スポンサーリンク

まるでジョンスメドレー!ユニクロ「エクストラファインメリノ」のサイズ感と着こなし

トップス

クルーネックニットが欲しくなって

肌触りと風合いの良さからコットン100%素材をこよなく愛する私は、インナー使いも含めて一年を通してコットンのカットソーを着用しています。

逆に言うとウール製品のチクチクした肌触りがどうも苦手で、よっぽど寒い日じゃなければウールニットではなくコットン製のインナーを手に取ってしまいます。

ちなみに画像上でインナー使いでしているのはコットン100%のセントジェームスのウェッソン。袖が8分丈なのでアウターからもはみ出ず、着丈も短め(サイズT4)なのでジージャンの中に着ても丁度良いです👌

 

 

 

 

こちらの写真ではデニムジャケットのインナーにチャンピオンT1011(ポケットTシャツ)を着用。このTシャツはタフな上、ラフな印象を与えてくれる名脇役なのでとても重宝してます!

しかし秋冬にコットンのカットソーを着るとコーデに季節感が出ないことが判明…。大袈裟に言うと、真冬に半袖短パンで通学する小学生みたいな感じです(笑)

そんな悩みを抱えている私に古着仲間の新メンバー、カトーさんより「ユニクロのエクストラファインニットが今なら1,990円だってよ!」とお得な情報が入ってくるではないですか。

居ても立ってもいられない私、話を聞いたその日にユニクロへ足を運んだことは言うまでもありません👣

 

 

 

 

プチプラに見えないクオリティの高さ

ユニクロへ到着した私、他の商品には目もくれず一目散にエクストラファインメリノのコーナーへ向かいます。するとカトーさんの情報通り1,990円(+TAX)の値札がぶら下げられてました!

私もユニクロのホームページで調べたところ、どうやら2020年12月31日までこの価格で販売しているようです。このブログを読んで気になった方は是非ユニクロへ足を運んでみてください。

ちなみに今回私が狙っている型はカットソー替わりに着たいのでクルーネックの一択のみです。現在テーラードジャケットのインナーとして定番化しているタートルネックは、顔がデカい私には全く似合わないので除外しました(笑)

 

 

 

 

また2020年版のエクストラファインメリノのカラーバリエーションは8色もありますが、私が狙っているのはブラックとライトグレーの2色のみ

ここ数年モノトーンカラーがブームで手持ちのアイテムにブラックやグレーが増えてきたのと、最近どハマりしている黒の革靴に合わせたいのが上記2色を選択した理由です。

ちなみにオシャレ上級者のカトーさんはイエローのニットを購入予定。金ボタン紺ブレのインナーに着て、ボタンとニットの色を合わせたカラーリンクコーデをするんだとか。さすが元セレクトショップのスタッフです✨

 

 

 

 

サイズ感について(S・M・Lを比較)

今回もGUヘビーウェイトビッグパーカー同様にS・M・Lの3サイズを試着して着比べてみました。古着と違ってマイサイズをきちんと選べるのが新品の魅力ですからね。

先ずはSサイズから試着。178cm/67kgの筆者が着るとタイトなフィッティングになります。ザノーネやクルチアーニのサイズ46と同等のフィッティングだと感じました。

一昔前のクラシコ系ファッション全盛期の頃ならSサイズがジャストフィットなのですが、ビッグシルエットが主流の今着るとなると見た目がタイト過ぎてイケてません。と言うより痛々しいかも(涙)

 

 

 

 

続いてはMサイズを試着。よく見てみるとSサイズより身幅にゆとりが生まれており、一昔前のクラシコファッション全盛期だったら緩く感じていたでしょう。

ちなみにエクストラファインメリノMサイズのフィッティングですが、ジョンスメドレーのSやクルチアーニ・ザノーネの48相当だと感じました。

これは身長170cm台後半の標準体型の方であれば、程よいゆとりを持って心地よく着られるサイズだと思います。ただし袖丈は長めに設定されているので、余った生地が手首でダブつきますね…。

 

 

 

 

最後にLサイズを試着。う〜ん、私のようなアラフォーオヤジがゆったりフィットのニットを着るとパジャマっぽい見た目になってしまいます…。

またMサイズでも余っていた袖丈は更に長くなるなり、着丈も同様に長くなります。更に身幅も大きくなる為、ウエストのリブでニットを腰にキープさせられずお尻近くまで下がってきます。

ザックリしたローゲージニットであれば大きめのサイジングでもサマになりますが、ドレープ感の強いハイゲージニットの場合はある程度フィットしたサイズの方が清潔感が出るのでだらしなく見えません。

アラフォーオヤジが今のトレンドを踏まえて選ぶなら少しゆとりのあるフィッティングがベターだと考え、身長170cm台後半の筆者は今回Mサイズをチョイスしました。

 

 

 

 

 

 

19.5μは上から2番目の上質ランク

ここからはユニクロのエクストラファインメリノ生地について見ていきたいと思います。そもそもメリノウールは繊維の細さによって名称が変わってきます。私も今回調べて初めて知りました😅

最も太いストロングメリノから最も細いスーパーエクストラファインメリノまで5段階にランク分けされています。その中で上から2番目に細いランクのエクストラファインメリノをユニクロは使っています。

ちなみにエクストラファインメリノは18.5〜19.5μ(マイクロン)という細い繊維のランキングになります。人間の髪の毛が70〜80μなので、どれだけ細い毛なのかがよく分かります(カシミアは14〜16μ)。

 

 

 

 

またこのニットの凄いところは洗濯機で洗えるマシンウォッシャブルなところ。「ウールのニットは手洗いするのが当たり前」という常識をユニクロは企業努力で打ち破ってきました!

梳毛のハイゲージニットが持つ艶やかで上質なルックスはそのままに、汚れても普通に洗えるのは嬉しいポイント。しかも毛玉が出来づらいのは昔購入した同モデルで経験済みなので、デイリーウェアとして気軽に付き合えます。

こんなハイクオリティなハイゲージニットがたったの2,000円で買えるとは…。顧客層が全く違うとはいえ、海外の高級ニット専業ブランドも戦々恐々としていることでしょう。もちろん私の勝手な想像ですが(笑)

 

 

 

 

ジョンスメドレーのニットと比較


上:ジョンスメドレー30G
下:ユニクロ エクストラファインメリノ

それでは高級ニットブランドと違いについて、私が所有するジョンスメドレーの30G(ゲージ)と24Gのニットと比較してみたいと思います。

こちらジョンスメドレーもエクストラファインメリノのグレードなので、繊維の細さはユニクロと同様の19.5μ程度になります。

ただし繊維の細さは同等でも使っている羊毛の差なのか、表面の雰囲気に違いがあります。ジョンスメドレーはほとんど毛羽立ちがなく「本当にウールなの?」と疑いたくなるくらいスムースな仕上げなのに対し、ユニクロは新品状態でも細かい毛羽が全体的に立っています。

また毛羽立ちがホコリを掴んでしまい、色物のユニクロだと白いホコリが目立ってしまうのは残念なポイント。まぁ2,000円という価格を考えたら頑張っていると思います👍

 

 

 

 


上右:ジョンスメドレー24G
上左:ジョンスメドレー30G
下:ユニクロ エクストラファインメリノ

ユニクロのエクストラファインメリノはマイクロン数は公表しているもののゲージ数に関しては非公表の為、何ゲージの糸を撚って縫製されているのかは不明です。

しかし手持ちのジョンスメドレー24Gおよび30Gのニットと比べてみたところ、24Gほど生地に厚みはないものの30Gほど薄くもないというのが筆者の感想。

読者の方々もご存知の通り、ゲージの数字が大きくなるほど糸が細くなってより艶やかな生地になります。よって24Gはカジュアルな雰囲気なのでOFFスタイル向きで、30Gはドレッシーな雰囲気なのでONスタイルに向いてます。

ユニクロはその中間くらいのゲージ数になると思われるので、ON/OFFどちらでも使える守備範囲の広い雰囲気を携えています。ただしユニクロで色物を選んだ場合は、コロコロローラーでマメにホコリを取る必要があります💦

 

 

 

 

アメカジで使うなら重ね着が必須

と言うことでカットソー替わりに着ることを前提に購入したユニクロのクルーネックニットですが、買ってから気付いたことが。それは「襟元から白Tシャツがチラ見えしないとダサくなる」ということ。

試しに他の色のTシャツで試してみたところ、嫁さんより「ヒートテック系の下着がはみ出してるみたいでクソダサいよw」と馬鹿にされました…。とは言え嫁さんの指摘はいつも的確なので大変参考になります😅

この指摘により、アメカジっぽく着るにせよ上品な大人の休日スタイルで着るにせよ、クルーネックニットをカジュアルに着るなら襟元から白Tシャツがチラ見えすることが必須条件であることが判明しました(あくまで筆者の見解)。

 

 

 

 

私が所有する白TシャツのほとんどがチャンピオンT1011ですが、このTシャツはネックが大きめに作られています。なのでせっかく重ね着をしてもTシャツがチラ見えしてくれません…

仕方ないのでユニクロに行ってネックがコンパクトな作りになっている白Tシャツを物色したところ、ドライカラークルーネックTシャツなるアイテムを発見。

このTシャツはポリ混なので気が引けましたが、化繊100%のヒートテックを着るよりはマシだと思い購入しました。誰かネックが小さいアメリカブランドのTシャツをご存知の方がいたら教えてください🙏

 

 

 

 

