スポンサーリンク

大人が穿きたい美脚スラックス!ユニクロのタックテーパードパンツ2022年秋冬モデル

パンツ

今年も人気継続中のプリーツ入りスラックス

我々オヤジにとってグレーのウールスラックスは、ジャケパンのようなドレススタイルからカジュアル使いまで幅広く使えるアイテムかと思います。かく言う筆者も大好物なアイテムなので、デニムジャケットやミリタリージャケットを合わせて大人のカジュアルMIXスタイルを楽しんでいます。

また前回の記事で書いた通り、この春夏に個人テーラーVia Sericaで2プリーツのグレースラックスをオーダーしました。このプリーツ入りのグレースラックスはコーデしやすいだけでなく美脚に見える特典付きなので、もはやトレンドと言うより定番アイテムとして我々オヤジ世代に定着してきた感があります。

ただし美脚シルエットで有名なジャブスやベルウィッチなどイタリアブランドのスラックスは、残念ながら定価3万円オーバーと高額なのが玉に瑕です。また筆者のようにオーダーすれば自分の身体に合った一本が手に入れられますが、わざわざテーラーで採寸した上で納品を待たなくてはなりません。

 

 

 

 

 

ではお金をなるべく掛けずにグレースラックスを手に入れる方法があるとすれば、やはり古着屋やリサイクルショップでマイサイズの一本を探すことかと思います。ちなみに私も昨シーズンの秋冬に4本の古着スラックスをゲットしているので、足を使って古着屋巡りをすれば比較的簡単に見つけられます。

とは言え我々オヤジ世代が古着のウールスラックスを穿くのに抵抗がある読者さんも多いかと思います。事実このブログでもヴィンテージ古着よりレプリカデニムのような新品アイテムの記事の方がアクセス数が多いですし、綺麗めアイテムのスラックスは可能であれば新品で手に入れたいところ…。

そんな時にユニクロのオフィシャルページを見てみたら、なんと1プリーツかつクリースの入った美脚スラックスをユニクロで発見しました。「これは使えるかもしれない…」と感じた私、早速ご近所のユニクロ店舗に足を運びました。と言うことで今回はユニクロのタックテーパードパンツについて書いていきます。

 

 

 

 

 

しっかり厚手の秋冬用生地で4色カラー展開

早速ご近所のユニクロに行ってみると、既に秋冬用タックテーパードパンツのコーナーができていました。ちなみに春夏用のタックテーパードパンツはセール品扱いとなっており、1,980円で店舗の片隅に置かれていました。もし春夏用が欲しい方は、夏の終わりであればお得に購入できます!

さて秋冬用タックテーパードパンツを見ていくと、いかにも厚手な生地感であることがすぐに分かります。また生地の見た目はサージのようなウールに見えますが、実はポリエステル67%・レーヨン29%・ポリウレタン4%の化学繊維100%で作られたウール調の生地だったのです。

もしウール100%を使っていたら3,990円という低価格で作れないでしょうし、化繊を用いることでストレッチ性を持たせたり気軽に洗濯でき面でウールより有利だったります。ただし化繊は熱に弱く生地が波打ってしまうで、クリースを入れる際のアイロンの温度には神経を使わなくてはなりません。

 

 

 

 

 

出典:ユニクロオフィシャルサイト

気になるタックテーパードパンツのカラー展開ですが、ダークグレー・ネイビー・ブラック・ブラウンの4色から選べます。残念ながらユニクロ店舗でブラウン(画像2枚目)を撮り忘れましたが、我々オヤジがブラウンのスラックスを着こなすのは難易度が高いのでどちらにしてもスルーしてましたが😅

そこで残る3色の中でどのカラーを選ぶべきか一瞬迷いましたが、ネイビーやブラックに比べて幅広いアイテムやカラーと相性が良いダークグレーを選んでおけば間違いないことは言うまでもありません!逆にライトグレーやミディアムグレーの展開があったとしたら、メチャクチャ迷っていたかもしれません笑。

またブラックのパンツは以前ユニクロUのリラックスフィットテーパードパンツを所有していましたが、アメカジアイテムとの相性も悪くモードっぽい雰囲気になってしまうので私には着こなせなかった。。やはり我々のようなファッション素人が穿くならグレースラックス一択で間違いないでしょう!

 

 

 

 

 

かなり大きすぎるサイズ感に注意が必要!

4色展開の中からダークグレーに決めた後は、スラックスにとって最も大切なサイズ選びに移ります。タックテーパードパンツのサイズ展開はXS〜4XLの8サイズありますが、店舗ではS・M・L・XLの4サイズしか置いていません。またXSとXXL以上の取り扱いはユニクロオンラインのみになります。

またスラックスのサイズ選びは非常に重要で、間違えてしまうとせっかくの美脚シルエットも台無しになってしまいます。今回は読者の皆さんが最も選ぶであろうS・M・Lの3サイズを178cm/71kgの筆者が試着していきます。ちなみに今年のコロナ禍で3kg太ったので、ほぼメタボ体型になりました笑🐷

そんなメタボ腹の筆者がSサイズから試着しましたが、なんとウエストがジャストフィットじゃないですか!紙タグにはウエスト68〜76cmと書いてありますが、ウエスト85cm前後の私がジャストとは…。やはりユニクロのパンツはウエストの設定が表記サイズより大きめに作られているようです。

 

 

 

 

 

既に170cm台後半で70kg前後の体型にSがジャストサイズだったことが判明しましたが、ブログの読者さんの参考になればと思いMとLも試着してみました。このタックテーパードパンツは8サイズも展開していますが、残念ながら1サイズ毎のフィット感はかなり違ってきます。

まずMサイズですがウエスト85cmメタボ腹の筆者でも余裕があるだけでなく、太ももが緩すぎてシルエットが崩れているのが判ります(画像1枚目)。更にLサイズになるとウエストはベルトで締めないと落ちてしまうくらい大きくなり、シルエットはダボダボでだらしない印象になります(画像2枚目)。

よってMサイズ以上は今っぽくゆったり穿きたい若者が選ぶサイズであり、我々オヤジが手を出すと上手く着こなすのが難しいので非常に危険だと感じました。このタックテーパードパンツをオヤジが選ぶなら170cm前後の方はXSで175cm以上の方はSが美脚に見えるジャストサイズになると考えます。

 

 

 

 

 

ドローストリングパンツのようなディテール

それではダークグレーのSサイズを持ち帰ってきたタックテーパードパンツのディテールを見ていきます。まず最初に目に入ってくるのがウエストバンドに装備されたシャーリングアジャスターになります(画像1枚目)。ただでさえ大きめの作りなのに、ウエストにゴムを入れたら余計に緩く感じます😅

さらにウエストの内側を見てみると、なんとドローストリングと呼ばれるウエストのフィット感を微調整するヒモが付いています。このドローストリングのおかげでベルトをせずに穿くことができるので、穿き心地だけでなく見た目もリラックスした雰囲気が得られます。

ウエストのシャーリングアジャスターやドローストリングのディテールといい1プリーツのテーパードシルエットといい、おそらくジャブスアルキヴィオが流行らせたドローストリングパンツを意識していると考えられます。これだけ凝った作りで3,990円で提供するとは、ユニクロの企業努力を感じますね!

 

 

 

 

 

さらに裾をチェックするとシングルのタタキで処理されておりますが、これは本家ジャブスも同じなので違和感はありません(画像2枚目)。やはりドローストリングパンツのようなリラックスパンツの場合、重厚感のあるダブルよりカジュアルパンツ向けのシングルタタキの方が似合います。

参考までに178cmの筆者がSサイズを穿いた場合、レングスはぎりぎりノークッションになります。もし少し長い場合でも、私であれば1ロールアップしてダブル風に穿くかと思います。わざわざ3,990円のパンツにお直し代を掛けてまで穿くのはちょっと違うかなと思うので…😅

また「スラックスの裾は絶対にダブル処理をして穿きたいんだ!」という方がいましたら、私が購入した丈標準(71〜77cm)ではなく丈長め(85cm)のモデルがありますので、そちらを選べばダブル処理に十分な長さが得られるのでオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

気になるシルエットとスラックスのコーデ

それではスラックスにとって最も大切なファクターであるシルエットについて見ていきます。今回の記事で何回も登場するジャブスアルキヴィオが流行った3〜4年前の頃は、少しゆとりがある腰周りと太もも周りに対して膝から裾にかけてタイトにテーパードしたシルエットが主流でした。

しかし時は流れて2022年現在のトレンドは、全体的にゆとりがある中で膝下にテーパードが入って美脚に見せるシルエットが主流になっております。なので股上もジャブスに比べて深く腰周りも更にゆったりしており、裾幅もジャブスの17cm台より太い18〜19cmと全体的に太くなっています。

参考までにinstagramのインフルエンサーnaoki氏に指南いただいてオーダーしたVia Sericaのスラックスと画像を比較してみましたが、股上の深さや全体的なシルエットが似ていることが分かります。ユニクロの生地は化繊100%ですが、この現代的なシルエットが3,990円で手に入るなら買いだと思います!

 

 

 

 

 

続いてアメカジオヤジのグレースラックスコーデについてですが、かれこれ5年ほど私の中で定番となっているデニムジャケットとグレースラックスの組み合わせが簡単かつ熟れて見えるのでオススメです。やはりデニムのネイビーとスラックスのグレーとの色の相性が抜群に良いのが、コーデしやすい理由になります。

また画像1枚目は4年前に購入したジャブスのパンツを穿いていますが、今見ても古臭さは感じられず逆に「イケオジ」っぽく見えます笑。やはりジャブスはカジュアル用スラックス=ウールのドローストリングパンツのブームを巻き起こしたエポックメイキングなブランドだと、画像を見て改めて感じました。

参考までにジャブスではTシャツをタックアウト、ユニクロではタックインして着ています。その理由は「股上の深さの違い」にあり、股上の浅いジャブスにタックインはあまり似合いません。逆に股上の深いユニクロの場合は、ブラウジングしてタックインで着てもラフにタックアウトで着ても違和感はないでしょう。

 

 

 

 

 

ユニクロのタックテーパードパンツまとめ

と言うことで今回はユニクロのタックテーパードパンツ2022年秋冬モデルについて書いてきました。良い点としてはわずか3,990円で現代的なシルエットのスラックスが手に入るのと、パッと見はウールに見える化繊100%生地のおかげでシワになりづらく洗濯できるので気軽に付き合えます。

逆に悪い点としてはサイズ表記が全くアテにならないほど大きめの作りで、オヤジが穿くなら170cm前後の方でXS、175cm以上の方でもSサイズがジャストになると考えます。また大きめのサイズを選ぶとシルエットが崩れてしまい、せっかくの美脚テーパードシルエットが得られないので注意が必要です。

個人的にはテーラーでオーダーしたスラックスやイタリアブランドの美脚シルエットのスラックスも魅力的に感じますが、このユニクロのタックテーパードパンツは安価で今っぽいシルエットのスラックスが欲しい方にオススメしたいパンツです。気になる方は是非ユニクロの店舗で試着してみてください。以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました