メンテナンス

フェリージのナイロン・レザーバッグを徹底的に洗う

2018年末のオフ会に参加された新メンバーの方に、「フェリージのバッグを洗う記事に影響を受けて私も洗ってみました!」と嬉しいお言葉をいただきました☺️ 今自分のアメブロを読み返してみると、もう5年以上前に書いた記事だったんですね〜(と言うこ...
パンツ

キムタクが「グランメゾン東京」で穿いたリーバイス501XXを購入した男

アラフィフ世代のカリスマ、木村拓哉! 我々アラフォー世代にとって、ファッションのカリスマと言えばキムタクこと木村拓哉様で間違いないでしょう!実は筆者も学生時代はキムタクに憧れてロン毛にしてましたから笑。 特に私がしびれたのが、ドラマ「若者の...
パンツ

気になるドメブラデニム、大人がスマートに穿きたいリゾルトの定番モデル「710」

ファッションとして大切なのはシルエット この記事を書いた2019年12月当時、新たなリジッドデニムを新調できていませんでした。そこで引き続きフルカウント1101を穿き続けましたが、最近ではヒゲ落ちや太もも周辺の色落ちも進み、だいぶ着込んだ雰...
メンテナンス

ラベンハムのキルティングジャケットをホームクリーニング

今回の記事は、なななんと15年前(2008年11月)に書いたモノになります! 当時ラベンハムのキルティングジャケットが人気を博していた時代だったのもあって、私のブログへのアクセスで「ラベンハム 洗濯」が検索ワードトップでした笑。 当時のデジ...
トップス

まだまだ狙い目な色落ち系2ndことリーバイス507XX(2023年の相場を再調査)

逆に使いやすい!色落ち系デニムジャケット ※この記事は2019年12月に投稿した内容を2023年12月に書き直しております。 6年以上にわたりデニムジャケットを買い続けていたら、気が付いた時には7着も所有していました。その7着の中で3着は色...
パンツ

70sヴィンテージリーバイス501の66前期と505シングルのディテールやシルエットを徹底比較

裏原宿世代に愛されたリーバイス505 我々40代半ばのオヤジ達は、1990年代中頃〜後半が青春時代でした。そんな我々オヤジ世代がリーバイス505と聞いてすぐに思い出すのが藤原ヒロシ氏が火付け役となってブレイクした裏原宿系ファッションになるか...
アウター

愛し続けるアウター、M65 フィールドジャケット

今回の内容は以前書いていたライブドアブログの記事の再編集モノになります。 ちなみにライブドアで書いた記事は全部こちらに引っ越ししないので、読みたい方は以下のリンクからどうぞ。 エイジングが楽しめる数少ないアウター 普段仕事の日は営業車で移動...
アウター

バブアーのビデイルSLとクラシックビデイルのサイズ感やディテールを直接比較

この記事は2011年1月に書いたもので、実は当時非常に人気のある記事でした。その頃はちょうど初めてSLが発売された頃だったので、サイズ感とか通常モデルとの差が知りたい方の参考になったのかもしれません。 最近読者の方から「昔の記事が読みたい」...
パンツ

リーバイス 501のシルエット比較(Big E後期 vs 66前期)

美しいヒゲ落ちのヴィンテージlevis501 先日、愛知県一宮市の古着屋SUNNY HEARTで一目惚れして購入したリーバイス501の66前期モデル👖 その芸術的(言い過ぎかw)なヒゲ落ちの美しさと色残り、ダメージの少なさと良心的な価格のバ...
その他アイテム

普通のサラリーマンにゲレンデヴァーゲンG350dは買えるのか?

本当に所有したい車達 2020年12月に購入後5年目の車検を通して、そろそろ丸7年も乗っている私のBMW320dツーリング。ガソリンよりも低価格な軽油を使うディーゼルエンジンで、街中走行オンリーでも1L当たり13km以上走ってくれる非常に経...
スポンサーリンク