スポンサーリンク

着丈が長くて着こなしやすいデニムジャケット、リーバイス71205とLeeウエスターナーロング

トップス

着丈はデニムジャケットにとって重要な要素

以前リーバイス557ことサードを購入きた時に70505BigEと着丈の差を比較しましたが、改めてデニムジャケットの着丈の長さが着こなしに与える影響について考察していきます。

そもそも着丈の短いデニムジャケットはインナーが大幅にはみ出るしパンツのと繋がりも悪いので、カッコよくコーデを組むのは難易度が非常に高いアイテムだったりします。。

そんなコーデのしやすさからか、ここ最近は着丈の長いリーバイス71205bigEの人気が高まり価格が高騰しているという情報が入ってくるほど、ロング丈のヴィンテージデニムジャケットがもてはやされています。

 

 

 

 

 

実際に着用したイメージを比較してみます。画像上が私のリーバイス557で、画像下がヴィンテージコレクターkousei氏の70505bigEになります。こうして見比べてみると、70505の方が明らかに長くベルトまですっぽり隠れているのが分かります。

557の場合はベルトに掛かるかどうかの着丈しかないので、インナーの丈も慎重に選ぶ必要があります。そうしないと、ジャケットからインナーが大量にはみ出してダサくなってしまいますからね。。

またアラフォーオヤジの場合、若者の90sリバイバルファッションと違ってダボダボに着ることは御法度です。やはり大人のアメカジはジャストサイズのアイテムを清潔感を持って着こなすのが基本ではないかと個人的に考えています。

 

 

 

 

 

kousei氏が購入したリーバイス71205bigE

そんな中、古着仲間のkousei氏よりリーバイス71205Big Eを捕獲したと情報が入り、画像を提供してもらいました。折角なので読者の皆さんにも71205のディテールをご紹介します。

元々着丈が長めで使いやすい70505ですが、身幅はそのままに着丈と袖丈だけを伸ばしたのが71205になります。これは私の所有する557に対する558と同じ関係になります。

71205の画像をよく見るとコンディションが良いのは言うまでもなく、紙パッチが大きい通称「デカパッチ」と呼ばれる初期モデルのディテールを有しています。流石はヴィンテージコレクターの異名を持つだけはあります!

 

 

 

 

 

ロング丈デニムジャケットの着用イメージ

   https://stellavintage.shopinfo.jp

   https://ameblo.jp/times-are-changin3/

   http://aeugo.blog59.fc2.com

今回はinstagramより素敵に着こなされている古着屋スタッフの商品紹介画像をお借りしました。画像の通り着丈がしっかり長いのでインナーのシャツをタックアウトして着てもバランスが良いのが分かります。

また若干肩を落としたやや大きめなサイズを選んでも、71205は70505同様ボディがタイト目に作られているので、見た目もスマートに見えるのが我々オヤジ世代には嬉しいポイント。しかし着丈と一緒に袖丈も長くなっているので、袖は折り返して着ないと長すぎます。。

ちなみに気になる相場はコンディションにもよりますが2022年現在BigEモデルで50,000円前後まで高騰しております。やはり70505に比べるとタマ数が少ないので高い傾向ですし、これは558の高騰と同じ現象になりますので、狙っている方は購入されることをオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

名品Lee100-JことウエスターナーのLONG

続いてはLeeの名品、100Jことウエスターナーのlongバージョン。こちらは約2年前に豊橋の老舗古着屋ダウンタウンで購入した一品になります。こちらの古着屋はさり気なくヴィンテージアイテムを入荷してきてくれるオススメのお店です!

この個体はMR無しの襟タグ・®️ピスネーム(黒タグ)のディテールから1962年〜63年に作られたモデルと推定。しかし1959年に発売されてから見た目の変化がほとんど無い為、初期モデルであってもリーバイスの同年代のモノに比べれば格安で購入できます。

ちなみにこの個体は襟にパンクがあったので2万円で購入できましたが、同年代のリーバイスだと501XXギャラ入りモデルや507XXと同じ時期になるので、Leeに比べ価格は一桁増えます。やはりリーバイスのヴィンテージデニム人気は凄いな〜、と改めて感じますね。

 

 

 

 

 

 

   https://instagram.com/ezabinal?igshid=18vvmbk5a6901

このウエスターナーですが、レギュラー丈はリーバイス557と同じくらい着丈が短いので有名。instagramでジャストサイズを着ている方の写真をお借りしましたが、この短さだと着こなすのに難易度が高いのがよく分かります(画像上)。

リーバイスが着丈の長い558を発売したのと同じようにLeeもLongバージョンを発売したと言うことは、おそらく1960年代当時の若者(=アイビーリーガー)達からの強いニーズに応えたのでないかと予想できます。

確かに我々アジア人が着ても短いと感じるウエスターナーのレギュラー丈ですから、骨格の大きいアメリカ人が着たら更に短く感じるでしょう😅

 

 

 

 

 

春に着たいウエスターナーロングのコーデ

こちらがウエスターナーlongバージョンを着用した画像になります。インナーにオルテガのチマヨベストを着てもはみ出ない余裕のある着丈なので、中に着るTシャツもあまり着丈を意識せずに選べます!

また画像をご覧の通り袖丈は長く設定されており、袖を折り返して着ないと借り物みたいになってしまいます笑。

まぁウエスターナーは春がよく似合う生成カラーなので、Longバージョンは袖まくりしても違和感ない季節に着るのをオススメします。

 

 

 

 

 

レギュラー着丈とLongバージョンのウエスターナーを直接比較してみましたが、インナーに着たカットソーのはみ出し具合を見ればその差は一目瞭然ですね。

もちろん着る人の身長や着こなしによって似合う似合わないが出てきますが、個人的にはウエスターナーを着るなら170cm台後半以降の方にはLongバージョンを積極的にオススメします。もしくは着丈を長くリサイズした現行モデルでもアリかと思います。

しかし同じように着丈が短いリーバイス507セカンドや557サードの場合、身長178cmの筆者がジャストサイズで着ても何故かカッコよく見えるから不思議です。これはデザインによる差だと言えそうで、リーバイスの方が人気なのも納得できます。

 

 

 

 

 

着丈の長いデニムジャケットのまとめ

と言うことでデニムジャケットの着丈の重要性についてお届けしてきました。短い着丈が悪い訳ではなく着こなしの難易度が上がるだけで、上手く着こなせば長い着丈のデニムジャケットよりカッコよく見えるので、チャレンジする価値はあると思います。

私があえて短い着丈のリーバイス557に果敢にチャレンジしたかと言うと、トラッカージャケットのデザインなら視覚的に縦長に見えるので、短い着丈でも着こなせるかな?と思ったからです。

画像上のように、長い着丈のデニムジャケットは着こなしが容易ですが、短い着丈のジャケットの方が明らかに脚が長く見えます。ただしLee100-Jのデザインだとかなり短く見えてしまうので、チャレンジするならリーバイス507や557をオススメします。以上です!

 

 

カテゴリー
トップス
スポンサーリンク
masagoniaをフォローする
クラシコブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました