグが欠損していたので断念…。アメリカヴィンテージ好きとしてピスタグは重要なディテールなんです。

その点PRAYER ARROWの個体は色落ちは進んでいるものの、サイズも日本人にジャストな36程度な上に胸ポケットのピスタグも完品となれば気にならない訳がありません😂

 

 

 

 

早速オーナーに試着の許可(あと撮影の許可も)をいただき羽織ってみると、予想通りTシャツの上に着てジャストフィット!実はこのサイジングのカバーオールの個体、なかなか見つかりません。

私もLeeとPAY DAYで合計4着購入してきましたが、ジャストサイズのカバーオールは見つけたら即買いが鉄則なので、今回も迷うことなく即決しました。

ちなみにお値段は29,800円(+TAX)と40〜50sのヴィンテージカバーオールとしては破格の安さ! これは名古屋から片道200km弱も車を走らせた甲斐があるってもんです🚗

今回購入したPOWR HOUSEのカバーオールについては、改めて別記事を書く予定ですのでお楽しみに。

 

 

 

 

90s バナナリパブリックのポケT

以前の記事で80s バナナリパブリックのサファリジャケットについて書きましたが、実は今年のマイブームは「サファリ」だったりします🐘

サファリと言えば私の中で「上流階級の白人が冒険に出かける」イメージで、ラギッド感とドレス感がいい感じで融合した雰囲気が今の大人古着スタイルにマッチすると考えてます。

画像のサファリジャケットも1980年代当時、セレブな白人層向けのサファリコレクションとしてバナナリパブリックが展開したアイテムの一つだったりします。

 

 

 

 


instagramに掲載されていたバナリパのポケTは既にSOLDでしたが、たまたま同じアニマルシリーズのポケTが入荷してました。しかもマイサイズのMで希少なUSA製という奇跡的な出会いに感謝です🇺🇸

基本的に夏は無地のポケットTシャツしか着ない筆者ですが、このバナリパのポケTに関しては胸にワンポイントでメインはバックプリントなので、前から見た時の主張が少ないのでアリかなと。

あとは我々45〜50歳くらいのオヤジにとって、このアニマルシリーズのポケTは学生時代に流行った青春の1ページなので、ノスタルジーに浸りたい時に着たい一着だったりします笑。もちろんこのポケTも即決で購入しました。

 

 

 

 

 

 

激安!リーバイス507XXことセカンド

お目当てのブツを手に入れてほくほく顔のまま店内を物色していると、壁に雰囲気系のリーバイス507XXことセカンドモデルが掛かってるじゃありませんか!

オーナーにお願いして壁から取ってもらいプライスタグを見てみるとビックリ。なんと59,800円+TAXとヴィンテージジージャンブーム前の価格設定なんです💴

リペアも多数ある雰囲気系とは言え、今のご時世にこの値段で出すとは…プレイヤーアロウ恐るべし!ちなみにこの商品は店頭販売のみですので、気になる方はお店まで足を運んでください。

 

 

 

 

178cm/68kgの筆者が試着してみましたが、キャンバーのヘビーウエイトポケTの上に着てタイトフィットだったので、おそらくサイズは36〜38縮み程度でしょう。

ちなみに私はサイズ38のセカンドを2着所有してますが、それらと較べる少し小さく感じました。よってこの個体は170cm前後で痩せ型の方ならジャストサイズで着られると思います。

現在のヴィンテージジージャンブームのせいで1万円台で買えた70505bigEですら程度が良い個体は4万円台まで高騰しちゃいましたから、いかにこのセカンドがお買い得か分かります。

 

 

 

 

 

 

斜めベルのラングラーデニムシャツ

続いての掘り出し物は、斜めベルタグの60sラングラーデニムウエスタンシャツ27MW。今年に入ってからデニムウエスタンシャツがマイブームなんですが、ベルタグのラングラーは探しても見つかりません💦

この個体は通称「いちごボタン」と呼ばれる表面がツブツブの白ボタン仕様になっており、いわゆるスティーブン・マックイーンモデルになります。

サイズは14ハーフと小さめながらも、特に気になるダメージの無いグッドコンディションで29,800円+TAXはかなりお買い得かと!せっかくなので試着させてもらうと…

 

 

 

 

178cm/68kgの筆者ではピチピチすぎて前ボタンを閉じることはできず無念…。この個体もリーバイス507XX同様に170cm前後で痩せ型の方ならジャストサイズで着られると思います。

実はラングラー27MWを探していたのでマイサイズだったら即決してましたが、今回は静岡近郊にお住まいのヴィンテージ古着好きの方にお譲りしたいと思います。

ちなみにPRAYER ARROWは静岡駅から少し離れているおかけで近隣の有料駐車場が安い(40分/200円)ので、駐車料金の心配なく車で訪問できるのも嬉しいポイントです。

 

 

 

 

50s US ARMY HBTベイカーパンツ

最後にご紹介するのはUS ARMYベイカーパンツこと正式名称OG107ユーティリティパンツ。フロントにL字型ポケットが付くだけの超シンプルなデザインなので、どんなスタイリングにも合わせやすい一本です。

画像で穿いているのは最近購入したばかり60sサイドアジャスター付きベイカーパンツ。通称バックサテンと呼ばれるコットン100%の横織りサテン生地がなんとも言えないヴィンテージの雰囲気を持ち合わせています。

どれくらい最近に購入したかと言うと、実はプレイヤーアロウに訪問する前日だったりします笑。もちろんこの日もベイカーパンツを購入する予定は無かったのですが…

 

 

 

 

なんでこんな日に限って探してたブツが見つかっちゃうのよ〜😭

そうなんです、実はバックサテンではなく更に古いヘリンボーンツイル(略してHBT)の個体を探してたんです。とは言え昨日全く同じデザインのベイカーパンツを買ったばかりの私…。

しかも掘り出し物だらけで有名な?PRAYER ARROWらしく、東京や名古屋の相場を下回る静岡価格の17,800円+TAXと来たら試着しない訳にはいきませんよ!そして実際に穿いてみると…

 

 

 

 

はい、ジャストサイズだったのでお買い上げ〜笑

まあヘリンボーンツイルとバックサテンの生地は全くの別物なので、違うパンツを買ったと思えば問題ないと自分を説得(興味のない人から見れば全く同じパンツだけどw)。

それにしても程よいコンディションのヴィンテージアイテムを買いやすい価格帯で提供してくれているので、財布の紐が緩んで気が付いたら1日で3点約6万円も散財していた私。恐るべし、プレイヤーアロウ!

ちなみにヴィンテージのベイカーパンツは極太土管シルエットで着こなしの難易度が高いので、テーパードしている70sを選ぶかオアスロウのスリムタイプから取り入れるのをオススメします🤗

 

 

 

 

 

 

静岡の名店プレイヤーアロウまとめ

 

と言うことで静岡市にある2007年創業の老舗古着屋プレイヤーアロウに突撃訪問してきましたが、あまりにも掘り出し物ばかりで気が付いたら散財しまくる結果に終わりました笑😂

本日紹介したアイテム以外にも、画像上のようなストアブランドのバックストラップ付きデニムジャケットなんかも置いてありました。きっと東京都内の古着屋だったらバックストラップ付きと言うだけで10万円は余裕で超えてくるでしょう。

ちなみにこの個体は試着した感じだとサイズ40程度はありそうなので、大抵の方は着られると思います。もちろんプレイヤーアロウでは都内の相場の半額程度で販売してますので、気になる方は是非お店まで足を運んでみてください!

 

 

 

 

また最近高騰が著しいチャンピオンの88/12カレッジTシャツもほとんどが5,800円+TAXと数年前の相場価格なのもビックリ😳

オーナー曰く「それでも静岡では売れないんです」とのこと…。静岡は鎖国状態なのか?では他県の古着愛好家が気持ちよく買わせてもらうのが良さそうですな笑。

もしinstagramをチェックして気になる商品があれば他にも掘り出し物が見つかる可能性が高いので、わざわざ静岡まで足を運ぶ価値のある古着屋だと思います、プレイヤーアロウは。

 

カテゴリー
古着屋巡り
スポンサーリンク
masagoniaをフォローする
クラシコブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました