スポンサーリンク

オヤジだから似合う!ラギッドなレザージャケット4選とアメカジコーデ2022年版

アウター

秋冬の風物詩と言えばレザージャケット

11月に入り秋もだいぶ深まって肌寒くなってきましたが、そうなると活躍するのがレザージャケットになるかと思います。もちろんGジャンやミリタリージャケットも単品で着られる貴重な季節になりますが、なんと言っても秋冬らしい季節感が最も出るアウターがレザージャケットだと感じています。

正直Gジャンやミリタリージャケットに関しては、合わせるパンツやバッグなどの色目を明るくすれば春に着ても違和感がありません。その点レザージャケットは基本的にブラックやブラウンなど重ためな色目になりますので、春に着てしまうと違和感がバリバリに出てしまいます。。

逆にレザージャケットはその重たい見た目と色目のおかげで、羽織れば簡単に秋冬っぽさが演出されます。またバルスタリーノのようなイタリアブランドのレザージャケットは皮革を薄く鞣してあるので、着心地は軽くて動きやすいのですが残念ながらアメカジオヤジが満足できるようなラギッド感はありません😅

 

 

 

 

 

出典:PARADISE MARKET

またレザージャケットと言われて筆者が思い出すのはダブルのライダースになりますが、ジャケット単体で見るとカッコいいものの着こなすとなると話は別になります。やはり色々と装着されてパーツとダブルの見た目がコーデの難易度を上げてしまい、基本的にジッパーを閉じて着るしかないかと。

そこで今回は筆者自身も今年の秋冬に導入したいと考えているオヤジだから似合うアメカジのレザージャケットについて考察していきます。当初はイタリアブランドのレザージャケットも候補に考えていましたが、当ブログを読んでくださっているアメカジ濃度の高い読者さんの関心が低いと考え除外します🇺🇸

またレザージャケットは高額で簡単に手を出せるアイテムではないので、新品だけではなく比較的お手頃に購入できる古着も含めてご紹介していきます。特に貧乏リーマンの筆者と同様に、鬼嫁の尻に敷かれて小遣い制を強いられている読者さんの参考になれば幸いです笑。

 

 

 

 

 

リーバイスの3rdタイプスエードジャケット

まず最初にご紹介するレザージャケットは筆者も愛用している70sリーバイスの3rdタイプスエードジャケットになります。このジャケットはヴィンテージデニムが異常なくらい高騰している2022年現在において、なぜか20年前の相場を維持する不当な評価を受けているアイテムでもあります😭

いや、何なら第一次古着ブームの頃はリーバイスのスエードジャケットはレアアイテムとして人気があったので、相場は7〜10万円と今より高値で取引きされていたと記憶しています。ちなみにこのスエードジャケットの2022年現在の相場は4〜7万円と70505bigEと変わらない価格帯で購入可能です。

確かに明るめのブラウンスエードは見た目に多少クセがあるのでコーデが難しそうに見えますが、実はデニムパンツとの相性がバツグンに良いアイテムでもあります。なのでいつも着ているGジャンやミリタリージャケットの替わりにサッと羽織るだけで、秋冬コーデが簡単に作れます!

 

 

 

 

 

気になるリーバイス スエードジャケットのサイズ感ですが、ベースが70505ではなく557なので着丈が想像以上に短めなので注意が必要です。そして身幅も557ベースだからかタイトめの設定になっているので、デニムジャケットと同様に大きめのサイズを選んだ方が無難かと考えます。

ちなみに178cm/67kg(5kgのダイエットに成功!)の筆者がサイズ38を着ると、残念ながらフロントボタンを閉じるのがギリギリなほどタイトでした。。なので当ブログのフリマ企画で読者さんにお譲りした後に高円寺のサファリで再購入したのがサイズ42相当の個体になります(画像上2枚)。

大き目のサイズを選ぶメリットは着丈が少し長くなるのと前を閉じて着られるだけでなく、インナーを着込んでもパツパツにならないので初冬まで着ることができます!個人的にはヴィンテージデニム人気の影響で高騰した70505bigEを買うなら、レアでオシャレなスエードジャケットをオススメしたいです🤗

 

 

 

 

 

アメリカブランドのシングルライダース

続いてご紹介するのはアメリカブランドのシングルライダースジャケットになりますが、今回は近所のセカンドストリートでたまたま見つけたバンソンのシングルライダースになります。正直ショットでもヴィンテージの無名ブランドでも構いませんが、やはりアメリカブランドの中から選びたいです🇺🇸

シングルライダースも新品ですと10万円は軽く超えてしまいますが、古着ともなれば3〜5万円で購入できます。また今回見つけたバンソンも3万円台前半でしたので、皮革製品であることを考えるとメチャクチャお買い得だと感じます。これだけ安い理由としては、やはり誰も注目していないからでしょうか…笑。

とは言えシングルライダースは冒頭に出てきたダブルのライダースに比べて見た目がシンプルなので、コーデに取り入れやすく気軽に着られます。しかもイタリアブランドのエンメティが作る柔らかい革のシングルライダースがした流行おかけで、街中でライダースを着ても違和感はないかと考えます。

 

 

 

 

 

 出典:emmeti official instagram

気になるシングルライダースのコーデですが、やはりエンメティで定番となったシンプルなニットやウールスラックスのようなドレス系アイテムとの組み合わせが間違いないかと思います。またブラックのシングルライダースの場合、グレーのスラックスを合わせてモノトーンコーデにすると都会的に見えます。

さらにシングルライダースを洒落て着こなすにはサイズ感が重要になってくるので、今流行の大きめサイズを選ぶのだけは止めておいた方が良いでしょう。やはりライダースジャケットはボディラインが分かる程度に身体にフィットしていた方が洒落て見えると同時に、色気が出るのでオススメです!

参考までに178cm/67kgの筆者がバンソンのサイズ36を試着しておりますが、前を開けて着るにはジャストですがジッパーを閉じるとピタピタになります。革質はエンメティとは違い肉厚で硬くラギッドな雰囲気ですが、綺麗めアイテムと合わせれば大人っぽいコーデにできるので本気で購入を検討しています🤔

 

 

 

 

 

 

 

最近注目されているB-3フライトジャケット

出典:Cinq essential楽天市場店

続いて3つ目にご紹介するのは、2年前くらいからイタリアブランドも作るようになるほど注目されているアメリカ軍B-3フライトジャケットになります。このジャケットは内側だけでなく襟と袖口にオフホワイトカラーのボアが装着されており、ブラウンのボディカラーとの対比が非常にラグジュアリーに見えます。

またB-3はアメリカ空軍のフライトジャケットとミリタリーウエアが出自なので、非常にラギッド感が強いアイテムになります。しかし世界的にドレスクロージングが縮小しカジュアル化が進む中、このラギッドかつラグジュアリー感のあるB-3にイタリア人たちが目を付けて注目されてきたと考察します。

しかしイタリアブランドであるチンクアンタが作るB-3は最高級のムートン素材とホースハイドレザーが使われている為、お値段も25万円オーバーと簡単に手が出る価格帯ではありません。。そこで貧乏リーマンの筆者はなるべく安くB-3をゲットしたいので、サイズ感も確認できるセカンドストリートを物色してみました👀

 

 

 

 

 

早速近所のセカンドストリートに行って店内を物色してみると、アメリカのレザージャケットブランドであるAVIREX(アヴィレックス)のB-3が置いてあるじゃないですか!日本でも有名なアヴィレックス社は1975年にアメリカ空軍のコントラクター(納入メーカー)として誕生した比較的若いブランドです。

私が高校生の頃(1990年代前半)に空前のMA-1ブームが起こりましたが、その時にアルファ社と人気を二分するミリタリージャケットブランドとして認知されました。その頃にも当然B-3は販売されていましたが、高校生には高嶺の花で全く手が出ません。とは言え40代後半に突入した現在でも新品は買えませんが笑😂

このセカストの個体はコンディションも悪くないのにたったの3.3万円と、いかに若い世代から需要がないかが良く分かる価格設定です。実際に試着してみましたが、サイズ40は筆者には大きめだったので断念…しかし雰囲気はチンクアンタと大して変わらないと感じたので、古着でB-3を買うのはアリだと感じました!