実際にインナーの白Tシャツがチラ見えしている場合と全く見えない場合を比較してみました。白Tシャツが首元に少しだけ見えることでメリハリが出るのが良く分かります。

逆にインナーが全く見えないとノペ〜っとした平面的な印象を与えるだけでなく、ブラックの場合はモード系ファッション寄りに見えてしまう可能性があります。

もちろんモード系を否定している訳ではなく(笑)、私はあくまで休日のアメカジスタイルに使いたいので白Tシャツのチラ見えを推奨してみました。ちなみに襟付きシャツとの重ね着はする予定がないので悪しからず🙏

 

 

 

 

ハイゲージクルーネックのコーデ

「エクストラファインメリノをコーディネートする」なんて仰々しいモノではないんですが(笑)、私が組みたいと考えてる着こなしについてご紹介します。

この記事で何度か書いているように、あくまでコットン製長袖カットソーの替わりに着るだけですので、基本的にはアメカジアイテムに合わせて着ていこうと考えています。

なので綺麗めなアイテムのイメージを持つハイゲージニットですが、「そんなの関係ねぇ〜w」と言わんばかりにゴリゴリのアメカジアイテムであるオルテガのチマヨベストを合わせちゃいます🇺🇸

またブラックニットにグレー系のベストを合わせれば簡単にモノトーンコーディネートが完成しますし、柄に入っているブラックを拾うことでカラーリンクになって統一感が生まれます。

 

 

 

 

このインナーの組み合わせの上にブラックアイテムを乗せると重たくなってしまうので、私ならカーキやブラウンなどの中間色を合わせて全体のカラーバランスを取りたいところです。

また足元はブラックガラスレザーの艶感がお気に入りのUA別注パラブーツ「ビットデッキモカシン」を合わせてブラックカラーのニットとベストの黒い柄に繋げてみました。

更にビットのゴールドに合わせてトップスやバッグをブラウン系にすると纏まりが良いかな〜、と元セレクトショップスタッフ・カトーさんの金ボタンにイエローニットを合わせるアイデアを即パクリしました(笑)

ここでも襟元の白Tシャツのチラ見えが白ソックスと繋がってカジュアル感を演出しているように見えるので、やはり白Tチラ見せはハイゲージニットをアメカジで使う際の必須テクニックではないかと(個人的には)考えております。

 

 

 

 

 

 

続いてはテーラードジャケットに合わせたコーディネートをご紹介。エクストラファインメリノを購入しようと思ったキッカケが、この金ボタン紺ブレの中にグレーのハイゲージニットを着たいと思ったから。

やはりミドルゲージニットをジャケットの中に着るとボディだけでなくアームホールもパツパツになってしまいます。その点ハイゲージのエクストラファインメリノであればワイシャツと厚みが大して変わらないので、ゆとりを持って着られます。

またテーラードジャケットにタートルネックやモックネックを合わせる場合はニットしか見えないので、クルーネックをジャケットに合わせる場合は襟元から白Tシャツをチラ見せしない方がエレガントに見えるでしょう。

私のコーデではヴィンテージデニムとポケチ替わりにヴィンテージバンダナを使ったラギッドな古着MIXスタイルなので白Tチラ見せもアリかな〜、と自己弁護させてください(笑)😅

 

 

 

 

エクストラファインメリノのまとめ


右:UNIQLOエクストラファインメリノウールニット
左:UNIQLOプレミアムラムクルーネックニット

最後に約1年前に購入した同じユニクロのプレミアムラムニットとの違いについて。先ずは気になるウール特有のチクチク感ですが、相当違いがあることをお伝えしなくてはいけません。

プレミアムラムニットは数分も着ると素肌に直接触れる部分(特に腕)がチクチクし始めますが、エクストラファインメリノは一日中着続けても全く痒くならない!さすが19.5μの極細繊維は伊達じゃありません。

ただし防寒性や保温性はプレミアムラムニットの方が一枚も二枚も上手で、インナーとして着ると本当に暖かいです。逆にエクストラファインメリノの保温性に関してはコットンのカットソープラスαくらいに考えておいた方が良さそうです😅

 

 

 

 

ここまで5,000文字を超える長文にわたってユニクロのエクストラファインメリノについてお届けしてきましたが、これだけ書いても書き足りないくらい魅力的でお値打ちなアイテムだと個人的に感じています。

私はアメカジスタイルに合わせるので、スウェットシャツやロングTシャツ感覚で着たいと考えており、クルーネックTシャツの上に重ね着をして襟元からチラ見せさせてラフに着ようと思います。

1,990円特別価格の期間もあと2日残ってます(12月29日時点)ので、もし年末休暇でお時間があれば是非ユニクロの店頭でチェックしてみてください。思わず買っちゃうかもしれませんが責任は一切取りません(笑)

カテゴリー
トップス
スポンサーリンク
masagoniaをフォローする
クラシコブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました