スポンサーリンク

ユニクロのセルビッジレギュラーフィットストレートジーンズとリーバイス501を徹底比較

パンツ

4,000円で買える赤耳付きデニムパンツ

普段愛用している下着を買いに近所のユニクロへ行った際、暇だったので店内をぶらぶら見回しました。すると軽くロールアップされたリジッド(未洗いの生デニムのこと)のデニムパンツが目に飛び込んできました。

「へぇ〜、ユニクロにもこんなラギッドなデニムパンツがあるんだ」と思って手に取ってみたら、なんと赤耳が付いてます。そう、このデニムはユニクロUのデニムと同じカイハラ社製のシャトル織機で織られたセルビッジデニムを使用しているのです。

でもどうせ万人ウケを狙って、穿きやすくて動きやすいポリウレタン混合のストレッチデニムなんでしょ?と思って紙タグを読んでみると、なんとコットン100%と漢気満載の本格派デニム生地じゃないすか!

 

 

 

 

 

前から見た腰回りは、コインポケットやリベットのデザイン・位置までまさにリーバイスそのもの笑。ここまで類似していても特許侵害に当たらないってことは、リーバイスのデザイン=デニムパンツのスタンダードデザインってことなんですかね?

またヒップ周りは紙パッチや赤タブ、ポケットに飾りステッチが一切入っていないシンプルなデザインになっています。これはこれでAPCのデニムパンツを思い出しますが、ノームコアなデザインなのでどんなアイテムとも合わせやすそうです。

この本格的なコットン100%の赤耳付きデニムを使ったユニクロのセルビッジレギュラーフィットストレートジーンズはたったの3,980円で買えるとは!ユニクロの企業努力に感銘を受けるとともに、気が付いたらレジでお会計をしてました笑。

 

 

 

 

 

bigE初期モデルを彷彿とさせるディテール

それではユニクロのセルビッジレギュラーフィットストレートジーンズのディテールを見ていきます。まずはボタンやリベットをチェックすると、しっかりと「UNIQLO」の刻印が入っております。無刻印だとチープな印象を与えますからね😅

そして肝心のセルビッジは本家リーバイスを踏襲(真似?)し、赤いステッチが入っています。このステッチの色はレプリカブランドによって変わっており、例えばウエアハウスだとオレンジでフルカウントだとピンクだったりします。

ここで私が最も感動したのが裾の処理。なんとヴィンテージリーバイスと同様にチェーンステッチで裾上げしてあります!やはりデニムパンツをロールアップして穿く時に、チェーンステッチは静かに主張してくれる大事なディテールですからね!

 

 

 

 

 

更に細かくチェックしていくと「良くヴィンテージのリーバイスを研究してるな〜」と思わせるようなディテールを発見しました。それはウエストバンド上部がシングルステッチ縫われる通称ウエストシングルと呼ばれるbigE初期モデルまでにしか見られないディテール

しかしヴィンテージリーバイスでは端っこをV字に折り返す通称Vステッチ(そのまんま笑)になっていますが、ユニクロデニムでは見られません。それではたまたまウエストシングルだったのかな?と思いましたが、次のディテールで狙っていることを確信…。

それは、これまたbigE初期モデルまでにしか見られないコインポケットにも赤耳が付くディテールが奢られているから!このセルビッジレギュラーフィットストレートジーンズのデザイナーはおそらくリーバイスのbigE初期モデルのディテールを意識して作ったと考察します。

 

 

 

 

 

 

 

リーバイス501より1サイズ大きいフィット感

ここでは肝心のフィット感やシルエットについて見ていきます。ユニクロのセルビッジレギュラーフィットストレートジーンズはリーバイス同様に1インチ刻みでサイズ展開していますが、残念ながらレングスは選べません。

その代わりレングスがアメリカ人仕様でめちゃくちゃ長い個体が多いリーバイスとは違い、ユニクロは日本人に合わせた短めのレングスで設定しています。なので標準体型の方であれば、裾上げをする必要はほぼありません。

画像下は筆者が所有するリーバイス501レギュラーと呼ばれる2003年までのモデルですが、シルエットは現行501と大して変わらぬスタンダードなテーパードストレートになります。このパンツはウエスト31インチでジャストフィットですが、ユニクロのウエスト31インチだと…

 

 

 

 

 

 


画像上:ウエスト31インチ
画像下:ウエスト30インチ

腰回りや太もも周りがもっさりと太くなってしまいます。。もしかしたら未洗いのリジッド状態なので洗ったら縮みが出る可能性はありますが、それでも縮む方向は横ではなく縦なのでシルエットに与える影響は少ないかなと。

いくらゆったりシルエットが主流になっているとは言え、個人的にデニムパンツはリーバイス501のように脚にほど良くフィットした綺麗なシルエットを求めています。そこで1サイズ下のサイズ30インチを試着してみると、これが大正解!

腰回りのフィット感はかなりリーバイス501に近くなり、シルエットもスッキリしたストレートのラインを描いています。そう、このセルビッジレギュラーフィットストレートジーンズは1サイズ下を選べばリーバイス501のフィット感に近づけることができるのです。

 

 

 

 

 

ユニクロとリーバイスのデニムを直接比較

それではユニクロデニムセルビッジレギュラーフィットストレートジーンズがどこまでリーバイスと似ているのか、実際に筆者が所有するUSA製リーバイス501レギュラーモデルと比較していきます。

先述した通り、前から見た腰回りは瓜二つと呼べるほど似ています。ただし股上は29.5cmと深い501に比べユニクロは股上27cmと浅めの設定になっています。実際に穿いてみた感想ですが、そこまで浅く感じない普通の股上の深さだと感じました。

更にフロントフライはボタン仕様の501に対しユニクロはYKK製のジッパー仕様になっています。やはりジッパーフライの方がオシッコが漏れそうな時に助かりますからね(ナニを挟んだらめちゃくちゃ痛いけど笑)。

 

 

 

 

 

続いてヒップ周りですが、501レギュラーはリーバイスが特許取得している赤タブとアーキュエイトステッチが燦然と輝いています。逆にユニクロのジーンズは一切の飾りがないので、スッキリとした印象で洒落て見えます。

またセルビッジレギュラーフィットストレートジーンズは、生地やディテールがしっかりしているので全く安っぽく見えません。なので自分から「これユニクロだよ!」って言わない限り全くユニクロ製品に見えないのもこのデニムパンツの魅力になります。

最後にシルエットを比べてみますが、ユニクロジーンズはワタリが太めの設定なので、リーバイス501に比べるとよりテーパードが効いているように見えます。ちなみに178cmの筆者がウエスト30インチを穿いてますが、レングスもジャストでした。

 

 

 

 

 

アメカジオヤジのリジッドデニムコーデ

アメカジオヤジの筆者がリジッドデニムを穿くなら、おそらく秋冬コーデに合わせると思います。そもそも濃紺カラーのデニムは普通に穿いても全くお洒落に見えない難易度の高いパンツだと感じています。

更に濃色系の色味が季節感を全く感じさせないので、春夏に穿いても暑苦しく見えるだけで全然イケてません。。逆に画像上のようにスエードジャケットのような秋冬を感じさせるアイテムとリジッドデニムとの相性はバツグンなので、積極的に合わせてました。

しかも秋冬はあまり汗をかかないので、リジッドデニムを育てるのに適しています。これが春夏に育てるとしたら汗でジメッとなるだけでなく汗臭さとの戦いになるので、何ヶ月も洗わないでいることは衛生面からも厳しいでしょう。。

 

 

 

 

 

そんな季節感の全くないリジッドデニムを筆者が春夏に穿くなら、軽さを出すよう他のアイテムを淡色でまとめて濃色デニムの重さを消すよう心掛けると思います。画像のコーデで試してみましたが、改めて見るとやっぱり重たいですね…😭

これが清涼感のあるスカイブルーまで色落ちしたデニムパンツの場合、同じミリタリーアウターを合わせたとしても春夏っぽく見えるから不思議です。しかもフェードしたデニム特有の熟れた雰囲気は穿くだけで洒落て見えるので、ついつい手に取ってしまいます。

なんかリジッドデニムをディスる感じになってしまいましたが笑、やはり穿くなら秋冬の方がシックリくるし合わせやすいのでオススメです。逆に色落ちしたデニムパンツは秋冬に穿くと寒々しく見えるので、季節に合った色味のデニムを選ぶことが大切です。

 

 

 

 

 

ユニクロのセルビッジジーンズまとめ

と言うことで今回はユニクロのセルビッジレギュラーフィットストレートジーンズとリーバイス501を徹底比較する内容をお届けしましたが、改めてユニクロの製品クオリティの高さと価格に対する企業努力を感じ取れるプロダクトだと感じました!

またカイハラ社の赤耳付きデニム生地を使っているだけでなく、リーバイス501bigE初期モデルのディテールを取り入れたりと、我々ヴィンテージデニム愛好家の心をくすぐる工夫がなされているのも嬉しいポイントだったりします。

もしリジッドデニムをまだ所有されてない方でお手軽価格でチャレンジしたい場合には、本格的なディテールとシンプルなルックスでコーデしやすいユニクロのセルビッジレギュラーフィットストレートジーンズを積極的にオススメします!

追伸:それにしてもユニクロ商品は名前が長すぎて尺を使い過ぎるのよ〜笑😂

 

カテゴリー
パンツ
スポンサーリンク
masagoniaをフォローする
クラシコブログ

コメント

  1. Koji より:

    これかなり良いですよね。オンスは13もしくは13.5らしいのですが、その生地の軽快感が欧州系のジーンズに通じるものがあってヘビロテしてます。オフホワイトもありますが、先染めブラックも出て欲しいと思ってる次第です。

    • masagonia masagonia より:

      kojiさん、こんにちは。
      リーバイスの14オンスデニムやレプリカブランドの生地に比べると穿きやすいですよね!
      先染めブラック展開してくれたら、私もオカワリ購入したいです(^^)

    • くま より:

      初めてコメントします。マサゴニアさんのGジャンをインナーに使うコーデが好きでよく参考にさせてもらっています。
      ユニクロのユーティリティワークパンツと本物のファティーグパンツの比較もよかったら是非!

      • masagonia masagonia より:

        くまさん、はじめまして。コメントいただきありがとうございます!
        ユニクロにファティーグパンツがあるんですね、知らなかったです笑。
        機会があったら記事にさせていただきますね(^^)

  2. テツ より:

    ビンテージ好きな人は、間違いなく買わないと思います。
    ぱっと見、股上が浅過ぎで昔のワークパンツとは程遠いですし、値段が安くても育てがいの有る生地じゃないと、見向きもしないでしょう。
    ビンテージやビンテージレプリカに拘りの無い人に、ちょうどのデニムでは?

    • masagonia masagonia より:

      テツさん、コメントありがとうございます。
      テツさんの仰る通りかと存じます。

タイトルとURLをコピーしました