 

 

 

 

 

レプリカのA-2フライトジャケットが気になる

出典:Curious

最後にご紹介するのは、個人的にとても気になっているアメリカ空軍A-2フライトジャケットのレプリカになります。先ほどご紹介したB-3もヴィンテージ品はそもそもタマ数が少ない上に、皮革の表面がボロボロに剥がれた個体が非常に多く、綺麗めにコーデするのは難しかったりします💦

その点レプリカのA-2であれば皮革のコンディションも当然綺麗な上に袖口や裾のリブが伸びる心配もないので、気兼ねないどころかガシガシ着倒してやりたくなります!またA-2のレプリカ品として有名な国内ブランドとしては、リアルマッコイズとバズリクソンズが二大巨頭になるかと思います。

特にリアルマッコイズのA-2に関しては第一次古着ブームが起こった1990年代当時でも16万円もする高額ジャケットだったので、我々アメカジオヤジ世代にとっては憧れの存在でした。ただし2022年現在にA-2を買うのであれば、正直コスパを優先したブランド選びをすることになりそうです😂

 

 

 

 

 

レプリカの新品A-2フライトジャケットが2022年現在いくらで買えるのか気になって調べてみましたが、トイズマッコイ(リアルマッコイズの後継ブランド)で25万円、バズリクソンズで15〜18万円と、お小遣い制貧乏リーマンには簡単に手が出せない価格帯であることが判明しました。。

そこで我々庶民の味方であるヤフオクで調べてみたところ、古着であればリアルマッコイズもバズリクソンズも8万円あればサイズとコンディションが選べるくらい数多く出品されていました。このA-2もB-3同様に現在需要がほとんどないので、どの個体も入札はほとんどありませんでした😭

もし筆者がA-2を購入するなら、肩にこエアフォースマークや背中にペイントが入らない超シンプルな個体をドレス系アイテムと合わせてコーデしてみたいです。やはりラギッド感の強いA-2にデニムパンツやミリタリーパンツを合わせてしまうと、コテコテのアメカジオヤジになってしまいますから注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

オヤジが似合うレザージャケット4選まとめ

と言うことで今回はオヤジこそ似合うレザージャケット4選について書いてきましたが、やはり苦節を乗り越えて年輪を重ねた我々オヤジ世代だからレザージャケットを着ると渋みが増すと感じました。ご紹介した4選の中でリーバイスのスエードジャケットだけヴィンテージ古着ですが、まだ安い今が買いだと思います!

またB-3とA-2に関してはヴィンテージである必要はなく、レプリカでも良いのでコンディションとサイズ感重視で選びたいところです。更にこれらのレザージャケットは現在需要がないので急いで買う必要もないので、個人的にはヤフオクかセカンドストリートでお手頃な個体が出てくるまで待つ予定です。

今回の4選の中で最も本気で探しているのがアメリカブランドのシングルライダースジャケットになりますが、BUCOなどのヴィンテージ古着やバンソンなどの現行品を含めて良い個体が見つかり次第購入する予定です。やっぱりオヤジになったらレザージャケットをカッコよく着たいですね。以上です!

 

コメント

  1. カネコノブオ より:

    こんばんは!

    シングルライダースめちゃくちゃ似合いますね!

    同じ世代ですが、B3は中3の時に着ていました笑

    ところで5キロのダイエット羨ましいです笑

    ダイエットブログお願いします!笑

    • masagonia masagonia より:

      カネコノブオさん、こんにちは。
      中3でB-3着るなんて、めちゃくちゃセレブですね!
      ダイエットは炭水化物抜きを1ヶ月半やって5kg減りました(^^)
      お酒も酎ハイとハイボールを毎日飲んでますが、痩せられるもんですね〜。

タイトルとURLをコピーしました